公開日:2017年10月12日
更新日:2018年9月6日


ビューティーヨガニストの森和世です。
 
若いころはまったく気にしなかったけれど、近ごろ胸のハリがなくなったような……。最近、そんな声をよく耳にします。
 
ということで今回は、アラサー女子に“垂れ乳警報“を発令して、ハリのあるバストをキープできるエクササイズをご紹介します。
 
「私には関係ないし……」と、まだ身体の変化を実感していない人も、早めの対策があとで大きな効果を生みます。
 
そんな、自分はまだ大丈夫! と思っている人のために、20代後半から約10年間の間に起こるであろうボディラインの変化をお伝えします。

 

アラサーを襲うボディラインの変化

 

まず、下腹部が出やすくウエストまわりの脂肪が増加します。それと同時に、アンダーバストや二の腕、背中といった上半身も徐々にサイズアップ。
 
下半身も同様にサイズアップがみられるようになり、体重は変わっていないのにどこか貫禄のある体型になってきます。
 
さらに、身体の変化は見た目だけではありません。腹筋、背筋、でん筋(お尻)などの筋力が低下することで基礎代謝が低下し、脂肪がつきやすい身体に変化していくのです。
 
このように、20代後半からの身体は、放っておくとあっという間にだらしない身体へ変わっていってしまいます。
 

バストが下がりはじめるサインを見逃さない!

 
それでは、自分のバストを確認するために、胸を鏡に映してみましょう。
 
“乳頭が外側を向いている”“デコルテ部分がゲッソリして骨が浮き出ている”なんて事はありませんか?
 
一般的に理想的なバストとされているのが、鎖骨の中心とトップをむすんだ三角形が正三角形になるカタチだといわれています。
 
つまり、底辺が横に長ければ広がりぎみ、鎖骨からトップまでが長ければ垂れぎみ、ということになります。

 

美しいバストをつくるエクササイズ

 

では、美しいバストを作るためには何をすればいいのでしょうか。
 
すばり、“大胸筋を鍛える”ことです。
 
大胸筋とは、バストの下にある上半身の中で大きな筋肉群。
 
ここを鍛えることで、バスト周辺の血液循環がよくなり、栄養分やホルモンが十分ゆき渡るようになります。
 
それがバストのハリを維持し、失ったハリを復活させることにつながるのです。
 
では早速エクササイズをご紹介します

 


綺麗なバストをいつまでも維持してくれるブジャンガーサナ

 

このブジャンガーサナのポーズは、キレイなバストをキープし、ハリを復活させるのに効果的なのはもちろん、冷え性を緩和させたり、腰・背中の疲れを解消してくれるポーズでもあります。
 
また猫背も解消されるので、背中や首筋など、後ろ姿もキレイな身体のラインを作り出す効果も期待できます。
 
いつまでも若々しくいるために、ぜひトライしてみてください!
 

1:うつ伏せになり、足は肩幅くらいに広げ、両手のひらを胸の横に置きます。

 

2:両肘を背中に引き寄せるイメージで、肩甲骨を引き寄せ、胸を開きます。

 

3: 息を吸いながら両手で床を押し、お腹、腰を床から引き上げるイメージで上体を持ち上げます。
あごを軽く引き、目線はななめ前の床に。
肩と耳が遠く離れるように肩甲骨を腰に引き寄せ、両肘で肩甲骨を寄せるイメージで胸を開いて5呼吸キープ。ゆっくりと元の位置に戻ります。

 

垂れ乳予防になり、胸のハリ復活に効果的なブジャンガーサナのヨガポーズ。
 
ぜひあなたも今日から始めてみてはいかがでしょうか?

 

森和世プロフィール

 


ダイエット=減量という引き算の考え方ではなく、理想のボディをデザインできる「エクササイズ」という足し算の考え方に基づき、日常生活の中で出来る美しく痩せるエクササイズなどを多数考案。

現在、ヨガインストラクター・エクササイズディレクターとして活躍。

ビューティーヨガニスト|森 和世フェイスブックページ
森和世フェイスブックページOPEN。ヨガにまつわる情報や、近況など、ココロもカラダもキレイになりたい女子必見!Written by 森和世

 

■ティッシュ箱で骨盤周りを鍛える! キレイな形のお尻を作るエクササイズ
■性格診断|異性から見たあなたの魅力とは?
■露出の夏が来る…!スキマ時間に簡単に出来るダイエット

 

関連キーワード
ビューティー】の最新記事
  • 「言いたいけど言えない」優しい彼氏ほど隠している「本音」とは?
  • 夏のチャンスは絶対逃さない!男が思わず触れたくなる肌の作り方
  • 体質づくりでダイエット不要な体に!太りにくいカラダの作り方を紹介!
  • いつでもカワイイ私でいたい! 湿気に負けない髪形を手にできる方法3つ
  • 気を抜いていたら後悔!ボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 他人からみると痛い! 「若々しい」と「若作り」の境界線
  • お金かけずにキレイになろう! コスパ最強“10歳若返り”美容法
  • こんなやり方は逆効果! ダイエットにまつわる誤解