初めての結婚は不安なことばかりですよね。「この人なら!」と実感を得た相手でも、赤の他人が一緒に暮らすというのは、大変なことです。
 
始めは習慣の違いで食い違いもあるでしょうが。相手の人となりがわかっていれば、話し合いで解決することも多いはずです。
 
今回は血液型を参考に、B型男性との結婚生活をうまくやっていくためのコツを分析してみました。
 

亭主関白な彼を上手に立てる

 
B型男性は、数ある血液型のなかでも一点集中型といわれています。ひとつのことを考え始めると、ほかのことはわき目もふらず一直線になります。それが恋愛、仕事、趣味などかどうかは、個人によってさまざまです。
まずは、相手がどのタイプなのか、それとなく見極めておきましょう。
 
というのも、相手が仕事のタイプだと、恋人にまで気が回らない場合があります。
もともと男らしく、リーダー格のB型は、亭主関白になりやすいタイプです。そのため、家庭での生活も彼が物事を決める、大黒柱タイプになりがちです。
 
男性には引っ張ってってもらいたいタイプの女性だと、安心感を覚えますが、自然と彼のサポート役を引き受けることになります。
男性は男性らしく、女性は女性らしくと、男女の役割分担を求められる傾向にあるので、家事はあなたが中心に――。彼にも手伝ってもらいたいことは、事前にきちんと話し合わないと、彼のタイプによっては、あまり協力的ではない可能性があるので注意が必要です。
 

彼の恋人として彼を支える

 
B型男性は、自分の考えを譲るのが苦手なタイプです。自分の考えを理解させようとするため、ちょっと自己中心的な印象に映ることが多いでしょう。
それは恋愛だけに限らず、結婚生活においても同じです。そうした彼とうまくやっていくには、やはり彼のプライドを傷つけず、常に肯定してあげることです。
 
その意識を持てるかどうかで、関係がうまくいくかどうかが大きく変わってきます。
一緒に暮らしていれば、意見が食い違うこともあるでしょうから、「でも、こうしたほうがいい」というときは、「こうしておかない?」と、彼の意見を尊重しつつ、さり気なく意見してみて。
 
普段のかじ取りは彼に任せておいて、「ちょっとそれは……」というときは、あなたが彼のアシストをする感じで、彼のサポートをしてあげてください。
忘れてはならないのは、ふたりは夫婦ということです。あなたのそうした姿勢に、彼もプライドが傷つくことはないでしょうし、あなたの存在をますます有難いと思うはずです。
 

いざという時のサポートを

 
B型男性は、一度「こう!」と決めたことに一直線です。自分の意見が正しいと思って行動しているため、失敗したときのダメージが人よりもとても大きいです。
そうしたときに、ショックを和らげるのが、やはりパートナーの存在でしょう。
 
普段は俺様でちょっと偉そうな彼らだけに、ついパートナーの存在を忘れてしまいがちです。小まめにパートナーの存在を大切にしたり、日ごろの感謝が足りなかったりするかもしれませんが。それは彼らがちょっと不器用で、ちょっと気が回らないだけだから。
 
そうした彼らに飽き飽きしてしまうこともあるかもしれませんが、彼らに日ごろ助けられていることも多いはず。いざというときは、パートナーとして相手を支えてあげられると、ふたりの絆はこれ以上、深まることはないでしょう。
 

おわりに

 
B型男性の取り扱いに悩んでしまった際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。結婚生活は長いので、長い目で見て、ふたりの関係が少しでも楽しく、実りのあるものになるといいですね。
 
(柚木深 つばさ/ライター)
 
■【血液型別】幸せな結婚生活のためのヒント~A型の場合~
■カップル占い|彼氏はもうすぐ「結婚しよう」と言ってくれる?
■【血液型別】ボディタッチアピール~B型男性の場合~
 
【参考文献】
『気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本』長田時彦(三笠書房)

関連キーワード
血液型】の最新記事
  • B型男子の恋愛の特徴は? 血液型別恋愛の手引き
  • A型男子は恋愛アプローチが上手? 血液型別恋愛の手引き
  • A型男子に恋愛を意識させるコツとは 血液型別恋愛の手引き
  • A型男子はリスクを嫌う?血液型別お付き合いの手引き
  • A型男子の恋愛傾向……記念日やイベントを重要視するタイプ
  • 【血液型別】恋愛におけるめんどくさい性格
  • A型男子との上手な付き合い方とは?血液型別恋愛の手引き
  • 【血液型ランキング】あかちゃんプレイが好きな男性