どんなにメークやファッションに気を使っていても、指先が整っていなければ台無し。爪は、マニキュアやネイルアートを施すことで、顔と同じぐらい自分をアピールできる場所です。もちろん、ベースとなる爪のキレイさは必要不可欠! こまめなお手入れで、隙のないおしゃれを楽しみましょう。

 

指先は意外とよく見られています

 

■爪を切るタイミング

爪って、どのぐらいの頻度で切っていますか? 長く伸ばすのが好きな人、深爪するぐらい短くしないと嫌な人、長さの好みは人それぞれですが、理想とされている爪の長さは白い部分が1~2mmほど見えている状態。サイクルとしては、およそ2週間に一度のペースで切るぐらいがちょうどいいでしょう。
使用する道具は、できれば爪にダメージを与えやすい爪切りよりも、ファイル(爪やすり)を使ったほうが安心。でも、忙しくて爪のお手入れに時間をかけていられなかったり、面倒だなというときは、お風呂上がりの爪が柔らかくなっている状態のときに爪切りを使えば、ダメージを軽減させることができます。

■爪の整え方の種類

爪の仕上がりの形は、次の4種類に分類されます。

<ラウンド>
サイドをまっすぐ、先端をやや平らな丸いラインに仕上げた形。どんな爪の形の人にも似合うので、ネイルケアに不慣れな人にもおすすめです。

<オーバル>
ラウンドよりもさらに角を丸く削った形。女性らしい、柔らかい印象になります。

<スクエア>
先端をまっすぐに整えた形。かなり個性的な印象になるので、ネイル上級者向き。

<スクエアオフ>
スクエアの形から、少し角を削り取って丸く仕上げた形。ネイルアートをする場合は、この形が最もキレイに仕上がります。

■甘皮のお手入れ

甘皮とは、爪の生え際にうっすらとある皮のことです。自然のままにしておくと見た目がよくないし、爪にいくはずの水分を横取りしてしまって二枚爪の原因にもなるので、お手入れをする際はここも忘れずにチェックしましょう。
ただし、甘皮をカットしてしまうのはNG。甘皮がなくなってしまうと、バクテリアが体内に侵入するのを防ぐことができなくなるので、あくまでも押し込むだけに止めてください。

<甘皮のお手入れの仕方>
? まず、甘皮を柔らかくするために、ぬるま湯を張った洗面器に指を入れてふやかします。
? 次に、キューティクルプッシャー(または、コットンを薄く巻きつけたウッドスティック)の先端を濡(ぬ)らし、爪の生え際の脇のほうから順番に、キューティクルプッシャーをくるくる動かしながら甘皮を押し上げていきます。
? 最後に、親指にガーゼなどの柔らかい布を巻き、爪の溝の部分をくるくると軽くこすってキレイにしたら終了です。

仕事中も、デートのときも、指先は意外と男性からよく見られています。指にムダ毛が生えていたり、皮膚がカサカサしているのも幻滅ですが、爪のお手入れが不十分なのもマイナス・ポイント。だらしない印象を与えてしまうので気を付けましょう。

 

関連コラム

 

恋愛を諦めていたキャリア女性が「運命の彼」に出会った裏ワザ
出会いが少ない職場でも恋人はできる?もう一つの運命を探す方法
変化のない女は飽きられる!男に飽きられない女になるには?
男が求めているヘアメイク!愛され女子の外見をつくるには?
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by tec_estromberg

ビューティー】の最新記事
  • 秋からはチラ見せがエロい! デコルテをきれいに見せるストレッチ
  • 男性なのにツルツル? 男性がアンダーヘアを処理する理由
  • もう悩まない!アンダーヘアのチクチク解消法
  • 気を抜いていたら後悔!ボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 薄着の季節…ムダ毛ケアを怠った女子が受けた屈辱的な現場5選
  • 体臭、乳首の色…男性だけでなく女性もドン引きの「コンプレックス話」
  • 女性のコンプレックスがキュンポイント!? 男性がときめく瞬間
  • 男性もびっくり!? アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談4選