口のまわりにくっきりと浮き出る、まるでブルドッグのようなシワのことを「ほうれい線」と呼びます。これがあるとないとでは顔の印象がまったく違うので、気にする女性は多いもの。今回は、このほうれい線を目立たなくする方法についてまとめてみました。あきらめずにケアして、若々しい印象を取り戻しましょう!

 

努力しだいで薄くすることは可能

 

■ほうれい線ができる原因

 ほうれい線ができる主な原因は、乾燥、紫外線、肌のたるみ、ストレス、不規則な生活などです。
肌が乾燥すると支えが失われて肌がたるみ、全体に下へ下がってしまいます。また、紫外線を浴びることにより、肌のハリを保つことに必要なコラーゲンとエラスチン、それらを作り出すための細胞に傷がつき、分泌量が減ります。
さらに、ストレスは肌細胞を攻撃する活性酸素の元になるし、暴飲暴食などの不規則な生活を続けていると、肌に必要な栄養が足りなくなってしまいます。

■ほうれい線を作りやすい行動

 寝るときに顔を横向きにする習慣のある人や、うつむくことの多い人は、それだけ頬の肉が下がりやすくなります。また、ポニーテールのように皮膚を上向きに引っ張る髪型をすることの多い人は、髪をおろすときに引っ張られていた皮膚が戻りきれずにたるんでしまいます。

■ほうれい線を目立たなくするには

 まず、上に挙げたよくない習慣を改めることが大切です。早寝早起き、栄養バランスのとれた食事、紫外線ケアに気を配りつつ、ストレスはなるべく早めに発散させる、上向きで寝る、できるだけ前を向くようにする、皮膚を引っ張るような髪型をやめることに気を付ければ、かなりの予防になるはずです。
そして、もうできてしまったほうれい線対策。「シワをまっすぐ伸ばす」ことを頭において、エクササイズをしてみましょう。口の両端に指をあてて上下に引っ張ってみたり、舌を使って中からシワを押し出すようにすると効果的です。舌を使う場合は、口のラインに沿って舌をぐるぐると回すことを、右回り、左回りともに20回ずつ行いましょう。

■デスクワークの人は、ほうれい線ができやすい

 仕事でパソコンをよく使ったり、人間関係によるストレスがたまったりと、昔の人に比べて現代人はほうれい線ができやすくなっています。紫外線の量も、どんどん増えていますよね。
特にデスクワークの人は、下を向く機会が多いし、首や肩がこることからむくみやすくなります。顔がむくめば当然重量が増して、皮膚が下へ下がってしまうのです。
仕事の合間に、少しずつ休憩をとって首や肩をほぐしましょう。椅子に座ったまま、のけぞるように体全体を後ろに倒すこともおすすめです。

 実年齢よりも、ずっと老けて見えるほうれい線。努力しだいで薄くすることは可能なので、あきらめずにお手入れしていきましょう! 

 

関連コラム

 

年下男性の本音!「アラサー女性におばさんを感じる瞬間6選」
痩せてるのにメタボ判定!?栄養バランスが悪い女の怖い話
心がこもってなさすぎ!しらじらしい初対面での褒め言葉
「私服がゴルフルック…」オジサン彼氏を持つ女性の悩み10選
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by theodore moniodis

ビューティー】の最新記事
  • ヘアスタイルが決まらない! 髪質別・解決法
  • 実は危険なおしゃれツールだった!?ブーティの落とし穴5選
  • 謎が多いアソコの脱毛!「ハイジニーナ脱毛」の体験レポ
  • あなたの体たるんでない?クリスマスデート前に美肩甲骨を作ろう
  • クリスマスまでに間に合う凹凸「バストアップ」ボディの作り方
  • 思わず赤面!冬にボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 男性本能が求める「ずっと触っていたくなるカラダ」の秘密とは?
  • 男性もびっくり?!アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談5選
あなたへのおすすめ