みなさんは、どこからが浮気の定義ですか? いい大人なのだし、彼氏じゃない男性とも食事や遊びに行くこともあるかと思います。でも、彼氏に嫉妬されて嫌われるのはイヤですよね。
彼氏ともラブラブでいたいし、男友達とも遊びたい。そんなあなたのために、両方ともの関係性を良好にキープする方法をご紹介します。

 

男友達と食事をすると嫉妬心に火がつく?

 

先日、アメリカのコーネル大学が行った研究で、男性の被験者に対して現在恋愛関係にある彼女が男友達(元彼氏も含む)と遊んだり、食事を供にすることについてどう思うか尋ねました。すると、食事なしで遊んだ場合よりも、彼女が男友達とふたりで食事をした場合のほうが嫉妬心が大きくなることが判明しました。

その理由として、ハーバード大学医学部臨床心理学講師のクレッグ・マルキン博士は「ひとは誰かと食事を供にすることを非常に親密なこととして認識するからです。『ただの友達とのランチよ』という言葉は、彼氏にとっては後ろめたくて言い訳しているように聞こえるんです」と述べました。

しかし、彼氏のために無理して男友達との関係を断つことはありません。臨床心理士の専門家であるリサ・ファイアストーン博士は「女性が友情や自分自身の予定よりも彼氏を優先させることは、彼氏への愛が薄れてしまうだけです」と言います。「私たちは活力を失い、彼氏とはただの苦しい関係になってしまう」からなんだそうです。

 

どっちもあきらめない!

 

それでは、彼氏とも男友達ともいい関係を続けるにはどうすれば良いのでしょうか? マルキン博士のアドバイスをご紹介します。

●その1:秘密はナシ

男友達と予定がある場合は、パートナーに先に言っておくこと。マルキン博士は「彼氏を不安にさせるだけでなく、秘密のドキドキ感により男友達と一線を越えてしまう確率が高くなってしまいます」と説明します。秘密にしないことで彼氏も「やましいことはないんだな」と安心してくれるはず。

●その2:彼氏も一緒に遊ぶ

何も隠すことはないという証明になる唯一の方法はお互いの友達と一緒に遊ぶこと。より健全な関係を築くことができます。ファイアストーン博士は、「お互いの友達を紹介し合うことで、友達の輪を広げることができます」と語ります。

●その3:お酒は飲まない

楽しい気分のときにお酒を飲むと、ただのランチのはずがより親近感を増したデートになってしまいます。マルキン博士は「お酒が抑制を緩めるため、フラッと浮気しやすくなってしまうのです」と説明。

●その4:彼氏の相談はしない

同じ男だから彼氏の言動が理解できると思って、恋愛相談することもありますよね。ですが、これはNG。マルキン博士によると「恋愛の相談をすることは、男友達に恋愛感情を抱かせてしまいかねません。デリケートな問題や感情を共有することで、擬似的な恋愛感情を与えてしまうんです」とのこと。

 

彼氏も男友達も手放さない!

 

男友達のことで彼氏とケンカになってしまったひとは、「このアドバイスを守っていなかった!」と当てはまるものがあったのではないでしょうか?

彼氏との時間もラブラブで楽しいけど、男友達との楽しい時間はまた別モノ。どっちも失いたくないあなたは、ぜひこのアドバイスを参考にしてみてくださいね。

◆女性からの嫉妬も上手に対処しましょう!
女の敵は女!恋愛や仕事上で女性からの嫉妬を上手にかわす方法(参考)
【Jealous Boyfriend? How to Keep Your Guy Friends | Women's Health Online Dating Blog: Dating Tips, Love Advice, and Funny Date Stories】
http://blog.womenshealthmag.com/onlinedater/boyfriends-and-boy-friends-how-to-keep-both/ 

【Sharing a Meal with an Ex- Girlfriend or Boyfriend Causes More Jealousy than Other Forms of Communication】
http://foodpsychology.cornell.edu/outreach/lunch.html

Written by かーねこばーん
Photo by David Photo Studio

関連キーワード
彼氏】の最新記事
  • 冷たい言葉、素振り……彼は、どういうつもり?
  • 好き…でも「ウッ!」一瞬引いちゃう彼の○○への対応方法4選
  • 男性が絶対ムラムラする!「女性のエロかわ仕草」3選
  • 彼は別れたことを後悔している?
  • 彼が理想とする「交際関係」
  • 二人に距離が出来てしまった「本当の理由」
  • 彼の「理想の恋人像」
  • 彼のあなたに対する「正直な気持ち」
あなたへのおすすめ