女性でも男性でも、メイクや身だしなみに気を使いますよね。エステなどでボディケアにも気をつけている方も多いのではないでしょうか?
 
でも、体のにおい、つまり「体臭」に気を使っている方はどのくらいいるでしょうか? もしあなたが体臭に興味をお持ちなら、体のにおいのメカニズムを知って効果的にケアをしていきませんか?
今回は内科医・認定産業医/tenrai株式会社代表取締役医師でいらっしゃる、桐村里紗先生にインタビューをさせていただきました!
 

ホルモンと体臭は関係がある! においやすくなってしまう人の特徴とは?

 
桐村里紗先生
―女性は月経があってホルモンバランスが変わることで体調を左右されてしまうことがありますが、それがにおいの原因になったりすることもありますか?
 
桐村先生 排卵後から月経前は「プロゲステロン」という女性ホルモンが増えて体温が高くなります。体温が高くなると汗や皮脂が分泌されやすくなり、においやすくなります。
 
 また加齢臭などの皮脂のニオイは、皮脂が酸化されてしまうことが一因ですが、「エストロゲン」という女性ホルモンには酸化を抑える抗酸化作用があります。一方で男性ホルモンには皮脂分泌を促進させる作用がある上に、酸化を抑える働きがありません。女性も実は男性ホルモンが出ているのですが、生活習慣の乱れや閉経によって女性ホルモンの働きが低下することで相対的に男性ホルモンが優位になり加齢臭がすることがあります。
 
―今は働く女性も増えてきていますが、無茶な働き方をしたりストレスをためてしまったりするとにおいが強くなってしまうことがあるんですね。
 
桐村先生 あります。ライフサイクルが乱れることで自律神経が乱れます。自律神経も女性ホルモンを分泌している中枢も視床下部にあるので、自律神経が乱れたら一緒に女性ホルモンの分泌も乱れやすくなります。うまく睡眠が取れなかったり、夜更かししたり、ストレスをためてしまうと自律神経が乱れる状況になったら女性ホルモンの分泌も乱れがちになりますね。
 
 また自律神経が乱れるとストレスホルモンが多い状態になってしまい、体が酸化してしまいます。皮脂も酸化して過酸化脂質になると、においやすくなります。本当いいことがありませんね。
 
―本当にそうですね! においを自分で感じてそれがさらにストレスになって悪循環になることもありますよね。
 
桐村先生 特に20代の女性は、特有のいいにおいがあると発見されています。「ラクトンC10」と「ラクトンC11」といいます。アプリコットやココナッツみたいなちょっと甘酸っぱいにおいが分泌されているんです。このにおいは30代になると分泌が激減するんです。
 
 若いときはいいにおいがしたのに30代になってそれが無くなる上にストレスまでためてしまうとダブルでよくないですよね。さらに閉経後には男性ホルモンが強くなってますます体臭が悪化する。年齢特有のにおいとライフサイクルの乱れが原因のにおいとダブルできてしまうとつらいですよね。
 
―それはキツイですね。普段からにおいケアだけではなく、ストレスのない生活をおくり、ライフスタイルに合わせた働き方をしていくことが重要なんですね。
 

においと第一印象の関係とは? においが原因で恋が終わってしまうこともある?

 
―人は見た目が100%という本が出ていましたが、第一印象はにおいも関係してくるのでしょうか?
 
桐村先生 皆さん人の印象は見た目が大きいと思いがちですが、人の印象は見た目よりもにおいです。株式会社マンダム(※1)が行った25~49歳の働く男女1117名の調査によると、身だしなみが良くないとき、相手の印象がどれくらいマイナスになるかという点数評価で、「ボサボサの髪」が100点満点中、マイナス34点で2位だったのに対し、「におい(体臭)」はマイナス54点と20点以上も引き離して1位でした。
 
視覚(見た目)は理性で判断できますが、においは瞬間的に快か不快か、生理現象で判断しているので、においのほうが瞬間的なイメージが強く残ります。特に潜在意識で判断しているので、初回に「くさい」「この人、不快」と潜在意識に刷り込まれてしまったら、2回目に会ったとき少しでもくさいにおいを感じるとまた不快であった印象が甦ります。とにかく初回に相手に悪臭で不快な印象を与えてしまうと、2回目以降もフィードバックするので、悪いイメージが強烈に残ってしまいます。それなのでにおいのケアは重要になってきます。
 
 特に女性の場合、仕事上においてもくさい人とは一緒に仕事をしたくない、出来るだけ仕事の関係性を控える調査結果も出ています。においに配慮しておかないと仕事にも響きます。
 
―確かに、においは相手を見ていなくても感じてしまいますね。
 
桐村先生 パートナーであっても、においケアをしていないと「マナーがなってない」「デリカシーがない」という印象を与えてしまいます。どんなに親しい関係であっても、異性にはにおいケアをして欲しいと思っています。においケアをしていない相手は印象がマイナスになってしまいます。
 
講演していると「においが不快で(異性を)嫌いになった」という女性は多いです。それに、男性は女性からいいにおいがするって思いたいんですね。恋という観点からでも、好きな女性からは悪いにおいがしてしまうと、かなりマイナス印象になるので、お互いに配慮したいですね。でも遺伝子的に遠いタイプの異性の体臭はいいにおいに感じるので、逆ににおいを感じたいというかたもいますね。
 

いいにおいでいたいけど、においが合わさると悪臭になってしまうこともある。

 
―いいにおいでいたいと思って、香水や柔軟剤、コスメ等を使うこともありますが、体臭と合わさると悪臭になってしまうこともありますか?
 
桐村先生 柔軟剤や香水のにおいの役割があります。悪臭を消すわけではありませんが、二つのにおいが同時にある場合、強いにおいのほうを感じやすくなります。この作用を「マスキング」といいます。つまりいいにおいが強いと悪臭を感じにくくなります。ただ悪臭が無くなるわけではありません。悪臭があまりに強いといいにおいが負けてしまいます。
 
例えば、飲むと毛穴や口からバラの香りがするサプリがありますが、人によっては「人間くさいバラの香り」と表現されてしまうこともあります。こういったサプリでも体臭が無くなるわけではないので、もともとのにおいを抑えておかないと、におい同士が合わさって大変なことになってしまう可能性もあります。
 
―「人間くさいバラの香り」ってなんかすごいですね……。
 
桐村先生 また別々のにおいが合わさると「変調」という作用が起こり、全く違う匂いになります。思いもよらないにおいに変化するので、いいにおいになるかもしれないし、悪臭になってしまうかもしれないです。これは自分の体臭の成分とそれぞれの香りの成分が合わさってみないとわからないので、いいにおいか悪臭かどちらかになるということは知っておいたほうがいいかもしれません。
 

なかなか気付けない自分のにおいをチェックするには?

 
―自分のにおいはなかなかわかりにくいと思いますが、においのチェック方法はありますか?
 
桐村先生 信頼できる人に聞いてみることがいいかもしれません。例えば両親やパートナーですね。家族であればはっきり言ってくれるかもしれません。またkunkunbodyなどのにおいチェッカーを使って客観的に確かめられます。クローゼットのにおいは客観的に判断しやすいかもしれません。
 

においを防ぐにはどうしたらいい?

 
―冬はなかなかコートやマフラーが洗えなくてついにおいがしてしまうこともありますが、においを防ぐ効果的な方法はありますか?
 
桐村先生 体臭は完全に消すことは出来ません。ただ、悪臭の原因になる疲れやストレス、腸内環境の悪化、糖や脂肪の取りすぎによる中性脂肪の上昇からの皮脂の酸化や加齢臭は対策が出来ます。
 
冬は夏に比べてべたべたした汗をかきやすいです。汗はワキガ以外であれば、全身とにかく汗をかいたほうが汗自体のにおいを抑えられます。ワキガの場合はポイント使いの制汗剤がいいでしょう。また最近は糖質制限が流行していてたんぱく質を多く摂る方もいますが、腸内でたんぱく質が悪玉菌の働きによって腐敗するとにおいの原因になります。肉食に偏らず、野菜などの食物繊維をバランスよく摂るといいでしょう。
 
 洗えない服に汗や垢(古い角質)が蓄積し、そこに菌が加わります。人の常在菌は悪い菌ではないのですが、汗や垢をエサにしてにおい物質を作っていきます。だからにおう前から服をケアしておくことが重要です。におってからでは遅いので、前もって備えておきましょう。
 

におう前から先回り消臭!

 
洗えない服のにおいが気になって、思うようにファッションを楽しめず、デート中も気が散ってしまう方もいるのではないでしょうか。
そうなる前に桐村先生からお話があったように「先回り消臭」が有効です!
 
リセッシュ除菌EX
「リセッシュ除菌EX」は事前に衣類にスプレーをすることで、後からかいた汗もにおわせないようになっています。
それを可能にするのはリセッシュ独自のクエン酸技術による「中和消臭機能」です。この機能が予防効果を発揮して、繰り返し汗をかいてもにおわせません。
 
におってから後悔をする前に、先回り消臭をして快適に過ごしましょう!
 

プロフィール

 

桐村里紗/内科医・認定産業医/tenrai株式会社代表取締役医師。におい解決メディア「ナゼクサ」運営。予防医療を「ライフスタイルデザイン」と再定義し、生活者の行動変容を促すコンテンツ開発を行う。著書に「日本人はなぜ臭いと言われるのか」(光文社新書)など。
 
「予防医療の立場から、「先回り消臭」に賛同します。未来を予測し、不健康や不快なにおいなどのマイナスを防ぎ、健康的でにおいのない自分を組み立てること。それは、自信と責任感を持って、仕事や人生、そして未来を創る「クリエイティブな遺伝子」を発動させるスイッチになるのではないでしょうか。」
 
(※1)職場のにおいに関する意識調査②(株式会社マンダム 2017年5月31日)
https://www.mandom.co.jp/release/2017/src/2017053101.pdf
 
■女子の雰囲気は髪型で決まる! 男子が恋に落ちたヘアチェンジとは!?
■好きな人は初対面であなたにこんな印象を持ちました
■馴れ馴れしい女子も奥手な女子も男性は嫌い!恋に距離感が大事な訳
 

関連キーワード
ビューティー】の最新記事
  • 気を抜いていたら後悔!ボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 「言いたいけど言えない」優しい彼氏ほど隠している「本音」とは?
  • 他人からみると痛い! 「若々しい」と「若作り」の境界線
  • お金かけずにキレイになろう! コスパ最強“10歳若返り”美容法
  • こんなやり方は逆効果! ダイエットにまつわる誤解
  • 恋愛必勝法!愛される女になるデート前の美容法
  • 合コンの出会いを恋愛に発展させるために! 愛されメイク
  • ひざ上のぷよぷよお肉を一掃!美人脚を作るヨガポーズ