一番基本的な顔のお手入れである洗顔。間違ったやり方を続けていると、キレイになるどころか肌を傷つけてしまうことにもなりかねません。今回は、洗顔の際にこだわりたいポイントをまとめてみました。

 

肌に負担をかけない洗い方を

 

■洗顔料選びのポイント

 各メーカーからいろいろな商品が出ていて、どれにしようか迷ってしまう洗顔料選び。大手メーカーのCMを見ていると、いかにも肌に優しい成分でつくられているように感じますが、実は市販のチューブ型の洗顔料は肌に負担をかける可能性大なのです。
チューブ型の洗顔料には、合成界面活性剤が入っているものがあります。これを配合することにより、確かに汚れ落ちはよくなるのですが、洗浄力が強すぎて肌に必要な皮脂やセラミドまで洗い流してしまいます。そして、それをごまかすために人工的に作られた保湿成分を配合し、無理矢理しっとりさせているにすぎないのです。
一番肌に優しいのは、昔ながらの固形石けん。特に、自然原料からのみ作られた純石けんは、適度な洗浄力で汚れを落とし、肌に負担をかけません。

■洗い方のポイント

 洗顔の目的は、肌に必要なうるおいを守りながら、トラブルの原因になる皮脂や汚れを落とすことです。
洗顔回数は少なすぎても多すぎてもよくありません。1日2回、朝起きたときと夜寝る前に行いましょう。

<洗顔の手順>
? 顔を洗う前に、まず手を洗いましょう。手に付いている汚れを顔に付けないようにするためです。そして、髪が顔にかからないよう、ヘアバンドでしっかり抑えてください。
? 余裕があれば、毛穴を開いて汚れを落としやすくするために蒸しタオルをします。そして、洗顔に使うお湯の温度は32度ぐらいのぬるめのものを用意しましょう。顔全体をぬるま湯でよく洗います。これだけで、肌表面に付着している汚れのほとんどは落ちてしまうので丁寧に行ってください。
? 次に、洗顔料を手のひらに適量とり、泡立てていきます。だいたいテニスボールぐらいの大きさに泡立てたら、そっと顔に乗せて泡で包み込むように洗います。直接指で顔をこすると肌に負担がかかるので、泡立ては重要です。
? 仕上げにぬるま湯でよくすすぎます。洗顔料が肌に残っているとトラブルの原因になるので、30回は行ってください。特に、髪の生え際やアゴのラインはすすぎ残ししやすいのでしっかりと。最後に、清潔なタオルでそっと押さえるように水分を拭き取って終了です。

■すすぎ方のポイント

 顔を洗うとき「お風呂に入るついでにシャワーを顔にあてて洗い流している」という人は要注意。シャワーの水圧は、体に比べて皮膚の薄い顔を洗うには強すぎるので、角質がはがれてバリア機能を弱める原因になります。
また、お湯の温度も重要なポイント。冷たすぎると汚れが落ちないし、熱すぎると肌に負担をかけてしまいます。顔の表面から皮脂が溶け出す温度は30度なので、それよりちょっと高めの32度ぐらいが最適です。

 

関連コラム

 

人生が一転! あなたの出会いを叶える場所と方法は!?
「独身」生活から抜け出した女性の奇跡の体験談
復縁、不倫、略奪婚……ツラい複雑恋愛から脱却する唯一の方法
恋愛ってどう進めればいいの?恋愛で失敗しないための秘術
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by theodore moniodis

ビューティー】の最新記事
  • 気づけば毛が伸び放題!自分ではなかなか気付けないムダ毛
  • 男性はおっぱいが大好き! 理想のおっぱいとモテる胸の作り方
  • 気候の乱れが悪影響を及ぼしたら、超発汗!美肌を手に入れるデトックスヨガがオススメ
  • オフィスできる!目の疲れを取る簡単ヨガ
  • 秋からはチラ見せがエロい! デコルテをきれいに見せるストレッチ
  • 男性なのにツルツル? 男性がアンダーヘアを処理する理由
  • もう悩まない!アンダーヘアのチクチク解消法
  • 気を抜いていたら後悔!ボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選