肘って、普段あまり気にしませんよね。でも、実はとても黒ずみやすい要注意な場所なのです。知らないのは自分ばかりで、人からはバッチリ見られていることも……。今回は、肘が黒くなってしまう原因と、その解消法についてまとめてみました。こまめなケアで、後ろ姿美人を目指しましょう。

 

毎日のスキンケアにひと手間加えて

 

■肘が黒ずんでしまう原因

 肘の黒ずみの原因は、摩擦や圧力です。肌は、これらの刺激を受けると「攻撃されている」と感じ、防御反応として過剰にメラニンを作り出すのです。そして、蓄積されたメラニンはなかなか元通りにはなってくれません。
でも、体の中には、同じように摩擦や圧力を加えても黒くならない場所もありますよね。肘がこんなにも黒ずみやすいのは、そこに皮脂腺が少ないからです。うるおいのバリアーで守られていない肘は、少しの刺激でも大ダメージを受けてしまうのです。

■こんな習慣が肘の黒ずみをつくり出す

 机に肘をついたり、肘が布地でこすれるようなぴたっとした服を着たりする人は、黒ずみが起こりやすくなります。日常的に刺激を与え続けているのですから当然ですよね。また、お風呂で体を洗うとき、ナイロン製のタオルでごしごしとこすっている人も要注意。ナイロンのような化学繊維は肌への摩擦が大きいので、できればシルクやコットン素材のものを使ったほうが安心です。

■肘の美しさを守るために気を付けること

 肘をつく習慣のある人は、まずそれをやめましょう。机に肘をつくと、予想以上に大きな圧力がかかります。それに、このような姿勢はなんとなくだらしない印象になりますよね。背骨が曲がる原因にもなって、百害あって一利なしです。
ぴたっとした洋服の好きな人は、なるべくゆったりしたものに変えてみましょう。サラッと肌の上を滑るシルクのような素材なら尚のこと良いです。

■スキンケアをするときは、必ず肘にも気を配る

 顔のお手入れは毎日しているという人でも、肘まではなかなか気が回らないことが多いもの。しかし、皮脂腺の少ない場所だからこそ、意識して水分や油分を与え続けてあげないと、デリケートな肘は悲鳴をあげてしまいます。顔に化粧水や乳液を塗るときは、忘れずに肘にも塗る癖をつけましょう。
また、お風呂で洗う際はゆっくりと湯船につかって肌をやわらかくし、スクラブ入りのジェルでそっと表面をこすりましょう。古い角質が剥がれ落ち、真っ白な皮膚が顔を出しやすくなります。刺激を与えすぎないよう、頻度は月1、2回程度が適当です。

 肘の白さを守るためには、無駄な刺激を避けてこまめにお手入れすることが大切。慣れてしまえばそれほど面倒ではないので、毎日のスキンケアにひと手間加えてみましょう。

 

関連コラム

 

「もう二度と復縁はない」と言われた元彼とヨリを戻す方法
「恋愛≠ダイエット成功」は本当だった!
夏目前、これから始まる出会いの季節に備えて…ひと夏の恋を!
惚れっぽい性格が嫌…本当に好きな人を見つけ出す方法
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Linh Võ (改変 gatag.net)

ビューティー】の最新記事
  • 体臭、乳首の色…男性だけでなく女性もドン引きの「コンプレックス話」
  • 男性もびっくり!? アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談4選
  • 男性は意外と敏感! 別れの原因にもなるアンダーヘアの処理事情
  • 男性の7割が気にしている!? 女性の「デリケートゾーンのニオイ」体験談
  • チャンスを逃した……「黒ずみ」が招いた赤裸々失敗談7選
  • 恋愛チャンスを台無しにする! 「冬のムダ毛エピソード5選」
  • 自己流で処理するのは危険!? アンダーヘアのイタイ失敗談
  • やっぱり大きいおっぱいが欲しい! 女性が思う理想のおっぱいとは?