「情報の双方向性が実現された今、我々メディア人が早急に身につけなければいけないスキルは……」

 

関連コラム

 

自身の仕事論について、鼻息も荒く熱弁を振るう彼。

だけど、あなたはぜんぜん、彼の話が耳に入ってきません。

なぜなら、その鼻の穴からは、ロングな一本鼻毛がぴゅるっと飛び出しているから。

おまけにその先端には、直径2ミリの鼻くそボールが、鼻風にそよそよと揺れているのだから。

(あー、指摘したい。ビシッと的確に、鼻毛クラッカーのことを指摘したい! ってか、どうしてそうなったの、不思議! でも、今それを言うのは失礼かも……)

お気持ち、お察しいたします。

そこで今回は、彼が鼻毛を出しているのを間接的に悟らせ、なお二人の関係性を壊さないためのソーシャルスキル、「鼻毛アイロニー」を解説したいと思います。

男性のプライドは、そのステータスに反比例して高く設定されているもの。

彼女に対して仕事論を熱弁するような男性は、東京タワー以上、スカイツリー未満くらいのプライドを築き上げていると思われます。

下手に指摘すると「バカにしてるのか!」と逆ギレされる恐れがあるでしょう。

では、彼のプライドを立てつつ、上手にそれを悟らせるにはどうするばいいのでしょうか?

古代ギリシアの哲学者であるソクラテスが考案した弁論術「アイロニー(皮肉)」を応用した、筆者独自の秘策を解説します。

●その1:自分の鼻毛を確認する

まずは、あなた自身が鼻毛を出していないか、よくチェックしてみてください。
理由は後ほど言いますが、ここであなたが自身の鼻毛チェックを怠ると、あなたの方が痛い目に遭います。

●その2:彼に「わたし、鼻毛出てない?」と尋ねる

真顔で彼の鼻毛を注視しながら、シリアスに問いかけてください。

●その3:彼が「ん? 出てないよ」と応える

意表を突いた質問に対し、彼はきょとんとするでしょう。
「こいつ、いきなり何言ってるんだ?」とでも言うように。

●その4:悲しげな声で「そう……」と応える

この時の視線もずっと、彼の鼻毛にロックオンし続けてください。

●その5:彼が「あれ? もしかして俺、鼻毛出てる?」と問いかけてくる

あなたのただならぬ眼光に、さすがの彼氏も違和感を覚え、こう問わずにはいられなくなるでしょう。

●その6:犬みたいな目で遠くを見つめる

彼の質問には何も応えず、ただ澄んだ目で遠くを見つめましょう。
きっと、なにもかもが伝わるはずです。

このプロセスをしっかり行えば、彼に鼻毛を出すことはもちろん、鼻毛を出しながら熱弁することの滑稽さ、その不条理性さえも悟らせることができるでしょう。

反省した彼は、すぐさま鼻毛の処理をするとともに、鼻くそボールが発生した原因の追求にも乗り出すに違いありません。

ただし、「その1」で解説した鼻毛チェックを怠ると、大変な悲劇が待っています。

もしもあなたが鼻毛を出していた場合、「その3」のステップで「うん、出てるよ」と言われてしまい、ただいたずらに女子力を下げる結果に終わってしまうからです。

たかが鼻毛、されど鼻毛。

ちなみに、筆者はたった今、鼻毛を出しながらこれを書いていることに気付きました。

ソーシャルスキルって大切ですね。

 

関連コラム

 

別れた彼ともう一度やり直したい!復縁を成就させる方法とは?
イケない関係から相手を本気にさせた女性の行動とは?
自分とは釣り合わない?魅力的な彼と付き合うために
憧れの彼を自分のもとへ引き寄せる方法とは?
Written by Gow! Magazine編集部

ビューティー】の最新記事
  • ヘアスタイルが決まらない! 髪質別・解決法
  • 実は危険なおしゃれツールだった!?ブーティの落とし穴5選
  • 謎が多いアソコの脱毛!「ハイジニーナ脱毛」の体験レポ
  • あなたの体たるんでない?クリスマスデート前に美肩甲骨を作ろう
  • クリスマスまでに間に合う凹凸「バストアップ」ボディの作り方
  • 思わず赤面!冬にボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 男性本能が求める「ずっと触っていたくなるカラダ」の秘密とは?
  • 男性もびっくり?!アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談5選
あなたへのおすすめ