夏になって、紫外線対策をしている女性は多いと思います。では、実際に日に焼けるとお肌はどういう状態になるかご存知ですか?

 

紫外線にもいい働きがあります!

 

肌がヒリヒリするその裏側では、肌細胞が破壊されて老化が進んでいたりします。改めて学んでおきたい「日焼けのメカニズム」をご紹介します。

「紫外線はお肌によくない!」というものの、実際はどんな影響を与えているのでしょうか? アンチエイジングアドバイザーで医学博士の川上智史先生に教えていただきました。

紫外線はその波長が長いものから順にA波、B波、C波に分けられているそうです。このうち地上に届くのはA波(UVA)とB波(UVB)で、C波はオゾン層によって吸収されるのでほとんど届きません。

●A波(UVA)が肌に与える影響
1、肌の黒化(サンタン)
2、シワ・タルミなどの促進
3、毛穴が目立つようになる
4、乾燥

A波(UVA)は、地上の紫外線の約95%を占めています。雲や窓ガラスなども通過して、肌の奥深くの真皮にまで届いてしまいます。そして肌の弾力を保つエラスチンやコラーゲンを変化させるため、このような老化現象につながります。

日焼け止めに表示されている「PA」とは、「プロテクショングレイドオブUVA」の略。A波(UVA)の防止効果があります。明確に数値化された基準はありませんが、日焼け止めには「PA+(防止効果がある)」や「PA+++(防止効果が非常にある)」などと表示されています。

●B波(UVB)が肌に与える影響
1、肌の炎症(赤み、腫れ、水疱など)
2、シミ・そばかすの生成
3、皮膚がん

B波(UVB)はガラスを透過しないのですが、気をつけなければいけないのは晴れた日の屋外。主に肌の表皮に強く作用して、日ざしを浴びた数時間後に肌に炎症を起こしたり、肌の細胞を傷つけます。そして、メラニン色素を増加させて日やけによるシミ・そばかすの原因に。角化のリズムを乱し、角化を早めて肌荒れにもつながります。

日焼け止めの「SPF」とは、「サンプロテクションファクター」の略。B波(UVB)防止効果を数値化したものです。2〜50まで幅があり、最高は「50+」です。

「日焼け」や「肌の老化」というデメリットを知ってしまったら、紫外線対策にも、より気合が入るというもの。

ですが、川上先生は紫外線に全く当たらないことも問題だと言います。
「昔から外で遊ぶ子どもたちは健康的であるといわれてきましたが、これは紫外線の作用によるもの。紫外線は活性型ビタミンDを作ってくれるのです。この活性型ビタミンDは骨を丈夫にする働きがあります。
通常、骨を丈夫にしてくれる紫外線は、朝日が昇ってから午前9時までの間と言われております。朝起きたら、紫外線対策を完璧にする前に、10分くらいでもいいので朝日に当たってみてはいかがでしょうか?」(川上先生)

紫外線の効果を正しく学んでおけば、美容と健康の両立が可能なのです。この夏は賢く紫外線対策をしてみてくださいね。

(取材)医学博士 川上智史先生

Written by 浅川有紀
Photo by Mac Photography

ビューティー】の最新記事
  • ヘアスタイルが決まらない! 髪質別・解決法
  • 実は危険なおしゃれツールだった!?ブーティの落とし穴5選
  • 謎が多いアソコの脱毛!「ハイジニーナ脱毛」の体験レポ
  • あなたの体たるんでない?クリスマスデート前に美肩甲骨を作ろう
  • クリスマスまでに間に合う凹凸「バストアップ」ボディの作り方
  • 思わず赤面!冬にボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 男性本能が求める「ずっと触っていたくなるカラダ」の秘密とは?
  • 男性もびっくり?!アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談5選
あなたへのおすすめ