あなたはこだわりが強いほうですか?
それとも、あまりこだわりがないタイプですか?
付き合う人がどちらのタイプかによって、相性の良し悪しや、付き合い方も大きく変わってくると思います。
 
そこで今回は、血液型別になかでも小さなこだわりが多い傾向を分析してみました。
好きな人との相性を見極めるひとつのポイントとして、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
 

第一位:B型

 

B型は自分の思うように事を運ばせたいタイプ。少々自分勝手が過ぎますが、思い立ったが吉日の行動力は血液型随一です。その点は見習うべきポイントですが、人に合わせることが苦手なB型。仕事の仕方や好きな人との付き合い方も、自分のやり方でやりたいと思うタイプです。
 
逆をいえば、好きになる人はB型のマネージャー役だったり、世話を焼く女房役の存在が不可欠でしょう。B型のこだわりとやり方に賛同し、ついていける人とは相性がいいと感じられ、接し方も感じがよくなると思います。
 
男らしく率先してリードするB型なので、そのあたりをどう捉えられるかで、B型のこだわりの強さも違った見方ができるかもしれませんね。

第二位:A型

 

A型は気配りが行き届き、空気を読むのが上手です。細かいことに気が付き、逆をいえば気になるポイントも細かいでしょう。元々常識人で真面目なタイプのA型なので、事を荒立てることが苦手なのです。良くも悪くも保守的。普段と違った行動を取ると落ち着かず、気持ちがブレてしまいます。
 
それこそ、普段出勤で通る道が混んでいると、たちまち大慌て――。普段ある場所がそこにないと、たちまち気になってしまうでしょう。いうなれば少々気が小さく、心配性のA型です。
 
彼らと一緒にいるときは、普段どうやっているのか聞きながら、いつも通りのやり方にしてあげましょう。すると、彼らは安心し、行動を合わせてくれるあなたに好印象を抱きやすくなると思います。
 

第三位:AB型

 

AB型は自由気ままなタイプであり、論理的思考で行動するよりも感性で物事を判断するタイプです。元々シャイで、されど頭のいいAB型は、感情の浮き沈みが激しく、自分の世界を持っていたいタイプ。
 
集団行動もあまり得意なほうではなく、付き合いのある大勢で飲むよりも、少人数の仲のいい友達で飲んでいたほうが楽しく感じられるAB型が多いでしょう。
 
芸術肌でこだわりが強く、自分の思う形にならないと、たちまち落ち込んだり、距離を置いてしまったりすることも少なくありません。繊細なタイプなので、AB型の行動を温かく見守ってあげられるタイプと相性がいいでしょう。

第四位:O型

 

O型は冷静なリアリストですが、大筋が間違っていなければ、細かいことは気にならないタイプです。たとえば好きな人が外でどれほど遊んでいようが、好きという気持ちあ確かなら、あまり気にしません。
 
最終的には自分のところに戻ってくれば、終わり良ければ総て良しと考えられるタイプなのです。そのため、小さなことにはこだわりを持ちません。
 
しかし、血液型随一に頑固なタイプなので、どうしても譲れないという意見もなかにはあります。そうしたときは、断固として譲ろうとはしないので、思った以上に短気な人も意外と少なくないでしょう。
 

おわりに

 

こだわりの強い人もいれば、薄い人もいるでしょう。
ふたりの関係が決まるポイントのひとつになると思うので、好きな人との関係づくりの参考にしてみてください。
 
(柚木深つばさ/ライター)
 
【参考文献】
『気になることが全部わかる!怖いくらい当たる「血液型」の本』長田時彦(三笠書房)
 
■A型×B型×O型×AB型【血液型別】ピュアな心の持ち主ランキング
■A型×B型×O型×AB型【血液型別】普段は決して言わない本音
■血液型×12星座|ちょっと怖い…? 性格に裏表があるランキング!
 

血液型】の最新記事
  • 【血液型×12星座占い】お金回りが良いランキングBEST3
  • 血液型×12星座|メンタルが強い!打たれ強いランキング
  • 【血液型別】恋愛に現れる「B型女性」の面倒な性格
  • 大物になる逸材かも!?O型後輩が出世するための条件10項目
  • 【血液型別!恋愛攻略】AB型男子には駆け引き無用、直球勝負が決め手!
  • 血液型×12星座|最高な恋人になる男性ランキング
  • A型×B型×O型×AB型【血液型別】すてきなお金の使い方
  • A型、B型、O型、AB型【血液型別】恋愛におけるめんどくさい性格