みなさんは、O型に対してどんなイメージを抱いていますか?
 
数ある血液型のなかでも、比較的人気が高いO型――。
今回は、そんなO型の取り扱い説明書として、O型の特徴を改めてまとめてみました。
 
O型が身近にいる人から、「自分はO型」という当人まで。
ぜひ参考にしてみてくださいね。
 

城壁型思考パターンの持ち主

 

O型の思考パターンは城壁型と言われます。
 
城壁型は、自分の周りに高い壁を作って、自分のテリトリーに他人を入れないようにしてしまう、という意味です。
 
たとえば、恋人から「どうしてその日はデートしてくれないの?」と聞かれたとしても、「疲れているから」とは言いづらいタイプ。
 
「〇〇も仕事で疲れているだろうから」と遠回しにはぐらかしたり、話をすり替えたりして、逃げてしまったりします。
 
ただし、相手を咎めたりはしません。咎めない代わりに、都合が悪くなるとダンマリになるなど、ガードが強いのがO型の特徴です。

聞き上手だけど、本音を見せづらい

 

O型は、とても人当たりのいい血液型です。
 
誰とでも分け隔てなく付き合えることから、好印象に感じられる人も多いでしょう。
 
O型が血液型のなかで最も対人関係スキルが高く、幅広い付き合いが得意なタイプと言えます。
 
聞き上手であることから、つい話し込んでしまう人も多いのではないでしょうか。
 
しかし、本音はなかなか見せようとせず、O型自身が何を考えているのかわからないと、感じられる人は意外と少なくないようです。
 
ですが、O型自身は自分の意見をハッキリと持っており、集団のなかでポロっと発した言葉に、周囲が驚いてしまう場面も少なくありません。

リアリストであり、冷静沈着なタイプ

 

O型は、おおらかな性格の印象が強いです。
実際、O型はこだわりが少なく、大雑把な傾向にあります。
 
一方で、意外と現実主義者であり、冷静な人も多いでしょう。
 
周りを客観視することに長けており、何かトラブルが起ったときも、冷静な自分がどこかにいます。
 
そのため、会社のトップやリーダー的なポジションに就く人も多く、周りとの調整役として適任な人も多いでしょう。
 
またO型は、意外にも血液型随一に頑固な性格です。
B型のように、自分の主張を他人に押し付けたりはしません。
 
ですが、自分の思い通りにならないとわかると、すぐさま諦めたり、自分の「これだけは……!」ということは、断固として譲ったりしないでしょう。
 
大雑把でありながらも、頑固であることと冷静な分析力で、人の人気を集め、束ねられる人がO型には多いです。
 

おわりに

 

O型は結婚するタイプとして、人気のある血液型です。
現実主義者であり、しっかりと地に足のついた考えを持つ人が多いためでしょう。
 
O型の人となりが、少しは理解できた人も多いのではないでしょうか?
 
ぜひ人付き合いや、自分自身を客観視する参考にしてみてくださいね。
 
(柚木深つばさ/ライター)
 
【参考文献】
『気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本』長田時彦(三笠書房)
 
■A型あるある|A型の取扱説明書
■B型あるある|B型の取扱説明書
■O型男性に有効な恋の駆け引き

血液型】の最新記事
  • AB型あるある|AB型の裏の性格
  • O型あるある|O型の裏の性格
  • B型あるある|B型の裏の性格
  • A型あるある|A型の裏の性格
  • 血液型別|トレンドに敏感なランキング
  • 血液型別|嫌味を言われたときの対応方法とは?
  • AB型あるある|AB型の取扱説明書
  • O型あるある|O型の取扱説明書