性的嫌がらせを指す「セクハラ」、上司などから受ける「パワハラ」、体臭に対する「スメハラ」……挙げたらきりがないハラスメント。
 
そのなかの一種で、血液型への偏見からくる「ブラハラ(ブラッドタイプハラスメント)」をご存じでしょうか? 
 
自他ともに認めるブラハラの被害者であるB型が、世間に向けて「こんなのはただの偏見だ!」と言いたいことをまとめてみました。
 

B型が世間の偏見にもの申したいこと

 

よくある血液型占いでは、なぜかB型は「わがまま」「自己中心的」「性格が悪い」など、ひどい偏見を受けています。
 
B型本人は「今に始まったことじゃなし」と諦めつつも、内心ではこんなことを思っているのです!
 

その1:「B型だと思った」と言われる件

 

「B型でしょ? すぐわかった」という発言にどこか“トゲ”を感じる。なぜ世間はB型には上から目線なの?
 

その2:「知り合いにもいるよ、B型」と言われる件

 

「わたしの友だちにもいるんだよね、B型」とわざわざ言われる。
珍獣あつかい? そりゃ、普通にいるよ! なんて心の中でつっこんでます。

その3:「これだからB型は」とひとくくりにされる件

 

「B型ってああだよね、こうだよね」などと、B型だからとひとくくりにされるのは心外。
あなたが思っているほど単純な性格ではないのに。B型にもいろいろな人がいるんだよ。
 

その4:「B型、好きなんですよ」と突然なつかれる件

 

まれにB型びいきの人もいて「B型っていいよね」と近づいてくる。特別に見てもらえてうれしい半面「B型だから面白いにちがいない」というプレッシャーも感じる。
 

その5:B型に“ファミリー扱い”される件

 

同じB型だと知った途端「わたしたちB型は~」と言われる違和感。
「あなたとは考え方も生き方も違う、血液型だけで一緒にしないでほしい」と思っているのをわかってほしいB型もいます。

その6:「B型は性格が悪い」と思われている件

 

なぜかB型はひねくれているイメージがあるが、もう慣れっこなのでどうでもいい。
それに、本当に性格が悪いのは、血液型ぐらいでひとの性格を悪く言う、B型以外の血液型だと思っています。
 

実は「B型」を誇りに思っていたりもする

 

実は筆者もB型であり、しょっちゅう“ブラハラ”まがいの扱いを受けてきました。それでも「やっぱりB型でよかった~」と根拠なく思ったりもしています。
 
「どうせB型ですよ」と卑屈になりつつ、そんな扱いにもB型としての“誇り”をもっているのが、B型なのかもしれません。
 
(かぎあな/ライター)
 
■【血液型別】幸せな結婚生活のためのヒント~B型の場合~
■【血液型別】恋愛に現れる「B型女性」の面倒な性格
■B型の性格と行動を徹底検証! 知られざる「裏表」

血液型】の最新記事
  • AB型あるある|AB型の裏の性格
  • O型あるある|O型の裏の性格
  • B型あるある|B型の裏の性格
  • A型あるある|A型の裏の性格
  • 血液型別|トレンドに敏感なランキング
  • 血液型別|嫌味を言われたときの対応方法とは?
  • AB型あるある|AB型の取扱説明書
  • O型あるある|O型の取扱説明書