真っ白でキレイな歯並びは美人の条件のひとつ。治したいけど、通院には手間もお金もかかります。それに、大人になってからでも歯並びって治せるものなの? そんな悩めるアラフォー世代の矯正事情に迫ります。

 

本当に必要か慎重に判断して

 

■矯正を始める動機

 実際にアラフォーになってから矯正を始めた人は、どのような理由で決心したのでしょうか?

・毎日の歯磨きをしやすくするため
・歯並びをキレイにするため
・やっと矯正できるだけのお金が貯まったから

 このように、矯正を実現できるだけのお金が貯(た)まり、なおかつ「歯並びをどうにかしたい」という気持ちが高まったときが始め時のようです。歯並びが悪いと見た目もよくないし、歯磨きがしにくくて虫歯や歯周病になるリスクも高まるので、かかりつけの歯医者さんに勧められる人もいます。

■いくらぐらいかかるの?

 それぞれの歯の状態や使用する器具によって違いますが、平均でおよそ50〜80万円ぐらいが相場です。少し治すだけの人なら10万円ほどで終わることもありますし、複雑な治療が必要な人なら総額が100万円を超えることも珍しくありません。
また、器具の調整や相談に通うための費用が1回ごとにかかります。これも歯科医によって違ってきますが、安いところで1回2,000円ぐらい、高いところでは1万円ほどかかることもあります。
費用が高額なため、分割払いが利用できるところもありますが、現金一括じゃないと受け付けてくれないところもあるので事前に確認するようにしましょう。

■アラフォーになってから矯正を始めることのデメリットは?

 歯が生えそろってしまってから長い時間がたっている大人の歯。アゴの柔らかい子供の矯正と比べるとデメリットもあります。

・せっかく歯並びを治したのに、また元に戻ってしまう
・歯並びがよくなることで、それまで見えなかったブラックトライアングルが見えるようになる(歯周病などが原因で歯肉が下がっている部分)
・歯周炎のある状態で矯正を始めると、歯を支えている骨が溶けるスピードが速くなる
・なかなか歯が動かず、矯正に時間がかかる
・装置を付けているので歯磨きしにくく、虫歯や歯周病にかかりやすくなる
・スペースを作るため、健康な歯を抜歯することがある

 他には、無理に歯を動かしたことで歯の神経が死んでしまったり、顎(がく)関節症になってしまうこともあります。後から後悔することのないよう、メリットとデメリットをよく考えた上で決断するようにしてください。

 歯並びのよくない人にとって、矯正は最後の希望。いくつになっても「人前で自信を持って笑えるようになりたい」という気持ちは捨てられないものですよね。しかし、大人になってからの矯正にはさまざまなリスクが付きまとうのも事実。かかる費用も高額なので、本当に必要かどうかを慎重に判断するようにしましょう。

 

関連コラム

 

人見知りで99%諦めていた恋愛運を上昇させ結婚につなげる方法
気になる彼への恋は成就…意中の彼を射止めた方法とは?
片思い、不倫、復縁…辛い恋が一瞬で解決する相談相手とは?
「もっと抱いてほしい!」セックスレス解消のためにすべきこと
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by kchannyc

ビューティー】の最新記事
  • 気づけば毛が伸び放題!自分ではなかなか気付けないムダ毛
  • 男性はおっぱいが大好き! 理想のおっぱいとモテる胸の作り方
  • 気候の乱れが悪影響を及ぼしたら、超発汗!美肌を手に入れるデトックスヨガがオススメ
  • オフィスできる!目の疲れを取る簡単ヨガ
  • 秋からはチラ見せがエロい! デコルテをきれいに見せるストレッチ
  • 男性なのにツルツル? 男性がアンダーヘアを処理する理由
  • もう悩まない!アンダーヘアのチクチク解消法
  • 気を抜いていたら後悔!ボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選