こんにちは、ビューティーヨガニストの森和世です。
夏も終わり、暦の上では秋になりました。朝晩の涼しい風を感じながら、夏にサボっていた身体磨きを再スタートしようかな、と思っている女子も多いはず。

そう思ったあなたは、大正解! 実は、秋は身体を引き締めるのにとても適した時期なのです。

 

秋はダイエットに最適な季節!今こそ身体を引き締めよう

 

というのも、秋は夏に緩んだ体が締まり、自然とエネルギーに満ちる時期。
例えるならば、重い生理が終わり、骨盤周りがスッキ、浮腫みスッキリ、気持ちも前向き。
そんな時期が秋なのです。

しかし、今年の猛暑や異常気象から「秋バテ状態」で、何もする気が起きないプチ鬱状態の人も多いかもしれません。

このような人は、冷房の効いた部屋や冷たい物を取り過ぎて、内臓が弱っているのが原因です。
なぜ、冷えから内臓が弱るかと言うと、内臓にも無数の血管があり、この血管が冷えによって流れが弱くなるから。

こうなると、身体の毒素が排出せず、太りやすい、疲れやすい、肌がくすむ、便秘になるなど良いことが1つもありません。

そこで、今回は身体を引き締め直す「ねじりエクササイズ」をご紹介しましょう。

 

この時期“本格的にたるむ前の緊急エクササイズ”始めましょう

 

今回ご紹介するのは、骨盤周辺を締め、ねじりの動作で内臓の動きを活発にするエクササイズです。

最近疲れが抜けない人にも効果的ですが、夏の間にエクササイズをサボって、ちょいポチャ気味のお腹を抱えている人も是非トライして下さい。

なぜなら、秋から冬にかけて美味しい物を食べる機会が格段に増えるので、本格的にムダ肉が付く前の修正は必要。

さらにこのエクササイズは、胸を押し上げるように動作するので、美しいデコルテラインに仕上がります。

気持ちも体もポジティブにする今回のエクササイズは、とてもおススメですよ。

1. 床に座り、両足を前に伸ばし長座姿勢になります。

2. そのまま左足を右床につけ、両手はお尻から20センチほど後ろの床につけます。

3. 左膝を右床方向に近づけるように、お尻から太もも横を伸ばしたら、両手の平で床を押し、胸を天井方向へと押し上げるようにして、胸を開きそのまま10呼吸ほど繰り返しましょう。元の位置に戻り、反対側も同様に動作しましょう。

 

関連コラム

 

他の女子から差を付ける!肌本来のチカラを呼び起こす美肌ケア
夏を満喫後に!日焼けしたダメージ肌を労わる簡単アフターケア
時短で女子力アップ?口コミで高評価のオールインワンスキンケア

 

森和世プロフィール

 


ダイエット=減量という引き算の考え方ではなく、理想のボディをデザインできる「エクササイズ」という足し算の考え方に基づき、日常生活の中で出来る美しく痩せるエクササイズなどを多数考案。

現在、ヨガインストラクター・エクササイズディレクターとして活躍。

●ヨガインストラクターKazと行くスリランカ! 6日間のヨガ&アーユルヴェーダツアー●

(画像クリックで詳細が表示されます)

現在、森和世先生と行くスリランカのヨガツアーへの参加者を募集しております。
年間を通して温暖なスリランカでヨガを体験し、身も心もリフレッシュ。本来の自分を取り戻す旅に出てみませんか。

ビューティーヨガニスト|森 和世フェイスブックページ
森和世フェイスブックページOPEN。ヨガにまつわる情報や、近況など、ココロもカラダもキレイになりたい女子必見!
Written by 森和世

関連キーワード
ビューティー】の最新記事
  • 「言いたいけど言えない」優しい彼氏ほど隠している「本音」とは?
  • 男性もびっくり!? アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談4選
  • 大人女子注目アイテム! クリスマスコフレ特集
  • 男性の7割が気にしている!? 女性の「デリケートゾーンのニオイ」体験談
  • SNS映えしたい! ハロウィンメイクのポイントとは?
  • 思わず赤面! アンダーヘアにまつわる恥ずかしい体験談5選
  • 飲んでよし、塗ってよし! 日本酒でもちもち美肌を作る秘訣
  • ぼさぼさのVラインでは興ざめ! アンダーヘアの処理の仕方