好きな人ができると、「こんな風にデートしたいな」といった、憧れはありませんか。
 
しかし、好きになる相手によって、恋愛の仕方は大きく変わるもの。
恋愛はひとりでするものではなく、相手ありきで成り立つものですよね。
 
そこで今回は、ロマンチストな傾向が強いタイプを血液型別に考えてみました。
ぜひ相手の人となりや相性を見るヒントにしてみてくださいね。
 

第1位:O型

 

O型はロマンチストな血液型です。たとえば、好きな人が行きたがっていた、感じのいいレストランの予約をこっそりと入れておくとか。好きな人に内緒で、欲しがっていたプレゼントを用意するとか。ロマンチックな雰囲気を選出するのが、とても上手な血液型です。
 
元々頑固で、自分の思うように事を運ばせるのが上手なO型。リアリストで冷静に相手を観察できるO型だからこそ、人を喜ばせることが目的として容易にできるのでしょう。だからといって、決して計算高いタイプでもありません。
 
好きな人を喜ばせることが上手なO型なので、付き合った際はドキッとさせられたり、恋の幸せを感じられたりすることが多いでしょう。

第2位:A型

 

A型は記憶力がいい血液型です。よって、相手の誕生日、付き合った記念日などをしっかりと覚えている人が多いでしょう。協調性に富んでおり、周りとの調和を大事にするA型は、気配り上手で、連絡もマメにするタイプです。頼りがいには欠けるかもしれませんが、付き合っていて充実感を感じられることは多いでしょう。
 
女性であれば女性らしいタイプが多く、母性的な人が多いA型。男性も常識人であることから、クリスマスはなるべく恋人と過ごせるように。付き合いが長くなってきたら、お互いの両親に挨拶しに行くなど、恋愛の手順を真面目に踏むタイプが多いかもしれません。
 
サプライズは苦手ですが、付き合ったら付き合った分だけ、関係が図れるのは堅実な性格のA型ならでしょう。
 

第3位:B型

 

B型はひとつのことに没頭しやすい血液型です。仕事、趣味、恋愛と、彼らが没頭するものは、人によって様々。仮にも恋愛に夢中になるタイプなら、仕事をそっちのけで相手に没頭するでしょう。四六時中好きな人のことを考えるあまり、ほかのことが手につかなくなるレベルです。相手に献身的に尽くし、行動も積極的でしょう。
 
しかし、一度気持ちが冷めてしまうと、あっという間に熱が冷めてしまいます。
また仕事や趣味に没頭するタイプの場合、元々恋愛にあまり興味がない人も多いでしょう。恋人がいなくても平気と考える人も少なくないことから、恋愛に対するロマンチストレベルは人によってまちまちです。
 
ただし、ひとつのことに没頭しやすいタイプであることから、仕事や趣味など興味の矛先に対する憧れを強く持っている可能性はあります。そういった意味でロマンチストなB型は意外と多いかもしれません。

第4位:AB型

 

AB型は自由な発想をし、好き嫌いがハッキリしている血液型です。人並みに恋愛欲はありますが、束縛を嫌い、人との関係に距離を置く人が少なくありません。元々繊細で傷つきやすいAB型は、いたずらっ子のように相手の気を引こうとする人も多いでしょう。付き合う相手からすると、かなりの包容力を求められると思います。
 
一方で、「好きだ好きだ」と熱く言うこともあれば、急に素っ気ない態度を取って、付き合う人を心配させることも。AB型にとって計算してやっているわけではなく、あくまでも本能的な行動に過ぎません。接し方がコロコロと猫のように変わるのは、AB型の通常モードなのです。ロマンチストとは縁が薄く、それよりもAB型に振り回されてしまう異性が多いでしょう。
 

おわりに

 

付き合う相手によって、恋愛の仕方も変わるもの。
好きになった人がどんな人となりで、どんな恋愛を臨んでいるのか。
ぜひ把握するヒントにしてみてくださいね。
 
(柚木深つばさ/ライター)
 
【参考文献】
『気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本』長田時彦(三笠書房)
 
■恋愛に一途な血液型ランキング
■性格の表裏がある血液型ランキング
■【血液型別】妄想が激しいランキング
 

血液型】の最新記事
  • 常識人で慎重で観察好きな男!「A型男子」と恋愛をするコツ
  • 血液型別【頼れる男性ランキング】スマートなエスコートが期待出来るのは?
  • 血液型別×12星座|こじらせランキング
  • A型×O型×B型×AB型【血液型別】第一印象でわかる!恋が始まる予感
  • A型、B型、O型、AB型?癒やされたいならこの血液型!ほっこり度ランキング
  • 血液型別!恋愛テクニック♡ AB型男性がキュンとするボディタッチ
  • A型・B型・O型・AB型|変わったフェチがある血液型ランキング
  • A型×B型×O型×AB型【血液型別】普段は決して言わない本音