好きな人に「キレイだね」「かわいね」と言われたいからこそ気合いがはいるメーク。

しかし、その努力が間違った方向へと向かってしまい、男子から見ると「怖い」「不思議」「事故だろ」としか言えない(らしい)メークがあるようなのです。

そんな残念メークについて男子に聞いてみました。

 

恐怖!仰天メークな女たち5選

 

男子たちが「怖い……」と恐れる女子の仰天メーク。

「そんなメークあるの?」と頭をひねらせているあなた、そのメークこそが男子を仰天させているかもしれませんよ。

●その1:ツタンカーメン系 辻希美タイプ

「知り合いに辻ちゃんのメークが好きな女子がいて、目の下に白ライナーをしっかり引いているんです。目頭から目尻まで全部ですよ。不自然だってこと、分かってないのかな。本人は『タレ目効果があるの』なんて言っていますが、ツタンカーメンのように見えて正直怖いです」(31歳/マスコミ)

●その2:レディ・ガガ系 目の周り真っ黒タイプ 

「アイシャドウからアイラインまで、黒系のコスメばかりを使っている女子がいました。どう見てもステージ用のメークにしか思えなかったです。決して日常用ではないので改めて下さいと言いたくなってしまいます。見ていると威圧感があるだけですし、時間が経ってくると落ちてきて、さらに黒い範囲が広がってしまい、パンダみたいになっているのを見る側もツラい」(26歳/IT)

●その3:ノーズシャドーが濃すぎ! こけし顔タイプ

「『おしゃP』って言葉、昔流行りましたよね。髪は明るめで、肌はマットな感じ、上下まつげはバサバサで、赤口紅的なメークの人たちがいっぱいいました。その人たちのノーズシャドゥの使い方がスゴかったと記憶しています。とにかく目頭付近の鼻筋に、これでもかといわんばかりの濃い茶色で、鼻を強調するメークは強烈でした。見る角度によってはかなり変。どう見てもこけしにしか見えなかったです」(30歳/アパレル)

●その4:小悪魔Ageha系 盛り過ぎタイプ

「女の子がまつげに力を入れるのは分かります。でもたまに『それはやり過ぎだろ?』という子を見かけます。ボリューミーなつけまつげを着けている子って、横から見てまつげが2cmくらいあって、それだけで驚いてしまうんですけど、この前まつげが4〜5cmくらいもある子に出会ったんです。聞いてみると『ボリュームを出したくて3枚重ねてる』という話でした。現実感がなくて怖い……」(32歳/会社経営)

●その5:女子力おつかれさま(笑)タイプ

「過去に1度たりともすっぴんを見せてくれなかった彼女がいました。3年付き合ったのにですよ。必ず僕より早く起きていましたし、僕より遅く寝ていました。だから常に完璧な顔。すっぴん見せてよと言っても『ダーメ』と断られ続けました。その溢れんばかりの女子力についていけず、結局別れてしまいました。どんなときでもメーク最優先なんで、その執着心にドン引き」(29歳/弁護士)

 

男受け最強はやっぱりナチュラルメイク

 

何事もやり過ぎは禁物だということがみなさんのエピソードから分かりますね。

やっぱり男性は普通のメークが好きなようです。自分らしさを出そうとして手を加えすぎるのは禁物。

すっぴんすぎず、シンプルでナチュラルなメークを意識してみてはいかがでしょうか。
Written by 池田園子

ビューティー】の最新記事
  • 実は危険なおしゃれツールだった!?ブーティの落とし穴5選
  • 謎が多いアソコの脱毛!「ハイジニーナ脱毛」の体験レポ
  • あなたの体たるんでない?クリスマスデート前に美肩甲骨を作ろう
  • クリスマスまでに間に合う凹凸「バストアップ」ボディの作り方
  • 思わず赤面!冬にボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 男性本能が求める「ずっと触っていたくなるカラダ」の秘密とは?
  • 男性もびっくり?!アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談5選
  • 愛されるために徹底したいムダ毛ケアのポイント
あなたへのおすすめ