暖かくなって、薄手の洋服を着る季節になると、意外と気になるのが背中のお肉。とくに、ブラジャーによる背中の食い込みは、男子から見てもガッカリで、「太って見える」「おばさんみたい」と、その評価は散々。

 

ブラジャーの正しいつけ方

 

自分では見えない場所だけに、なかなか対処が難しい背中のお肉ですが、その背中の無駄なお肉は、本来バストにあるべき脂肪かもしれません。きちんと体にフィットしたブラジャーを使っていないと、バストは徐々に脇に流れて、腕や背中の脂肪になってしまいます。知らないうちにバストが流れてしまっていても、まだ諦めないで!流れてしまった脂肪はケア次第で再びバストに呼び戻すことができます。

・ブラジャーの正しいつけ方とは?
ブラジャーを付ける時は、ホックを止めてから前かがみになり、ブラジャーの脇から背中に手を差し入れてお肉をグッと胸のほうにもってきます。そして、両手を使ってしっかりブラジャーのカップに納め、ワイヤーがしっかりお肉が流れ出るのを防いでいるかチェックします。こうして正しくブラジャーを付けても、動いているうちにどうしてもお肉がカップからはみ出してくるので、日中も2〜3回、背中のお肉をカップの中に戻してやりましょう。毎日続けていると、徐々に背中のお肉が少なくなっていることに気が付くはずです。

・ブラジャー選びは慎重に
ブラジャーを選ぶときに、下着を取り、アンダーとトップのサイズを測って、その数字をもとに買っている人はいないでしょうか。それでは本当に自分に合ったブラジャーは買えません。ブラジャーは必ず試着して買うのが基本。背中のお肉もカップに納めるのですから、体型にもよりますが、ヌードサイズより2カップほどアップするのはごく普通です。必ず試着をして、バストはもちろん背中のお肉もしっかりカップに収まるか確かめてから購入するようにしましょう。また、バストが流れるのを防ぐためにも、ワイヤーがワキまでしっかり入っているものを選ぶのがおすすめです。

・二の腕だってバストに変えちゃう!
テレビで実際にやっている人が紹介して、大きな話題になったのが、二の腕の脂肪をバストに変える、という方法です。二の腕を胸のほうにさするマッサージをしている人は多く、「実際にやっているけどバストは変わらない」という人もいますが、バストアップのためのポイントは、まず二の腕の脂肪をしっかりもみほぐしてから移動させるということ。普通にさすっても、リンパの流れは良くなってむくみは取れるのですが、バストアップは望めません。二の腕を5分ほどしっかりもみほぐして、脂肪を柔らかくしてから行うのがコツなのです。

 

関連コラム

 

失恋ショックを乗り越えて恋愛の「勝ちグセ」を付ける方法
モテ女の共通点!男から愛される女の三原則って?
年上男性が求める女性像って?年上モテする女の特徴
追うよりも追われるが勝ち、男に結婚を意識させるテクニック
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by arriflex2007

ビューティー】の最新記事
  • 男性なのにツルツル? 男性がアンダーヘアを処理する理由
  • もう悩まない!アンダーヘアのチクチク解消法
  • 気を抜いていたら後悔!ボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 薄着の季節…ムダ毛ケアを怠った女子が受けた屈辱的な現場5選
  • 体臭、乳首の色…男性だけでなく女性もドン引きの「コンプレックス話」
  • 女性のコンプレックスがキュンポイント!? 男性がときめく瞬間
  • 男性もびっくり!? アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談4選
  • 男性は意外と敏感! 別れの原因にもなるアンダーヘアの処理事情