おいしい食べ物があふれ、お金を出せば簡単に手に入る現代の日本。「食べることが大好き!」な人にとっては、誘惑が多いですよね。ダイエットを頑張って痩せても、油断してしまって結局リバウンド……なんてことにならないよう、日々自分を戒めていく方法を説明します!

 

いかに誘惑を断ち切れるかどうか

 

■部屋に戒めの言葉を書いた紙を貼っておく

 自分の部屋の目立つ場所に「その一口がデブの元」「目指せ○○(好きな女優やモデルの名前)」などと書いた紙を貼ってみましょう。こうした言葉を目にするだけで、不思議と気が引き締まるものです。

■一番太っていた頃の写真を持ち歩く

 財布や定期入れなどに、自分が最も「みにくい」と感じていた頃の自分の写真を入れて持ち歩きましょう。つい誘惑に負けそうになったら、その都度取り出してじっと眺めてみるのです。1度だけなら、誘惑に負けてもたいして影響はありません。しかし、それが何度も続けば、また写真の中の自分に戻ってしまうことは避けられない。そう思えば、我慢できることも増えるはずです。

■ダイエット友達を作る

 自分のことというのは、見えているようで案外分かっていないものです。一緒にキレイになる「ダイエット友達」を作って、お互いを注意し合いましょう。
「ちょっと顔に肉が付いてきたんじゃない?」「あ〜あ、そんな甘いお菓子ばっかり食べてちゃダメだよ」なんて冗談交じりに言い合うのは楽しいですよ。
それに、相手がキレイになれば「負けていられない」と競争心に火がついてやる気も出てきます。

■SNSでダイエット宣言をしてしまう

 TwitterやFacebook、ブログなどのSNS。自分のつぶやきや日記が簡単に投稿できて便利ですよね。リアルタイムに反映されるところも魅力です。
このSNSを使って、ダイエット宣言をしてしまいましょう。一番最初に現在の体重と目標体重を書き「あと○○?痩せる」と言い切るのです。同じように頑張っている人たちのコミュニティサイトに参加するのも良い刺激になっておすすめ。
別に、読む人にとっては赤の他人が痩せようが太ろうがあまり興味はありません。しかし、人間は口に出してしまうと「やらなきゃ」という気になるし、約束が守れないとなんとなく後ろめたい気持ちにもなるので、戒め効果は抜群なのです。

■待ち受け画像に工夫する

 携帯やスマホの待ち受け画像。きれいな景色やかわいい動物、恋人の写真などを使っている人が多いと思いますが、これを一時的に「ダイエット用」に変えましょう。
言葉で「まだ食べる気か?」と注意してくれるものや、イケメン芸能人が優しく「もうやめたら?(笑)」と言ってくれるもの、それから食べ物の色をわざと毒々しい色にして食欲を減退させるものなど、いろいろなラインナップがあります。
画面を見る度に「これじゃいけない!」と気が引き締まるのでおすすめですよ。

 ダイエットが成功するかどうかは、いかに誘惑を断ち切れるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。日々の戒めで、理想の体型を手に入れましょう!Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Νick Perrone (改変 gatag.net)

ビューティー】の最新記事
  • 実は危険なおしゃれツールだった!?ブーティの落とし穴5選
  • 謎が多いアソコの脱毛!「ハイジニーナ脱毛」の体験レポ
  • あなたの体たるんでない?クリスマスデート前に美肩甲骨を作ろう
  • クリスマスまでに間に合う凹凸「バストアップ」ボディの作り方
  • 思わず赤面!冬にボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 男性本能が求める「ずっと触っていたくなるカラダ」の秘密とは?
  • 男性もびっくり?!アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談5選
  • 愛されるために徹底したいムダ毛ケアのポイント
あなたへのおすすめ