なんとなくあか抜けている人の共通点、それはズバリ「小顔」です。顔が小さいと、全身のバランスがよく見えて、誰でも3割増しでいい女に見えます。

 

小顔に見せる裏ワザ

 

ポイントは、「小顔になる」のではなく、「小顔に見せる」こと。もちろん、エクササイズなどで顔周りのお肉を落として本当に小顔になるのが一番なのですが、それは一朝一夕では無理ですから、明日からできる裏ワザとして「小顔に見せる」方法をご紹介しましょう。

・メイクで小顔に見せる!
メイクで小顔に見せるためのポイントは、立体感を出すことにあります。つまり、顔の凹凸を強調したメイクをすることで、小顔効果が得られるのです。具体的には、肌よりもやや濃いめのフェイスカラーを、こめかみからエラの部分にかけてつけることで、顔に影を演出します。さらに、頬のトップなどに明るい色でハイライトを入れることで、さらに凹凸のはっきりした顔になります。髪の生え際に濃いめのカラーを入れるのも小顔効果あり。芸能人が実際に行っていることでも有名なメイクです。

・髪形で小顔に見せる!
小顔に見せる髪形の基本は、髪をふんわりさせることと、頬のエラを隠して顔の面積を小さくするということです。頭全体に占める顔の比率が大きいと、顔が大きく見えるので、髪をふんわりさせることで一定の小顔効果はあります。肩までの髪をふんわり内巻きにカールさせて、頬をかくすのが小顔ヘアーの王道。ただし、髪の量が多い人は、あまりふんわりさせると頭全体が大きく見えてしまうので、その点は要注意です。

・服装で小顔に見せる!
服装によっても顔の大きさは全く違って見えます。たとえば、程よく胸元のあいた服は、デコルテから首をすっきり見せてくれる上に、顔を小さく見せてくれます。それに大きめの襟がついていれば、さらに小顔効果アップ。逆に首の詰まったシャツやタートルネックのセーターなどは、顔を大きく見せてしまうので、小顔に見せたいときにはNGです。また、胸元の詰まった服は、ガードが固そうに見えることから男性には人気がありませんので、その点でもあまりおすすめできません。

・アクセサリーで小顔に見せる!
首元のアクセサリー、つまりネックレスでも小顔効果は狙えます。細いチェーンのネックレスを付けているよりも、大ぶりの石やガラスをつかったボリュームのあるデザインのほうが顔は小さく見えます。ただし、あまりにも派手なアクセサリーや品のないデザインのネックレスは嫌がる男性も多いので、程よいネックレスを持っておくとよいでしょう。
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by YangChen(TW)

ビューティー】の最新記事
  • 実は危険なおしゃれツールだった!?ブーティの落とし穴5選
  • 謎が多いアソコの脱毛!「ハイジニーナ脱毛」の体験レポ
  • あなたの体たるんでない?クリスマスデート前に美肩甲骨を作ろう
  • クリスマスまでに間に合う凹凸「バストアップ」ボディの作り方
  • 思わず赤面!冬にボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 男性本能が求める「ずっと触っていたくなるカラダ」の秘密とは?
  • 男性もびっくり?!アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談5選
  • 愛されるために徹底したいムダ毛ケアのポイント
あなたへのおすすめ