公開日:2013年6月21日
更新日:2018年9月13日


ビューティーヨガニストの森和世です。
梅雨時から夏にかけては、気温と湿度が上昇し、細菌が繁殖しやすくなります。
それだけに、1年でもっとも食中毒が多発する時期。
 
かくいう私も先日、食事をした後から気持ち悪さに襲われ、食中毒のような症状を発症。
私のように、食べてから数時間で発症すると原因も特定できますが、潜伏期間が1週間以上など長期間の場合、原因が何だか究明するのは難しいですよね。
 
さらに、インド旅行中にはとんでもないお腹のクラッシュを何度も経験しています。女子としては、極力そのようなピンチは回避したいもの。
 
予防策として、自宅のキッチンであれば、菌を増殖させない環境づくりが大切です。
しかし、外ではどうしたらいいのでしょうか。

 

梅雨の時期危ない! 免疫力低下の予防と対策

 

同じ物を食べても、当たる人と当たらない人がいます。
それは、病気に対する抵抗力・免疫力の差です。
 
では、免疫力を低下させないようにするポイントはどこにあるのでしょうか?
 
その1:体を冷やさない 
体温が1度上がるだけで、免疫力は約3倍になると言われています。
 
その2:質のよい睡眠をとる 体内にウィルスが入ってきたときに闘ってくれる「NK細胞」は、睡眠の乱れによってはたらきが低下してしまいます。
たとえ眠れなくても、横になって体を休めるだけで免疫力はアップします。
 
その3:適度な運動をする 体を動かすことで、体温が上がり免疫力がアップします。
また、NK細胞は運動によって活発にはたらきだします。
 
その4:笑う 「笑いヨガ」というものがあるくらい、笑うことは健康につながります。
笑うときってお腹を使って笑いますよね。
これは腹式呼吸をしているのと同じことなので、自律神経が整い、体温も上がり、NK細胞も活発になるのです。
 
次に、寝る前に3分実践すれば、全身の疲れが解消され、質のいい睡眠が得られるヨガポーズをご紹介しましょう。

 


免疫力高めて女神ラインを美しく! テーブルトップ・ポーズ

 

このポーズは、前屈ポーズの「パスチモッターナ―サナ」の逆ポーズになります。
 
効果としては、疲労回復、エネルギッシュになる、女性ホルモン活性化、二の腕・ヒップ引締め、肩コリ解消などが期待できます。
 
特に、デコルテやバストラインを魅力的なラインに仕上げてくれるので、夏シーズンにはオススメのポーズです。
梅雨の時期にかぎらず、常日頃から行って美しくなりながら健康も手に入れましょう。

 
1. 膝を曲げ床に座り、両手はお尻から15センチほど後ろに指先を前に向けて置きます。
軽く肘を曲げ、両肘を引き寄せ一度胸を開き、10呼吸繰り返しましょう。

 
2. 息を吐きながら足裏、両手の平で床を押して腰を持ち上げます。
特に、親指の下の母子球で床を押し、太もも内側に力を集め、胴体を押し上げると楽に腰が床から持ち上がります。
目安は、胴体と太ももが床と平行になるところまで押し上げます。
このままの状態をキープでもOKです。

 
3. さらに頭を後ろに倒し、目線は鼻先に向け5呼吸繰り返しましょう。
あごを引き、ゆっくりと元の位置に戻ります。

 
◆さらに美しいBodyを目指したい方に!

メールマガジン 『森和世の美しく痩せる!ホメられBodyの作り方』

さらに効果的なエクササイズ・ヨガを音声付き動画でレクチャー。森和世へ直接、質問や悩み相談などが出来るQ&Aも実施中!

 

■デートの服選びの参考になる「パーソナルカラー」と「骨格タイプ」とは?
■姓名判断|片思いの彼が思わず惹かれるあなたの魅力は?
■「香害」にならないための対策! 梅雨の季節はニオイにご注意!
 

森和世プロフィール

 


ダイエット=減量という引き算の考え方ではなく、理想のボディをデザインできる「エクササイズ」という足し算の考え方に基づき、日常生活の中で出来る美しく痩せるエクササイズなどを多数考案。

現在、ヨガインストラクター・エクササイズディレクターとして活躍。

ビューティーヨガニスト|森 和世フェイスブックページ
森和世フェイスブックページOPEN。ヨガにまつわる情報や、近況など、ココロもカラダもキレイになりたい女子必見!
Written by 森和世

関連キーワード
ビューティー】の最新記事
  • 夏までに間に合う!凹凸「バストアップ」ボディの作り方
  • 「言いたいけど言えない」優しい彼氏ほど隠している「本音」とは?
  • 夏のチャンスは絶対逃さない!男が思わず触れたくなる肌の作り方
  • 体質づくりでダイエット不要な体に!太りにくいカラダの作り方を紹介!
  • いつでもカワイイ私でいたい! 湿気に負けない髪形を手にできる方法3つ
  • 気を抜いていたら後悔!ボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 他人からみると痛い! 「若々しい」と「若作り」の境界線
  • お金かけずにキレイになろう! コスパ最強“10歳若返り”美容法