せっかくハロウィンイベントで仮装をするなら、その衣装が際立つくらいハロウィンメイクもしっかりしたいですよね。写真をたくさん撮って、SNS映えできるようにハロウィンメイクのポイントをご紹介しましょう。
 

肌は透明感を残して自然に塗る

 
ハロウィンメイクといえば、がっつり濃い目のメイクを想像しがちですが、顔全体が厚化粧になってしまうと、かわいいという印象よりも「ケバい」という印象だけになってしまいます。
 
かわいいのにしっかりハロウィンメイクを楽しんでいるという印象を与えるためには、肌はあくまでも自然な印象を残すこと。
自然な透明感は残し、ポイントメイクでハロウィンメイクを際立たせるようにしましょう。普段使っているものと同じファンデーションを使用する場合には、ニキビやクマなどをコンシーラーなどでしっかりカバーしておくことによって、その後のポイントメイクが際立ちます。
 

白塗りや他の色で顔全体を塗る場合

 
白塗りや、他の色で顔全体を塗る場合には、顔だけ浮いてしまわないように首やデコルテまで塗るようにしましょう。その際、衣装や洋服に色がついてしまわないように注意しましょう。使用するメイクアイテムによっては、洗濯しても色が落ちにくいものもあります。
 

アイメイクや口紅はしっかり目に

 
肌を自然に仕上げたら、目元と口元はしっかり目にメイクをしましょう。どんなメイクでも共通するのは、アイメイクは、アイシャドウ・アイライナーやまつげエクステ、もしくはつけまつ毛を使って、普段よりもかなりしっかり強調するように書くことです。
ハロウィンのコスチュームが派手なのに、ハロウィンメイクにインパクトが無いと全体のバランスが取れないからです。
 
目尻にアイライナーを引く人は多いのですが、目頭にも少しだけアイライナーを引いて強調をするようにしましょう。
 
口元はハロウィンのコスチュームに合わせて、発色のいい口紅やグロスを選びましょう。真っ赤やピンク、黒など、あなたが一番かわいく見えて、なおかつ全体のまとまりが見える色を選ぶようにしましょう。
 

チークやシェーディングをする

 
気合の入ったハロウィンメイクをしたのに、なぜかいつもよりも顔が大きく見える場合には、チークやシェーディングをして、顔を立体的に見せるようにしましょう。いつもよりも目元や口元が派手なのに、顔の立体さをつけていないと、のっぺりとした印象になってしまいます。
 
大きめのメイクブラシを使って、おでこの生え際や頬、鼻の影、小鼻、あごなどに影を入れるようにシェーディングをしましょう。あまりに濃く入れすぎると、そこにばかり目が行ってしまうので徐々に足していくようにしましょう。
 

ハロウィンメイクを楽しもう!

 
ハロウィンのイベントを存分に楽しむためには、その日のメイクがバッチリ決まっていることも重要ですよね。普段と明らかに異なるハロウィンメイクをする場合には、事前に何回か練習もしておきましょう。うまく練習ができると、当日も安心してハロウィンイベントを楽しめますよ。
 
(番長みるく/ライター)
 
■【星座別】ハロウィンの恋愛運ランキング
■あなたのエロかわ度を上げる魅惑的な下着とは?
■おいしそう! ハロウィンに使えるレシピ特集
 

関連キーワード
ビューティー】の最新記事
  • 体臭、乳首の色…男性だけでなく女性もドン引きの「コンプレックス話」
  • キレイな人は何が違う?美しい人の頭の中|エマちゃん
  • その自分磨き大丈夫? モテを遠ざける「自分磨き」とは?
  • 男性の7割が気にしている!? 女性の「デリケートゾーンのニオイ」体験談
  • チャンスを逃した……「黒ずみ」が招いた赤裸々失敗談7選
  • 愛され女子が徹底したい! ムダ毛ケアのポイント
  • 男が求めているヘアメイク!愛され女子の外見をつくるには?
  • 謎が多いアソコの脱毛!「ハイジニーナ脱毛」の体験レポ