デリケートな爪は、ちゃんとケアしてあげないとトラブルを抱えてしまいます。

 

おかしいなと思ったら早めに医師の診察を

 

 しかし、忙しい毎日に紛れてつい疎かにしがち。今回は、よくありがちな爪のトラブルと、その対処法を紹介します。爪の先まできちんとケアして美しさを保ちましょう。

■巻き爪

 爪の端っこがどんどん内側に巻いていってしまう巻き爪。ひどくなると歩くのも困難になるほど痛むので、早めの対処が必要です。
巻き爪になる原因は、足に合わないきつい靴、爪の切り方などです。さらに形成外科のメカノバイオロジー・メカノセラピー研究室により、歩く機会の少ない人は巻き爪になりやすいという説が検証されています。爪は放っておくと自然と内側に丸まる習性があるので、歩くことにより下からの圧力がかかって平らな状態を保つことができるということです。
巻き爪を防ぐにはなるべく毎日歩くこと、爪を切るときに角を丸くせずまっすぐに切ること、足に合った靴をはくことが大切です。

■二枚爪

 爪が薄く二枚に分かれてしまう二枚爪。見た目がよくないので気になってしまいますよね。二枚爪になる原因は、日常的にピアノを弾いたり、爪切りを使ったりして爪に強い衝撃を加えること、貧血、揮発性の高いネイルケア用品、爪の主成分であるたんぱく質の不足などです。
予防するには、爪を切るときに衝撃の強い爪切りではなくやすりを使うこと、爪が乾燥しないよう専用のクリームなどでケアすること、食事からたんぱく質を摂取することが大切です。

■爪水虫

 水虫というと足の裏というイメージがありますが、爪にも水虫はできます。なんだか爪が白っぽくなってきた、ボロボロと崩れてくるという場合は、爪水虫を疑ってみましょう。
爪水虫は、白癬菌と呼ばれる菌に感染することから起こります。特に、ストッキングやブーツなど、足が蒸れやすい環境を好むので女性は注意が必要です。
白癬菌に感染しやすいのは、浴室やプールなど、裸足になることで感染者の皮膚が落ちやすい場所。完全に防ぐことは難しいので、足を隅々までキレイに洗ったり、5本指靴下を利用して蒸れない工夫をするなど、自衛手段を取りましょう。
もし爪水虫になってしまったら、皮膚科で診察を受けてください。市販の外用薬は爪の中の組織までは届きにくいので、内服薬のほうが効果的です。内服薬は薬局では手に入らないので、専門医の診察が必要になります。

 指先は意外と人に見られている場所。特に手の指は目が届きやすいので、爪が汚いと幻滅されてしまいます。正しいやり方でこまめにケアしてあげましょう。また、一度トラブルを抱えると非常に悪化しやすいので、おかしいなと思ったら早めに医師の診察を受けることが大切です。

 

関連コラム

 

「独身」生活から抜け出した女性の奇跡の体験談
元彼と奇跡の復縁を果たした女性の秘密のその方法とは?
人生が変わった! あなたの出会いを叶える場所と方法は!?
浮気を阻止!?彼を誘惑から守った驚愕の占いサイトとは?
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Stéfano Obregón

ビューティー】の最新記事
  • ヘアスタイルが決まらない! 髪質別・解決法
  • 実は危険なおしゃれツールだった!?ブーティの落とし穴5選
  • 謎が多いアソコの脱毛!「ハイジニーナ脱毛」の体験レポ
  • あなたの体たるんでない?クリスマスデート前に美肩甲骨を作ろう
  • クリスマスまでに間に合う凹凸「バストアップ」ボディの作り方
  • 思わず赤面!冬にボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 男性本能が求める「ずっと触っていたくなるカラダ」の秘密とは?
  • 男性もびっくり?!アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談5選
あなたへのおすすめ