男性の目が思わず釘付けになってしまうのは、胸の形が美しく見えていること。おっぱいをきれいに見せるには、どうしたらいいのでしょうか? 下着や服装、姿勢など胸を綺麗に見せる方法を具体的にまとめました。どれもすぐに実践できることばかりなので、今すぐ真似してみましょう。
 
洋服の上からバストの形を美しく見せるには、どうしたらいいのでしょうか? おっぱいを美しく見せる洋服の選び方や、姿勢の正し方、エクササイズなどを紹介します。
 

下着を正しくつける

 

胸を美しく見せるには、下着を正しくつけること。ブラジャーをきちんとつけることによって、小ぶりなおっぱいもピンと上向きに見せることができます。
二の腕に柔らかい脂肪がつきやすい人は、その余分な脂肪がバストに移動するようにマッサージから始めましょう。まず脂肪が動かしやすいように二の腕をよくマッサージして、柔らかくします。脂肪を細くするようなイメージで揉み込みます。
 
手の平を使って、脂肪を胸の上の方に持ってくるように動かします。脇の下にはリンパもあるため、二の腕から脇の下、バストの順番で流していきます。1日だけでは変化は感じられなくても、継続していきましょう。

パッドなどを使用する

 

胸の大きさにコンプレックスがある場合は、パッドなどを使用して胸を大きく見せる方法もあります。ブラジャーにパッドを入れるなどして、谷間を作れば美しい胸に見せることもできます。
 
最近はシリコンタイプの柔らかくリアルな胸のようなパッドもあるようです。
 

筋トレをする

 

胸を支える筋肉を鍛えて、バストアップを狙う方法もあります。大胸筋を鍛えて、年齢を重ねても重力に負けないバスト作りをします。大胸筋を鍛えるために腕立て伏せが効果的です。
 
膝を立てて、お尻と腹筋に力を入れて、真っ直ぐになるように意識します。腕は肩幅に広げ、少し広めに開いて腕立て伏せをします。おろすときはゆっくり、下まで深く腕立て伏せをして、あげる時はスピーディーに持ち上げます。15回を2セット行い、間に30秒のインターバルを挟みます。
 

正しい姿勢

 

胸が美しく見えにくい原因は、猫背で肩が内側に入っていること。胸を美しく見せるには胸を張ることです。胸を張るだけだと肋骨も広がったままになってしまうため、腹筋に力を入れて、肋骨を閉じましょう。肩の力は抜き、顎をやや引きます。
 
歩く時もやや上向きの正面を向くようにしましょう。正しい姿勢を維持できるように、毎日意識しましょう。

ぴったりとした服を着る

 

胸を美しく見せるには、胸のラインが見えるような服装を着ること。しかし胸の大きさにコンプレックスがある場合には、胸元にフリルがあるものもおすすめです。控えめの胸にはフリルでボリュームがあるように見えますし、大きめの胸も視線が分散できます。
 
洋服を購入する時には、必ず試着をするようにしましょう。また首元が大きく開いた洋服なら胸だけでなく、首筋などもきれいに見え、顔まわりも明るくなります。
 

胸を美しく見せよう!

 

男性の目を釘付けにし、女性からは「あの人、すごくバストの形がきれいよね」と言ってもらえるようにするには、毎日少しだけ意識してみることが大事です。
 
ぴったりした服装をして、姿勢を正してみるだけでも、見え方は変わってきますよ。
 
(番長みるく/ライター)
 
■恋愛すると女性の胸は大きくなるのか?
■胸の開いた服は本当に男受けがいいの?ファッションへの男性の本音
■そうだったの?男性が考える「美おっぱい」の基準ポイント
 

ビューティー】の最新記事
  • 気候の乱れが悪影響を及ぼしたら、超発汗!美肌を手に入れるデトックスヨガがオススメ
  • オフィスできる!目の疲れを取る簡単ヨガ
  • 秋からはチラ見せがエロい! デコルテをきれいに見せるストレッチ
  • 男性なのにツルツル? 男性がアンダーヘアを処理する理由
  • もう悩まない!アンダーヘアのチクチク解消法
  • 気を抜いていたら後悔!ボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 薄着の季節…ムダ毛ケアを怠った女子が受けた屈辱的な現場5選
  • 体臭、乳首の色…男性だけでなく女性もドン引きの「コンプレックス話」