ジェシカ・アルバ(33)の美肌の秘訣は韓国製のパックにあるという。

 

顔の色つやをよくするために

 

 パック中は「殺人犯の顔」のようになってしまうというジェシカだが、顔の色つやをよくするためにそのパックを愛用しているとピープル誌に語った。「一番のは韓国製のものなんだけど、こういうフェイスパックを使った時、衝撃を受けたわ」「80年代のホラー映画の中の殺人犯みたいになってしまうからね」

 2012年の環境に優しい洗剤類やベビー用品を取り扱うオネストを創立したジェシカは、男性特有の前立腺がんや精巣腫瘍の啓発を目的としてヒゲを生やすことを促すムーベンバー・ムーブメントに最近参加していた。オネストで対象商品が購入されたごとに1ドル(117円)ずつ同プロジェクトに寄付するという形で参加しているジェシカだが、同プロジェクトが男性たちがその病気のことを「忘れない」ための「クールな」方法とし、夫キャッシュ・ウォーレンにも口ひげを生やさせようとしている。「ムーベンバーは私にとって大切なの。なぜなら、私には可能な限り最大限に長生きして最高に健康的な男性たち、つまり、父、夫、弟がいるからね」「男性は昨医者を訪れた確率が24パーセントも低いようなの。だから、このムーブメントは私たちが男性たちを注意してみるという意味でも、自分自身のことに気をつけるという意味でもクールで、そのことを忘れさせないという方法なのよ」「私の弟も毎年参加しているわ。父と夫はちょっと説得しなきゃだめね」「このムーブメントは沢山の注目を集めていて、さらに多くの友人達が毎年するようになっているのよ」

 

関連コラム

 

元彼との復縁実話!復縁を叶えた方法とそのタイミングとは?
未来のない不倫関係…諦めていた恋が動きだした瞬間とは
禁断の愛から真実の愛を掴んだ驚愕の不倫体験談
幸せを掴んだ!夫と離婚して不倫相手と結ばれた女性のエピソード
Written&Photo by bangshowbiz

関連キーワード
ビューティー】の最新記事
  • 愛され女子が徹底したい! ムダ毛ケアのポイント
  • 男が求めているヘアメイク!愛され女子の外見をつくるには?
  • 謎が多いアソコの脱毛!「ハイジニーナ脱毛」の体験レポ
  • おしゃれを、夏を満喫できない! 「残念な女」がやりがちな手抜きケア4選
  • 「言いたいけど言えない」優しい彼氏ほど隠している「本音」とは?
  • 忘れがち!浴衣でうなじ美人になれるストレッチ方法
  • 夏に最適……陰ヨガのハラーサナで「女のキレイ」を取り戻す
  • 職場の空調がツライ…効きすぎエアコンから肌や身体を守る方法