小麦色に焼いた肌も素敵ですが、シミやたるみのことを考えると、やはり肌は焼かないのが一番。

 

今すぐに美白を始めましょう

 

男の人も一緒に海で遊びたがる割には、最終的に選ぶのは色白の清楚な女性だったりします。男性がいいなと思うポイントでも、白くてきれいな肌、というのは上位にランクインしているので、本命の彼女になるためには清潔感のある白い肌をキープするように努力しましょう。日焼けした女性は「遊んでいる」ように見られがちですし、紫外線が肌に与えるダメージは想像以上で、肌の乾燥を招き、シミの原因を作ります。「シミなんてできてないし」と思っているかもしれませんが、肌の奥では確実にシミ予備軍が成長しつつあるのです。年を取ってからシミで悩むことにならないためにも、紫外線のケアはとても重要です。

・夏だけじゃない、美白の大切さ。
「今年の夏こそ肌は焼かない!」と思っているあなたは、夏まで待たずに今すぐに美白を始めましょう。寒い冬の間や、日差しの強くない春先などは紫外線対策を怠りがちですが、紫外線は年中降り注いでいます。実際、年間の紫外線量を比較すると、最も紫外線の強いのは5月〜6月。確かに肌が黒くなるのは7月〜8月ですが、これは肌を黒くするUVAが多いのが8月だからです。肌の奥まで届いてシワやシミなどの原因になるUVBは6月がピークなので、春からしっかり紫外線対策をしておかないと、肌を美しく保つことはできません。

・曇った日や屋内でも紫外線ケアは必要
直射日光に当たらない限り、日焼けをしないと思ったら大間違い。紫外線は曇った日でもしっかり地上に届きますし、窓ガラスを通して家の中まで入り込んできます。ほんとに日焼けを防ごうと思ったら、朝起きて洗顔後のスキンケアをするときに、日焼け止めを塗っておく必要があるのです。洗濯物を干したり、ちょっとコンビニに行ったりするだけでも日焼けはするので注意しましょう。

・日焼けをしてしまったら
日焼けをしてしまったら、とにかく保湿をすることです。日焼けをした肌は、紫外線によるダメージで角質が開き、水分をどんどん失わせてしまいます。乾燥はあらゆる肌トラブルの原因となるので、まずは保湿をしっかり行いましょう。化粧水をたっぷりつけたり、パックをしたりするのもおすすめです。最近は化粧水を含ませたお手軽なパックも人気なので、「今日は焼けちゃったかも」という日は、そんなパックを使っていつもより入念に保湿をしてやりましょう。日焼けは軽いやけどのようなものなので、冷やすという点でもパックは効果があります。

 

関連コラム

 

「自分なんか絶対ムリ」ネガティブ女子が恋を成功させた裏ワザ
年上男性が求める女性像って?年上モテする女の特徴
「モテる女ってどんな女!?」飲み会の席でモテる女の特徴
「結婚したい!」婚活を確実に結婚につなげるための心がけ
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by kyle marko

関連キーワード
ビューティー】の最新記事
  • 飲んでよし、塗ってよし! 日本酒でもちもち美肌を作る秘訣
  • ぼさぼさのVラインでは興ざめ! アンダーヘアの処理の仕方
  • 恋愛チャンスを台無しにする! 「冬のムダ毛エピソード5選」
  • お風呂上がりのいや〜な汗を効果的にしずめる方法
  • 美Bodyは感度も良好! 男が手放したくなくなるカラダづくり
  • ダイエットにめげそう! モチベーションを上げる考え方とは?
  • 芸能人やモデルが劣化しないで美しくなるのはなぜ?
  • スキニーがはけない! 下半身をほっそりさせるには