公開日:2014年5月2日
更新日:2018年10月5日


 過去に大流行して以来、今でも人気のスキニーはスラッと細いシルエットが特徴です。もともと足の細い人ならすんなりとはけるのですが、ふくらはぎや太ももに脂肪がついているとそこで引っかかってはくことができません。しかし、そこであきらめてしまうのは悔しいですよね。
 今回は、下半身を引き締めるための方法をまとめてみました。
 

太ももの引き締めにはウォーキングが効く!

 
 歩くたびにたぷたぷと揺れる太もものお肉。見た目も悪いし、おしゃれも制限されてしまいます。だらしなく見えるのも悩みの種ですよね。
そんな太もものたるみを引き締めるには、毎日の地道なウオーキングが効果的です。ただし、間違った方法を続けてしまうと余計に太ももが太くなってしまうので気をつけましょう。
 
 ハイヒールなどの足に負担のかかる靴をはいたり、猫背など、姿勢が悪い状態で歩いたりするのは逆効果です。歩くときには背筋をまっすぐに伸ばし、肘を90度の角度に保ったまま前後に振るようにします。太ももに意識を集中させ、体の中心から上に引っ張り上げられるようなイメージでスムーズに前へ体を運ぶイメージで歩くと、太ももの引き締め効果が上がります。
 

リンパマッサージでむくみを解消させる

 
 下半身は、重力の関係上、どうしてもリンパ液がたまりやすくなります。特に、デスクワークで1日中座りっぱなしだったり、水分をよく摂ったりする人はむくみやすいもの。
 
 これを解消するには、リンパの流れを正常に促すリンパマッサージが効果的です。マッサージは、お風呂に入っているときがもっとも効果的。湯船につかって血行をよくしたら、下半身全体を念入りにマッサージしていきます。つま先から太ももまで、重力に逆らうように下から上へ向かって手を動かすのがコツ。手をグーの状態にして、ググーッと押し上げていきましょう。毎日5分のケアで、引き締まった太ももが手に入りますよ。
 膝の裏は、力を入れすぎないように注意しながら、特に念入りにリンパを流してあげます。
 足首は、バスタブに腰かけた状態でくるくると回すとむくみがとれてスッキリします。
 

睡眠中もひと工夫

 
 むくみが気になるときは、寝るときに足首の下にタオルやまくらなどを置き、足を少し高くすると解消されます。また、続々と新商品が出ているむくみ解消ソックスは、自分の足に合ったものであればむくみ解消に効果がありますが、圧力が強すぎるものを使うと血流が悪くなり、余計にむくんでしまうので注意しましょう。
 
 太もも引き締めソックスなども、圧力が強いほど効果があるように見えますが、睡眠の質を低下させてしまったり、冷えを引き起こしてしまったりと悪影響が出る可能性も。自分の体に合っているか、よく確かめながら引き締めグッズを選ぶようにしましょう。
 
 足がむくみやすいデスクワークの人は、たまに足を浮かせるようにすることでむくみにくくなります。また、水分の摂りすぎもむくみにつながるので、必要以上に水分を摂らないことも大切。仕事が忙しくてもトイレはこまめに行きましょう。ふくらはぎや太ももがスッキリすれば、憧れのスキニーに手が届きます!
 
Written by yummy!編集部
 
■今年こそは!ショート丈のボトムをきれいに見せるための下半身やせ方法
■性格診断|自分を磨いてイイ女に!モテオーラを放つには?
■ティッシュ箱で骨盤周りを鍛える! キレイな形のお尻を作るエクササイズ
 
Photo by Nastya Birdy

関連キーワード
ビューティー】の最新記事
  • 合コンの出会いを恋愛に発展させるために! 愛されメイク
  • ひざ上のぷよぷよお肉を一掃!美人脚を作るヨガポーズ
  • 欧米発の美肌法! ミランダカーも実践「ドライブラッシング」とは
  • 食物繊維は2種類ある!繊維の働きを知って「便秘解消」する方法
  • 「言いたいけど言えない」優しい彼氏ほど隠している「本音」とは?
  • むっちりボディーでも安心!冬太りしてもエロ映える水着
  • 花粉症の季節に困る!マスクでよれないメイクのコツ
  • 女度が増す!彼が喜ぶ名器の作り方