どんな美人でも、鼻毛がピロンとはみ出ているとキレイに見えないですよね。でも、忙しい毎日にまぎれてついお手入れを忘れてしまいがち。今回は、鼻毛を上手に処理するための方法と、鼻毛の持つ意外な役割についてまとめてみました。

 

適度にお手入れして

 

■鼻毛はニオイの感知人

 鼻毛の中でも、粘膜に細かく生えている嗅毛と呼ばれるものは、粘膜で溶けたニオイの微粒子に刺激され、その信号を脳に送るという重要な役目を果たしています。嗅毛があるから、私たちはニオイを判別することができているのですね。
もし、ニオイを嗅ぐことができなかったら、食べ物が腐っていても分かりません。鼻毛は、命を守ってくれているのです。

■鼻毛によって快適に保たれる鼻の中

 鼻毛には、外から入り込む小さな虫やほこりをキャッチしたり、鼻の中の温度や湿度を保ったりする役目もあります。
鼻は外部からの空気に一番最初に触れる場所なので、汚いものが体の中に入らないよう守ってくれているのですね。
そう考えると、見た目が悪いからといってやみくもに抜いてしまうのはもったいない気もします。

■鼻毛の上手な処理の仕方

 よく、マンガに中年の男性が涙を浮かべながら鼻毛を抜くシーンが出てきますが、実はこれ、とても危険な行為なのです。
無理に鼻毛を抜くと、そこから雑菌が入り込み、毛根が細菌感染を起こします。鼻は脳に近い場所にあるので悪影響を与え、運が悪いと死んでしまうこともあるのです。

 鼻毛を処理するときは、抜くのではなく剃る方法を選びましょう。小さなハサミでチョキチョキ切るやり方もありますが、深く切りすぎて嗅毛までカットしてしまったり、先端で粘膜を傷つけたりする心配もあります。
一番安全なのは、鼻毛カッター。先が丸くて粘膜を傷つける心配がないし、バリバリと気持ちよく剃れます。製品によっては水洗いできるものもあるので、清潔に使えるところも魅力的です。

■空気のきれいなところに住もう

 鼻毛は、その役割を果たすため、空気の汚れているところにいるとグングン伸びてきます。ですから、大きな道路沿いなど空気の悪い場所に住んでいるのなら、思いきって引っ越しをすると伸びにくくなるというわけです。お金はかかりますが、汚れた空気は鼻以外にも体全体に悪影響を与えるので、真剣に検討したほうが良いでしょう。
また、外の空気がきれいでも、肝心の家の中がほこりだらけでは意味がありません。毎日は無理でも、せめて週末にはすべての部屋の窓を開けて掃除をするようにしましょう。

 1本見えているだけで、百年の恋も冷めさせる鼻毛。しかし、意外と役に立ってくれていたのですね。伸びない環境づくりに配慮しつつ、適度にお手入れしながら上手に付き合っていきましょう。

 

関連コラム

 

10年越しの恋… アラサー女子が下した最後の決断
アソコのニオイが…男性が語るデリケートゾーンの微妙な真実
誰にも言えない上司との「不倫愛」を結婚に導いた方法
タンポポ川村エミコが14.5kg痩せた秘密を完全公開
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Kyudotsg ( BE Chua ) (改変 gatag.net)

ビューティー】の最新記事
  • 男性は意外と敏感! 別れの原因にもなるアンダーヘアの処理事情
  • 男性の7割が気にしている!? 女性の「デリケートゾーンのニオイ」体験談
  • チャンスを逃した……「黒ずみ」が招いた赤裸々失敗談7選
  • 恋愛チャンスを台無しにする! 「冬のムダ毛エピソード5選」
  • 自己流で処理するのは危険!? アンダーヘアのイタイ失敗談
  • やっぱり大きいおっぱいが欲しい! 女性が思う理想のおっぱいとは?
  • コロナ対策でも万全! マスクで崩れないメイクのコツ
  • アンダーヘアはどう処理すればいい? 処理方法・男性が好む毛の量