生理の後にダイエットをするとやせるというのはなぜか。それは女性の2大ホルモンが関係するからです。

 

豆乳を飲むことで効果的に

 

 女性の2大ホルモンとはエストロゲンとプロゲストロンというものです。これらは生理を促す女性ホルモンで、この二つのホルモンの役割を知っているとダイエットにも応用できます。エストロゲンの分泌は生理が終わるころに上昇し、排卵を境に減少します。ここからプロゲストロンの分泌が高まりますのでリズムを知るとやせやすい日や、効果的な時期が分かります。

 エストロゲンが分泌されている低温気がずばりダイエットに最適な時期です。逆にプロゲストロンが分泌される高温期は体重を増やさない程度にとどめましょう。効果的なのはエストロゲンが分泌されているじきです。月経が終わった後なので、心も体も調子が良く集中力がアップします。運動も多少の無理がきくし、心地よく感じられます。新陳代謝が活発になっているのでエクササイズも効果があります。この時期から始めるといいでしょう。

 一方プロゲストロンが分泌される高温期は体がだるくて疲れやすいうえ、集中力もなくなります。そのうえ水分をため込みやすく体がむくみがちなので、この時期に減量しようとしても、うんドンしているのに体重が減るどころか増えた、ということもあるはずです。この時期に無理な運動や食事制限をすると、ストレスばかり溜まります。脳がストレスを感じると過食をしたり、自律神経の働きが悪くなり太りやすい体になりがちです。この時期は減量より脂肪量をこれ以上増やさないように心がけましょう。むくみやすく、イライラする人も多い月経期も同様です。

 月経期を100として、皮脂の分泌量の変化を見てみると、卵胞期(低温期)には少なく、黄体期(高温期)に多くなっていることが分かっています。とくに黄体期後期(月経になる少し前)には分泌量がピークになります。この時期は特に脂肪が燃焼されにくくなるので、減量をしようとしてもあまり効果がないと考えた方がいいでしょう。月経1週間前から毎朝豆乳を飲むと月経後の低温期に効果的に体重が落とせます。大豆のイソフラボンという成分は女性のエストロゲンと似た効果が得られます。ですから激減するエストロゲンは、豆乳を飲むことでその役割を補うことができますが、2つの女性ホルモンのバランスが崩れ、エストロゲンの働きが強まると、子宮内膜増殖症や子宮体がんを引き起こす場合がありますので、豆乳は一回に飲む量は200ml程度をお勧めします。

 

関連コラム

 

元彼との復縁実話!復縁を叶えた方法とそのタイミングとは?
未来のない不倫関係…諦めていた恋が動きだした瞬間とは
禁断の愛から真実の愛を掴んだ驚愕の不倫体験談
幸せを掴んだ!夫と離婚して不倫相手と結ばれた女性のエピソード
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by solovieff.net

ビューティー】の最新記事
  • ヘアスタイルが決まらない! 髪質別・解決法
  • 実は危険なおしゃれツールだった!?ブーティの落とし穴5選
  • 謎が多いアソコの脱毛!「ハイジニーナ脱毛」の体験レポ
  • あなたの体たるんでない?クリスマスデート前に美肩甲骨を作ろう
  • クリスマスまでに間に合う凹凸「バストアップ」ボディの作り方
  • 思わず赤面!冬にボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 男性本能が求める「ずっと触っていたくなるカラダ」の秘密とは?
  • 男性もびっくり?!アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談5選
あなたへのおすすめ