冬になって肌の乾燥が気になる人も少なくありません。
ボディとメイクの乾燥対策はどのようにすればいいのでしょうか?
 
乾燥に悩む冬に、できる対策をまとめてみました。
 

きちんと落としていることが大事

 
ボディとメイクを美しく保つためには、メイクや汚れなどをきちんと落としてことが大事です。
乾燥肌のボディケアはどんな風にすれば良いのでしょうか?
 

乾燥肌のボディケアとは?

 
体を洗うときにゴシゴシとナイロンタオルや垢すりタオル、洗浄力の強い石鹸を使用してしまうと、より乾燥肌が悪化してしまう可能性があります。
 
汗や皮膚表面の汚れはきちんと落とすことが大切ですが、あまり強くこするのは逆効果です。
 
必要以上に皮脂を落とすと肌はどんどん乾燥してしまいます。
代わりに綿素材のタオルや、低刺激の石鹸を使った、手のひらで洗うこと。

体を拭く時には押して拭く

 
体を拭く時にも強くこすらずに、タオルを肌に押し当てて水分を吸収するようにしましょう。
もし湿疹赤みがひどい時は、なるべく早めに皮膚科専門医に相談しましょう。
 

石鹸やボディーソープの選び方

 
スクラブが入ったものや、さっぱりと爽快感がある物を選ぶと、洗った気になるかもしれませんが、乾燥肌の場合にはできるだけ刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。
 

すすぎも丁寧にする

 
洗浄成分が肌に残る、肌が痒くなり、炎症の原因になってしまいます。
使い心地や香り、泡立ちも気になるかもしれませんが、肌に成分が残りにくく、すすぎの良い石鹸を選ぶことでボディケアがスムーズにできます。
 

湯船に浸かる時には?

 
冬になると体が冷えやすくなりますよね。
 
バスタブにゆっくり浸つかって血行を良くしようとする人も多いでしょう。
湯船につかると全身がリラックスして、皮脂の汚れも落ちやすくなります。

保湿をしっかりすること!

 
しっかり体を温めてから保湿すると、肌に浸透しやすいので、お風呂から出た後に全身ボディークリームなどでしっかり保湿をするようにしましょう。
 
その場合の設定温度に注意が必要です。
38度から40度で、湯船に浸かるのは10分程度にしましょう。
体を温めすぎないようにすることが大切です。
 
熱いお湯に長い時間浸かると、体温を上げすぎてしまうため、皮脂を落としすぎてしまう可能性があります。
 
また入浴剤は体を温めすぎる効果の高いものや、肌を乾燥させる成分が配合されているものは避けるようにしましょう。
 

保湿はこまめに塗ろう

 
保湿はなるべくこまめに塗ることによって、その効果を高めることができます。
 
例えば手の場合はとにかくこまめに塗ることが大切です。
2回塗れば4倍の効果が得られ、3回塗れば10倍の効果が得られると言われています。
 
家事で特に手荒れが気になる場合にはこまめにケアしていきましょう。
また夜寝る前に手やかかとなどの乾燥や角質がひどくなりがちな部分もありますよね。
こまめに保湿剤を塗って、綿の手袋や靴下をつけて寝ると効果がアップします。
 

早めに乾燥対策をしよう!

 
早いうちから乾燥肌対策をすることによって、いつまでもきれいな肌をキープすることができます。
いつもしている習慣を改めて見直して、その習慣が乾燥肌を作っていないかどうかをチェックしてみましょう。
 
(番長みるく/ライター)
 
■セックス直前にチェック! ボディケアリスト6つ
■恋人の定番! 「冬の遊園地デート」で気をつけたいポイント5つ!
■寒いとカップルのケンカも増える! 冬ならではのケンカネタとは?
 

関連キーワード
ビューティー】の最新記事
  • 恋愛必勝法!愛される女になるデート前の美容法
  • 合コンの出会いを恋愛に発展させるために! 愛されメイク
  • ひざ上のぷよぷよお肉を一掃!美人脚を作るヨガポーズ
  • 欧米発の美肌法! ミランダカーも実践「ドライブラッシング」とは
  • 食物繊維は2種類ある!繊維の働きを知って「便秘解消」する方法
  • 「言いたいけど言えない」優しい彼氏ほど隠している「本音」とは?
  • むっちりボディーでも安心!冬太りしてもエロ映える水着
  • 花粉症の季節に困る!マスクでよれないメイクのコツ