髪質というのは厄介なものです。誰もがうらやむサラサラストレートも、本人にとっては「パーマがすぐとれる」など、悩みの種であったりします。

 

しかし、持って生まれたものはどうにもなりません。自分の髪をよく知り、悩みを解決する方法を考えましょう。髪質別に対処法をまとめてみました。

 

自分の髪質ならではのアレンジ

 

■クセ毛

1本1本がねじれている。ボワッと広がりやすい。ムースをつけてもまとまらない。髪質の悩みの中でも、最も深刻なのがクセ毛ではないでしょうか?

ストレートパーマをかければ一応は解決しますが、髪が傷むし、クセの強さによっては半年ほどで元に戻ってしまったりします。

 

そこで今回は、ストレートパーマをかけずにクセ毛をうまくまとめる方法を調べてみました!

 

<クセを生かしてパーマ風スタイリング>

クセ毛を無理やりまっすぐにしようとするのは難しいので、クセを生かしてスタイリングする方法です。

半乾きの髪に洗い流さないタイプのトリートメントをつけ、少しずつ毛束をとって指でねじりながらドライヤーをあてていきます。指を離したときにクルンとなっていればOKです。

 

仕上げにワックスをもみこみ、全体を整えたら完成です。簡単で仕上がりがかわいいので、ぜひ試してみてください。

 


■ネコ毛

朝頑張ってボリュームを出すようにブローしても、すぐにぺしゃんこになってしまうネコ毛。ふわふわとして女の子らしいので「いいなぁ」と思われることも多いけど、パーマはかかりにくいし、見た目がさみしくなりがちなので、悩んでいる人はたくさんいます。

 

ネコ毛をボリュームアップさせるには、ブロー・テクニックがカギ。ロールブラシとドライヤーでつぶれないトップを作りましょう。

 

<ふんわりトップの作り方>

まず、ふんわりさせたい部分を決めます。そして、毛先からロールブラシで巻き込み、上からドライヤーの温風→冷風をあてることを数回繰り返します。

クセがついたかな? と思ったら上に向けてブラシを引き抜けば、ふんわりトップの完成です。アレンジもしやすいですよ!

 

■量が多い

「ボリュームが出すぎてしまう」という理由で細かいウエーブのパーマがかけづらい。シャンプー後、乾かすのに時間がかかって大変。髪の量が多いと、我慢しなくてはいけないことがたくさんあります。

かといって、美容師さんにといてもらうのにも限界があるし、本当に困ってしまいますよね。

量が多い人は、髪にしっとり感を与えて落ち着かせてくれる猪毛のブラシがおすすめ。また、シャンプーの際はボリュームダウン用のトリートメントをこまめにしましょう。

ドライヤーで乾かすときは、中のほうに風を当てると余計にボリュームが出てしまうので、髪の表面を押さえつけるように乾かすとうまくまとまります。

 

さいごに

 

困った髪質も、特長を生かせばかわいく変身できます。
短所を補うことも大切ですが、自分の髪質ならではのアレンジ方法を見つけるともっと楽しくなるので、いろいろ研究してみてください。

 

(yummy編集部)
Photo by Ryan Abel

 

■【無料占い】この先、あの人とエッチできる可能性はある?

■抱き合って生まれる二人の気持ちの変化【無料占い】

■【無料占い】どうしてもこの恋をあきらめられないあなたに

 

関連キーワード
ビューティー】の最新記事
  • 気を抜いていたら後悔!ボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 「言いたいけど言えない」優しい彼氏ほど隠している「本音」とは?
  • 他人からみると痛い! 「若々しい」と「若作り」の境界線
  • お金かけずにキレイになろう! コスパ最強“10歳若返り”美容法
  • こんなやり方は逆効果! ダイエットにまつわる誤解
  • 恋愛必勝法!愛される女になるデート前の美容法
  • 合コンの出会いを恋愛に発展させるために! 愛されメイク
  • ひざ上のぷよぷよお肉を一掃!美人脚を作るヨガポーズ