女性でも男性でも、メイクや身だしなみに気を使いますよね。エステなどでボディケアにも気をつけている方も多いのではないでしょうか?
 
でも、体のにおい、つまり「体臭」に気を使っている方はどのくらいいるでしょうか? もしあなたが体臭に興味をお持ちなら、体のにおいのメカニズムを知って効果的にケアをしていきませんか?
今回は内科医・認定産業医/tenrai株式会社代表取締役医師でいらっしゃる、桐村里紗先生にインタビューをさせていただきました!
 

ホルモンと体臭は関係がある! においやすくなってしまう人の特徴とは?

 
桐村里紗先生
―女性は月経があってホルモンバランスが変わることで体調を左右されてしまうことがありますが、それがにおいの原因になったりすることもありますか?
 
桐村先生 排卵後から月経前は「プロゲステロン」という女性ホルモンが増えて体温が高くなります。体温が高くなると汗や皮脂が分泌されやすくなり、においやすくなります。
 
 また加齢臭などの皮脂のニオイは、皮脂が酸化されてしまうことが一因ですが、「エストロゲン」という女性ホルモンには酸化を抑える抗酸化作用があります。一方で男性ホルモンには皮脂分泌を促進させる作用がある上に、酸化を抑える働きがありません。女性も実は男性ホルモンが出ているのですが、生活習慣の乱れや閉経によって女性ホルモンの働きが低下することで相対的に男性ホルモンが優位になり加齢臭がすることがあります。
 
―今は働く女性も増えてきていますが、無茶な働き方をしたりストレスをためてしまったりするとにおいが強くなってしまうことがあるんですね。
 
桐村先生 あります。ライフサイクルが乱れることで自律神経が乱れます。自律神経も女性ホルモンを分泌している中枢も視床下部にあるので、自律神経が乱れたら一緒に女性ホルモンの分泌も乱れやすくなります。うまく睡眠が取れなかったり、夜更かししたり、ストレスをためてしまうと自律神経が乱れる状況になったら女性ホルモンの分泌も乱れがちになりますね。
 
 また自律神経が乱れるとストレスホルモンが多い状態になってしまい、体が酸化してしまいます。皮脂も酸化して過酸化脂質になると、においやすくなります。本当いいことがありませんね。
 
―本当にそうですね! においを自分で感じてそれがさらにストレスになって悪循環になることもありますよね。
 
桐村先生 特に20代の女性は、特有のいいにおいがあると発見されています。「ラクトンC10」と「ラクトンC11」といいます。アプリコットやココナッツみたいなちょっと甘酸っぱいにおいが分泌されているんです。このにおいは30代になると分泌が激減するんです。
 
 若いときはいいにおいがしたのに30代になってそれが無くなる上にストレスまでためてしまうとダブルでよくないですよね。さらに閉経後には男性ホルモンが強くなってますます体臭が悪化する。年齢特有のにおいとライフサイクルの乱れが原因のにおいとダブルできてしまうとつらいですよね。
 
―それはキツイですね。普段からにおいケアだけではなく、ストレスのない生活をおくり、ライフスタイルに合わせた働き方をしていくことが重要なんですね。
 

においと第一印象の関係とは? においが原因で恋が終わってしまうこともある?

 
―人は見た目が100%という本が出ていましたが、第一印象はにおいも関係してくるのでしょうか?
 
桐村先生 皆さん人の印象は見た目が大きいと思いがちですが、人の印象は見た目よりもにおいです。株式会社マンダム(※1)が行った25~49歳の働く男女1117名の調査によると、身だしなみが良くないとき、相手の印象がどれくらいマイナスになるかという点数評価で、「ボサボサの髪」が100点満点中、マイナス34点で2位だったのに対し、「におい(体臭)」はマイナス54点と20点以上も引き離して1位でした。
 
視覚(見た目)は理性で判断できますが、においは瞬間的に快か不快か、生理現象で判断しているので、においのほうが瞬間的なイメージが強く残ります。特に潜在意識で判断しているので、初回に「くさい」「この人、不快」と潜在意識に刷り込まれてしまったら、2回目に会ったとき少しでもくさいにおいを感じるとまた不快であった印象が甦ります。とにかく初回に相手に悪臭で不快な印象を与えてしまうと、2回目以降もフィードバックするので、悪いイメージが強烈に残ってしまいます。それなのでにおいのケアは重要になってきます。
 
 特に女性の場合、仕事上においてもくさい人とは一緒に仕事をしたくない、出来るだけ仕事の関係性を控える調査結果も出ています。においに配慮しておかないと仕事にも響きます。
 
―確かに、においは相手を見ていなくても感じてしまいますね。
 
桐村先生 パートナーであっても、においケアをしていないと「マナーがなってない」「デリカシーがない」という印象を与えてしまいます。どんなに親しい関係であっても、異性にはにおいケアをして欲しいと思っています。においケアをしていない相手は印象がマイナスになってしまいます。
 
講演していると「においが不快で(異性を)嫌いになった」という女性は多いです。それに、男性は女性からいいにおいがするって思いたいんですね。恋という観点からでも、好きな女性からは悪いにおいがしてしまうと、かなりマイナス印象になるので、お互いに配慮したいですね。でも遺伝子的に遠いタイプの異性の体臭はいいにおいに感じるので、逆ににおいを感じたいというかたもいますね。
 

関連キーワード
ビューティー】の最新記事
  • 花粉症の季節に困る!マスクでよれないメイクのコツ
  • 「言いたいけど言えない」優しい彼氏ほど隠している「本音」とは?
  • 女度が増す!彼が喜ぶ名器の作り方
  • 冬到来!ボディとメイクの乾燥対策ちゃんとしてる?
  • 顔がシワっぽい人は骨ももろい!? 美容と健康は表裏一体
  • 恋が終わってしまうことも? 働く女性は必見! においの原因と対策は?
  • 男性もびっくり!? アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談4選
  • 大人女子注目アイテム! クリスマスコフレ特集