同性同士であっても、「あらっ、おかしい……」と思ったものの、口に出して言えることと言えないことがある。

例えば、まつ毛の先にある黒いマスカラのかたまり。
親しさの度合いにもよるけれど、このあたりは案外当事者に対して言いやすい。
「ねえ、ちょっと目をつむってみて。マスカラのダマがついてるからとってあげる」というふうに。

反対に、案外言いにくいのが伝染したストッキング。
実際自分が指摘されたとき、何となく相手もこちらも後味の悪さみたいなものを感じ、以来「ストッキングが伝線してますよ」とはなかなかいいにくい。
伝染したストッキングにお目に掛かる機会は結構多いが、余程の身内でない限り、どうしても口をつぐんでしまう。

気がついても言えない筆頭格は「無駄毛」の類いだろう。
相手が女性の場合、剃り残したわき毛は見なかったことにするのが正しい。
指摘したばかりに恨まれることだってありそうだ。

さらに言いにくいのは、鼻毛だろう。
鼻の穴からのぞく鼻毛は、何もオジサンの専売特許とは限らない。
明るいところで、女性の鼻の穴から伸びた鼻毛を目にする機会は結構多い。

人のふり見てわがふり直せではないけれど、自分も家に帰ってチェックしてみると、心底ぎょっとすることがある。

正確に言うと自分で見えるほど鼻毛を伸ばした経験はないが、実際カミソリを入れて剃ってみるとあまりの量にびっくりすることがある。
しかし、カミソリを入れると誤って傷をつけることがあって、かなり痛い。
昔、超小型のT字型のカミソリがあって、難なく鼻の中に入っていたので重宝だったが最近需要がないのかすっかり姿を消してしまった。

眉切ばさみではうまく手入れできないし、鼻毛というのは美容の盲点といっても過言ではない。
誰しも(とくに都市生活者は)悩む存在であるが、これといった手入れの切り札のない部位が鼻毛なのである。

脚や脇やビキニラインのようにワックス脱毛とはいかない。
鼻毛のワックス脱毛をやるところがあるという話は聞いたが、想像しただけでも痛そうである。

 

脱毛ブームはこんな部位にまで

 

実は、この鼻毛処理にも意外な打開法があるのである。
そう、鼻毛のレーザー脱毛だ。

え〜、鼻毛にもレーザー脱毛があるの? と驚かれたひともいるのではないだろうか。

鼻の毛といっても別の部位とほとんど同じで、毛の生えるサイクルに合わせて、1か月半から2か月おきに5回でほぼ完了。
鼻の中に冷却付きのレーザーを息を吐くと同時に入れるのである。
一瞬の恐怖と、少々の痛みと、毛の焦げるに匂いの不快感はあるがいずれも大したことはない。

苦痛を減らすため敢えて言うならば、麻酔量の多い麻酔クリームを処方してもらうことだろうか。

料金もリーズナブルで相場は1回1万円前後。
5回分まとめて払えば、たいていのクリニックで割引特典がつくはずだ。

ほこりやばい菌の侵入を防ぐという鼻毛の本来の役目を考えると複雑な思いもしないではないが、女っぷりということを考えたら、踏み切るのも一つの手かもしれない。

 

関連コラム

 

せつない片思いから脱却する方法とは
正月太りを避けられない女子に教えたい「置き換えダイエット」
お金をかけずにキレイでいたい女子の願いを叶える方法
倦怠期カップルに実践してほしい「セックスの初期設定」

 

南美希子プロフィール

 


南 美希子
司会者、エッセイスト。
東京生まれ。
元祖女子アナ。
聖心女子大学3年生のときアナウンサー試験に合格。
テレビ朝日のアナウンサーを経て独立。
田中康夫氏との「OHエルくらぶ」、三宅裕司氏との「EXテレビ」などで司会をつとめる。
光文社のJJに「お嫁に行くまでの女磨き」、VERYに「40歳からの子育て」を長年にわたって連載し、熱烈な支持を受ける。
現在もワイドショーのコメンテーターやシンポジウムのコーディネーター、トークショー、講演、執筆などで活躍中。
化粧品「フォークイーンズ」の開発や美容医療情報のフリーマガジン「MITAME」の編集長もつとめる。
講談社「グラマラス」では「LOVE握力」というタイトルのブログエッセイを連載中。
近著に「オバサンになりたくない!」「美女のナイショの毛の話」(ともに幻冬舎文庫)がある。

恋愛・美容エッセイスト|南美希子オフィシャルフェイスブックページ
Written by 南美希子

ビューティー】の最新記事
  • 体臭、乳首の色…男性だけでなく女性もドン引きの「コンプレックス話」
  • 男性もびっくり!? アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談4選
  • 男性は意外と敏感! 別れの原因にもなるアンダーヘアの処理事情
  • 男性の7割が気にしている!? 女性の「デリケートゾーンのニオイ」体験談
  • チャンスを逃した……「黒ずみ」が招いた赤裸々失敗談7選
  • 恋愛チャンスを台無しにする! 「冬のムダ毛エピソード5選」
  • 自己流で処理するのは危険!? アンダーヘアのイタイ失敗談
  • やっぱり大きいおっぱいが欲しい! 女性が思う理想のおっぱいとは?