全体の印象をガラッと変えることのできるカラーリング。便利だけれど、美容院でやってもらうとけっこうな金額がかかってしまいますよね。そこで、ドラッグストアで数百円で手に入る市販のカラーリング剤となるわけですが、ムラになったり、髪が傷んだりとなにかとトラブルが多いのが実情。どのようにすれば、成功させることができるのでしょうか?

 

コツさえ飲みこんでしまえば大丈夫!

 

■染める前にパッチテストをしよう

「パッチテスト」とは、初めて使う化粧品が肌に合うかどうかを確かめるため、少量を肌に塗って密着させ、時間をおいて様子を見ることです。特に肌の弱い人は必ずパッチテストをしておいたほうが良いでしょう。また、今までカラーリング剤によるかぶれのなかった人でも、その日の体調によってはかぶれてしまうこともあるので、髪を染める2日前には毎回行うことをおすすめします。

<パッチテストのやり方>

? カラーリング剤をプラスチックの器に出し、1剤と2剤をよく混ぜ合わせる。
? 腕の内側など、目立たない場所に塗る。(10円玉ぐらいの大きさ)
? そのまま48時間おいて様子を見て、かぶれなければ使用OK!
※万が一異常が起きた場合は、すぐに洗い流して皮膚科医の診察を受けてください。

■ムラなく染めるために守ってほしいこと

 カラーリングをするときは、シャンプーをして髪を清潔にしておきましょう。整髪料などが残っていると、その部分がうまく染まらずムラになってしまうことがあります。そして、カラーリング剤が垂れて目に入らないよう、しっかりと乾かしてください。

 次に、中までしっかり染められるよう、髪をブロッキングしていきます。頭頂部を中心に、4つに分けてくださいね。

 塗る順番は毛先から。頭皮は体温が高いので、先に頭皮から塗り始めると毛先よりも明るくなってしまいます。全体を塗り終わったら、ラップなどで覆って温めると浸透しやすくなりますよ!

■カラーリング後に気を付けること
 
 カラーリング剤はキューティクルを剥がして薬剤を浸透させます。そのため、髪に与えるダメージはかなりのものになってしまうのです。普段はシャンプーとリンスだけという人も、カラーリング後はトリートメントで髪をいたわってあげましょう。シャンプーをする際に、髪同士をこすり合わせてゴシゴシしないことも大切です。

 また、頭皮へのダメージを軽減させるため、保湿力の高い化粧水などを使って保護してあげることも必要。ドライヤーは、退色を防ぐためなるべく低い温度で使うようにしましょう。

 難しいセルフ・カラーリングも、コツさえ飲みこんでしまえば怖くありません。美容院で施術してもらうときに比べると数千円ものお金を節約できるので、機会があればぜひチャレンジしてみてください。ただし、髪のダメージを考えて、染める頻度は調整しましょう。

 

関連コラム

 

「彼氏いない歴=年齢」地味で根暗女子のシンデレラ恋愛体験
破局したら人生終了? 失恋をプラスにして素敵な女性になる方法
読むだけで妊活になる…口コミで流行中の子宝メルマガの凄い内容
2番目の女はいや!誰よりも貴方を愛してくれる人に巡り合う方法
別れた後も関係がずるずると…だらしない関係を終わらせた方法
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Hoàng Duy Khang - 0932.042.042 (改変 gatag.net)

ビューティー】の最新記事
  • 男性の7割が気にしている!? 女性の「デリケートゾーンのニオイ」体験談
  • チャンスを逃した……「黒ずみ」が招いた赤裸々失敗談7選
  • 恋愛チャンスを台無しにする! 「冬のムダ毛エピソード5選」
  • 自己流で処理するのは危険!? アンダーヘアのイタイ失敗談
  • やっぱり大きいおっぱいが欲しい! 女性が思う理想のおっぱいとは?
  • コロナ対策でも万全! マスクで崩れないメイクのコツ
  • アンダーヘアはどう処理すればいい? 処理方法・男性が好む毛の量
  • 女性に本音を聞く! 理想の男性のアンダーヘア