好きな人との関係は、できるだけ長続きしたいもの。
でも、なかには惚れっぽく気持ちが冷めやすい人もいれば、相手との関係によっては、付き合いが難しい場合もありますよね。
 
今回は、恋が短命で終わりやすい血液型ランキングを考えてみました。
好きな人との相性や、自分自身を客観視するきっかけにしてみてくださいね。
 

第一位:B型

 

B型の思考パターンは、一点集中型といわれています。
好きな人ができると、その人のことで夢中になり、周りが見えなくなる傾向があります。
 
しかし、何かの拍子で気持ちが冷めてしまうと、いままでのお熱が嘘かのように興味を失ってしまうのです。
恋愛に限らず、仕事、趣味にも同じことが当てはまり、B型ならではの特徴といえるでしょう。
 
どちらかというと、周りや人のために合わせたり、我慢したりすることが苦手なB型です。やや自己中心的な態度を取ることが目立つため、付き合う相手は苦労するかもしれません。でも、包容力のある人なら、B型のワガママも可愛くみえる可能性はあります。
 
B型の恋が成功するかどうかは、相手の優しさや包容力次第といえるでしょう。

第二位:AB型

 

AB型は、自分の考えにこだわらない自由な発想の持ち主といわれています。周囲からは、猫のように気まぐれに見えてしまい、異性からは、付き合いが難しいタイプといえるでしょう。
特に男性の場合、束縛を嫌う傾向にあります。昨日まであれほど「好きだ好きだ」と言っていたのに、今日になったら急に素っ気ない態度を取ることも、AB型には珍しくありません。
 
ですので、なかには振り回されている感じがする人も多いでしょう。それでも、AB型の小悪魔に見える一面が、かわいく見え、「放っておけない」と母性本能がくすぐられる異性がいるのも事実です。
特に年上の場合、AB型タイプがかわいげに映る人が多いと思うので、包容力のある人なら、むしろ相性はいいかもしれません。
 

第三位:A型

 

よくA型は、我慢の人といわれます。情と調和を大事にするA型は、人のために動くタイプです。
A型は消極的で受け身なタイプが多いため、男性なら優しくも、優柔不断で頼りがいに欠ける。女性なら母性にあふれたタイプでしょうか。好きな人にも懸命に尽くし、友人のように相談しながら付き合うタイプが多いでしょう。
 
ただし、周囲や相手に合わせ過ぎるあまり、自分の意見を言えずにいる場合もあります。我慢し過ぎると、関係に亀裂を生じてしまうので、いかにして自分の本音を言える関係を作れるかは大事なポイントです。

第四位:O型

 

O型は、一見聞き上手で包容力があり、落ち着いた性格の人が多いでしょう。大人っぽく、異性からもステキに映ると思います。
ただ、自分の本音をあまり言わないことから、何を考えているのかわからない一面も。関係が出来上がってくれば、本音を見せてくれるようになるので、この辺りは付き合い次第と言えるでしょうか。
 
O型は意外にも頑固な性格ですが、相手に意見を押し付けることはしません。物言いは柔らかで、遠巻きに拒否をし、ダンマリで自分の思い通りに事を運ばせる天才です。
人間関係も上手に渡り歩くタイプなので、恋愛相手としても相性がいいでしょう。
 

おわりに

 

特に本気で好きになった人ほど、いい関係を築きたいですよね。
ステキな恋をするためにも、自分自身のタイプと、相手といい関係を築くヒントにしてみてください。
 
(柚木深つばさ/ライター)
 
【参考文献】
『気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本』長田時彦(三笠書房)
 
■【血液型別】妄想が激しいランキング
■【血液型別】普段は決して言わない本音
■A型男子は恋愛アプローチが上手? 血液型別恋愛の手引き
 

血液型】の最新記事
  • ウソをつくのが下手な血液型ランキング
  • B型男子の恋愛の良いところ・ダメなところ
  • 周囲に敵を作りやすい血液型ランキング
  • 恋が短命で終わりやすい血液型ランキング
  • 【血液型別】バレンタインに男性が抱きがちな幻想
  • バレンタインに対する彼の発言で本音がわかる!血液型別「好きな人の脈アリ度」
  • AB型女性が好きになる男性の傾向
  • O型女性が好きになる男性の傾向