秋の気候は乱れがち。季節の変わり目とは言え、いきなり寒くなったかと思えばまた汗ばむ陽気に戻ったり……。気候の乱れは、内臓機能の低下や自律神経の乱れとなり、身体に負担をかけます。
 
とくに、お肌は気候の影響をダイレクトに受けやすい部位。最近吹き出物や口内炎ができたと肌の不調に悩んでいる女子も多いのでは?
 
さらに夏のうちに受けた紫外線ダメージの影響により、肌内部の保湿成分が壊れているため、秋はとても肌が乾燥しやすい時期。
つまり、きちんとケアをしないと“カッサカサのゴワゴワ肌”になってしまう可能性大なのです!
 
そこで今回は、デトックス効果のある美肌ヨガをご紹介します。
自律神経を整え、ねじる動作で汗とともに不要物を流し出し“ツルピカ肌”を手に入れましょう!
 

ハードに絞ってデトックス!美肌をつくるヨガ

 

美肌をつくるためにオススメなのが、「パリブルッタ・トゥリコーナーサナ」のポーズ。
難易度が高いですが、そのぶん得られる効果は絶大です。
 
便秘や内臓の不調、ストレスを緩和します。さらに、おしり・脚・ウエスト、背中の引き締めはもちろんですが、腰や背中の疲労回復にも効果があります。
 
最初はポーズが取りづらいと思いますが、まず下半身を安定させ、ねじる動作をていねいに実践してみてください。
それだけで汗がにじみ、いらない体脂肪や毒素がどんどんデトックスされるので、気長にじっくり動作してみて下さいね。

美肌を作るヨガのやり方

 

1.左足を大きく1歩後ろに下げ、両手は脚の付け根に置き、骨盤(こつばん)を正面に向けます。
右つま先は正面に向け、左つま先はなるべくシャープに前に向け、骨盤が左方向に開かないようにします。
骨盤が正面に向いた状態をキープするために、右親指は右足の付け根に置き、付け根を後ろに押し出します。
そのまま息を吸いながら、左手を高く天井に伸ばします。
 
ヨガ
 
2.息を吐き出しながら、左手を前に伸ばし、右親指は付け根を後ろに押したまま、両方の体側(ウェスト)を均等に伸ばします。このとき、腰が反らないようにするのと、膝が曲がらないように注意。
そのまま、ゆっくり10呼吸ほど繰り返します。
 

 
3.そのまま左手は右足の上、もしくは、右足外側の床に置き、右手を天井に伸ばします。
そのまま10呼吸ほど繰り返し元の位置に戻ります。反対側も同様に動作しましょう。
 

 

おわりに

 

いかがでしたか?
ヨガは特別な道具や準備も不要で、誰でも取り組めます。
季節の変わり目で体調を崩しやすいこの季節。隙間時間で取り入れてみてはいかがでしょうか。
 
(yummy!編集部)
 
■朝活に最適!1日20分のヨガが仕事の効率を大幅アップさせる
■一度やるとやみつき! ヨガの美容効果
■つらい生理痛を和らげるヨガ
 

ビューティー】の最新記事
  • うわ、辛すぎる……アンダーヘアにまつわる恥ずかしい失敗談5選
  • 気づけば毛が伸び放題!自分ではなかなか気付けないムダ毛
  • 男性はおっぱいが大好き! 理想のおっぱいとモテる胸の作り方
  • 気候の乱れが悪影響を及ぼしたら、超発汗!美肌を手に入れるデトックスヨガがオススメ
  • オフィスできる!目の疲れを取る簡単ヨガ
  • 秋からはチラ見せがエロい! デコルテをきれいに見せるストレッチ
  • 男性なのにツルツル? 男性がアンダーヘアを処理する理由
  • もう悩まない!アンダーヘアのチクチク解消法