ベースメークのカギとなるのがファンデーション。しかし、肌色に対して色が白すぎたり、皮脂でくずれてしまったりと、ポピュラーな割にはうまく使いこなすのが難しい化粧品です。どのような基準で選べば失敗しないのか、調べてみました。

 

じっくり時間をかけて選んで

 

■パウダー? それともリキッド?

ファンデーションには、大きく分けてパウダーとリキッドの2つがあります。それぞれの特徴と、効果的な使い方をご説明します。

<パウダー>
サラッとしていて付け心地は軽いですが、その分崩れやすいのでこまめな化粧直しができる人向きです。乾燥肌の人が使う場合は、化粧水や乳液などでじゅうぶんにお肌に潤いを与えてからにしましょう。お肌が乾いている状態でパウダーを使ってもうまくなじまず、白く粉を吹いた状態になってしまいます。化粧下地はしっとりするタイプのものを選ぶとファンデーションの付き・もちがよくなります。

<リキッド>
リキッドは、パウダーに比べるとやや重い付け心地になります。油分が多いので、濃いめのテクスチャーのものほどうまく使うのは難しいです。塗るときは、スポンジに適量を含ませてお肌にたたき込むようにしていきます。時間はかかりますが、毛穴もきちんと隠れて美しい仕上がりになるので丁寧に。口の周りなど、時間がたつとヨレやすい部分は、仕上げに何もついていないスポンジで軽くオフしておきましょう。

■色の選び方

ファンデーションは微妙な色の違いのものが何色もそろっているので、根気よく探せば必ず自分の肌色にピッタリのものが見つかります。色は、顔ではなくフェースラインを基準にして選びます。耳からアゴのラインにかけてファンデーションを塗り、塗ったところが目立たないようであれば、それが自分に合った色です。もし白く浮いて見える場合は、もう少し暗めの色を選びましょう。

■ファンデーションでは隠しきれないトラブルには

濃いシミやくまは、ファンデーションを塗っただけでは隠しきれません。そこで役に立つのがコンシーラー。液状タイプやスティックタイプなど種類がいくつかあり、お肌の状態や隠したいポイントに応じて使い分けることができます。

 使う色は、ファンデーションよりも一段暗めが基本。それよりも明るい色だと、付けた部分が白く浮いて目立ってしまうので気を付けましょう。

 また、広い範囲の赤ら顔を隠すなら、グリーンの化粧下地が便利。全体のくすみにはイエローを使ってみてください。青白い顔の人には肌をイキイキと見せるピンクがおすすめです。

ファンデーションは働く女子にとって欠かせないもの。しかし、選び方を間違えてしまうと、かえって印象が悪くなることもあります。自分のお肌の状態や特徴をよく知り、じっくり時間をかけて選んでくださいね。

 

関連コラム

 

出会いが少ない職場でも恋人はできる?もう一つの運命を探す方法
恋愛を諦めていたキャリア女性が「運命の彼」に出会った裏ワザ
アラサー女性の片想いは叶う?人生をガラリと変えた恋愛体験談
同棲相手とのマンネリを脱出して一発逆転ゴールインする方法
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by David Photo Studio

ビューティー】の最新記事
  • 秋からはチラ見せがエロい! デコルテをきれいに見せるストレッチ
  • 男性なのにツルツル? 男性がアンダーヘアを処理する理由
  • もう悩まない!アンダーヘアのチクチク解消法
  • 気を抜いていたら後悔!ボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 薄着の季節…ムダ毛ケアを怠った女子が受けた屈辱的な現場5選
  • 体臭、乳首の色…男性だけでなく女性もドン引きの「コンプレックス話」
  • 女性のコンプレックスがキュンポイント!? 男性がときめく瞬間
  • 男性もびっくり!? アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談4選