ジェシカ・アルバ(33)の美肌の秘訣は韓国製のパックにあるという。

 

顔の色つやをよくするために

 

 パック中は「殺人犯の顔」のようになってしまうというジェシカだが、顔の色つやをよくするためにそのパックを愛用しているとピープル誌に語った。「一番のは韓国製のものなんだけど、こういうフェイスパックを使った時、衝撃を受けたわ」「80年代のホラー映画の中の殺人犯みたいになってしまうからね」

 2012年の環境に優しい洗剤類やベビー用品を取り扱うオネストを創立したジェシカは、男性特有の前立腺がんや精巣腫瘍の啓発を目的としてヒゲを生やすことを促すムーベンバー・ムーブメントに最近参加していた。オネストで対象商品が購入されたごとに1ドル(117円)ずつ同プロジェクトに寄付するという形で参加しているジェシカだが、同プロジェクトが男性たちがその病気のことを「忘れない」ための「クールな」方法とし、夫キャッシュ・ウォーレンにも口ひげを生やさせようとしている。「ムーベンバーは私にとって大切なの。なぜなら、私には可能な限り最大限に長生きして最高に健康的な男性たち、つまり、父、夫、弟がいるからね」「男性は昨医者を訪れた確率が24パーセントも低いようなの。だから、このムーブメントは私たちが男性たちを注意してみるという意味でも、自分自身のことに気をつけるという意味でもクールで、そのことを忘れさせないという方法なのよ」「私の弟も毎年参加しているわ。父と夫はちょっと説得しなきゃだめね」「このムーブメントは沢山の注目を集めていて、さらに多くの友人達が毎年するようになっているのよ」Written&Photo by bangshowbiz

関連キーワード
ビューティー】の最新記事
  • ヘアスタイルが決まらない! 髪質別・解決法
  • 実は危険なおしゃれツールだった!?ブーティの落とし穴5選
  • 謎が多いアソコの脱毛!「ハイジニーナ脱毛」の体験レポ
  • あなたの体たるんでない?クリスマスデート前に美肩甲骨を作ろう
  • クリスマスまでに間に合う凹凸「バストアップ」ボディの作り方
  • 思わず赤面!冬にボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 男性本能が求める「ずっと触っていたくなるカラダ」の秘密とは?
  • 男性もびっくり?!アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談5選
あなたへのおすすめ