みなさんにとって、O型のイメージはどんなものでしょうか?
 
O型と聞くと、おおらかで、穏やか、聞き上手……といった、いいイメージが先行する人も多いのではないでしょうか。
 
しかし、O型にはまだまだ一般的になっていない、隠された性格がたくさんあります。
 
今回は、O型の裏の性格として、その一部をピックアップしてみました。
 
O型の人がどんな人なのかを知りたい、把握したいという人は、ぜひ一読してみてくださいね。
 

情報収集能力が高い

 

よくO型は聞き上手と言われますね。「O型のOはおおらかのO」と言われるくらい、穏やかな人は実際多い傾向にあります。
 
一方で、O型は相手の話を黙って聞きながら、相手の情報収集する能力に長けている一面もあります。
 
たとえばチームで仕事をする場合、現状と状況を分析して、自分の役割をいち早く行動に移せるのはO型と言われています。
 
それだけO型は冷静な血液型であり、迂闊に自分の話をすることもあまりしません。
 
状況が判断できないうちは、相手や周囲の状況を読み、少しでも多くの情報を収集しようとするのが、O型のやり方であり、性格なのです。
 
また、O型は性格が大雑把であり、細かいことにこだわりを持ちません。
緊急時でも全体像をざっくりと把握できる能力は、O型ならではと言えるでしょう。

自分の考えを安易に見せない

 

O型は合理的、打算的なところがあります。
たとえ部屋が散らかっていても、どこに何があるのかわかっているため、それでいいと思ってしまうのです。
 
ある意味で、自分中心的な考えがあるでしょう。
自分さえわかっていればそれでよいのです。
 
また、O型はおおらかで、穏やかとよく言われます。
「うんうん」と頷きながら話を聞いてくれることにより、人当たりの良さを感じる人も多いでしょう。
 
しかし、O型は自分なりの考えが持っていることが多いです。
一見相手に同調しているように見えて、しっかりと自分の意見を持っているのです。
 
なかには、O型の本音が見えない、考えていることがわからない――。
そんな風に感じる人もいるかもしれませんが、O型は決して裏表のある性格ではなく、知己的であり、冷静な性格なだけです。
 
感情を表に出さず、自分をセーブさせる、頭のいい血液型なのです。

B型以上に頑固な性格

 

O型は一見人当たりがよく、人の話を「うんうん」と上手に聞き入れてくれる。そんないいイメージが先行しがちです。
 
しかし、中身は血液型随一に頑固です。
決してB型のように、自分の意見を他人に押し付けることはしません。
 
ただ、周りから何を言われても、自分は「こう思う」という考えを曲げようとしません。
 
案外短気な人も多く、周りにそれを見せないだけで、心のなかでは諦めたりしながら、感情を制御させていることが多いです。
 
周りと上手に距離を作り、時に壁を作って、自分の考えを守ろうとします。
 
B型と違って、相手の言い分にはしっかりと耳を貸しますし、頑固な印象は少ないかもしれません。
 
ですが、内面的には意外とB型以上に頑固なのです。
 

おわりに

 

O型の思わぬ性格は見つかったでしょうか。
 
人には自分でもわからない性格や一面がたくさん隠されています。
 
好きになった人や、仕事仲間の性格が知りたい――。
そんなときは、ぜひO型の裏の性格を参考にしてみてくださいね。
 
(柚木深つばさ/ライター)
 
【参考文献】
『気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本』長田時彦(三笠書房)
 
■O型あるある|O型の取扱説明書
■A型あるある|A型の裏の性格
■B型あるある|B型の裏の性格

血液型】の最新記事
  • AB型あるある|AB型の裏の性格
  • O型あるある|O型の裏の性格
  • B型あるある|B型の裏の性格
  • A型あるある|A型の裏の性格
  • 血液型別|トレンドに敏感なランキング
  • 血液型別|嫌味を言われたときの対応方法とは?
  • AB型あるある|AB型の取扱説明書
  • O型あるある|O型の取扱説明書