気温とともに湿度も下がり、お肌の乾燥の気になる季節がやってきました。

乾燥した空気は肌の水分を奪い、更に低い気温は身体を冷やし血行不良を引き起こします。

こんな季節だからこそ、念入りなスキンケアが大切ですよね。

でも、もしかしたらお肌の乾燥を招いているのはあなたの間違ったスキンケアが原因かもしれませんよ。

 

乾燥を進行させてしまう間違ったスキンケア

 

スキンケアは毎日行うものですよね。とくにこれからの乾燥する季節、念入りなケアが欠かせません!

でも、そのスキンケア習慣が間違っていたとしたら……知らず知らずのうちに乾燥肌を招いてしまっているかもしれませんよ。

●その1:ミスト化粧水で保湿はできない!

お化粧した上からでも使用できるスプレー式ミスト化粧水。乾燥したオフィスや外出先のトイレで手軽にお肌の水分補給ができて便利ですよね。

でもこのミスト化粧水、実は肌を乾燥させる原因になっていたんです。

これは肌にスプレーした化粧水が蒸発する際に、もともと肌に合った水分まで一緒に奪ってしまうためです。

化粧水は、あくまで水分補給のためだけのもので、肌に水分を閉じ込める効果はありません。

つける場合は、スプレーしたあとすぐに美容液を手のひらにとって広げ、軽く抑えるようにしてつけると潤いを補うことができますよ。

●その2:肌の潤いを補うために水を大量に飲むのはNG!

口から摂取した水分は肌には届きません。

肌を潤すのは、皮膚の角質層にあるセラミドという物質。これは新陳代謝により作られるため、水を飲むことよりも良質な睡眠をとることの方が大切です。

さらに、冷たい水は身体を冷やし血行不良を招きます。

血行不良になると、新陳代謝が悪くなり乾燥肌や肌荒れの原因になってしまうのです。飲むなら常温、または温かい飲み物にしたほうがベター。

●その3:丁寧なクレンジングは乾燥のもと!

メイクは皮脂よりも落ちにくい油性の汚れです。

そのメイクを落とすクレンジング剤は、お肌に大きな刺激を与えるため、長時間お肌のうえに乗せておくと、必要な潤いまで奪って乾燥肌を招きます。

だからといって、急いでクレンジングを済ませてきちんと洗い流さないのは大問題!

クレンジングのあと洗顔をするダブル洗顔はよくないと言われたこともありましたが、それは間違いです。

クレンジングの後は、化粧石けんでキレイに洗い流すことが重要ですよ。

●その4:長時間のシートマスクは逆効果!

長く肌に乗せていればいるほど効果があると思ってしまいがちのシートマスク。実はこれは大きな間違いです。

肌の上に長時間のせていることがお肌への負担になることに加え、マスクの水分が蒸発するときに肌の水分も一緒に奪ってしまいます。

●その5:リップクリームには治癒効果なし!

この季節、お肌以上に乾燥するのが唇。ガサガサ唇は女子として失格! なんとしても改善したいところです。

唇には水分を保つ角質層が薄く皮脂腺がないため、とても乾燥しやすいのです。

荒れた唇にはリップクリームというのが常識とされていますが、実は普通のリップクリームの役割は保湿のみ! 荒れた唇を治癒する効果はありません。

さらにメンソール入りのリップクリームは荒れた唇を刺激し、さらにガサガサにしてしまいます。

唇の荒れがひどい場合には、皮膚科にかかるか医薬品の使用をおすすめします。

 

これで今日から正しく保湿!

 

乾燥する季節だから仕方ないと言って、乾燥肌を諦めてはいけません。

毎日の正しいケアは、年齢を重ねるとともに、はっきりとお肌に現れます。

間違ったスキンケアをしていた方は、その習慣を見直して、一日中潤ったプルプルお肌をキープできるように頑張りましょう!

 

関連コラム

 

ブラのストレスは満員電車並み!空前のノーブラブーム到来か!?
我慢しない!MEC食ダイエットで“食べて”痩せよう♪
痩せすぎは男ウケしない!?女性の体型にまつわる男のホンネとは
【血液型別ダイエット】AB型は一筋縄じゃ痩せないことが発覚!
サーチュイン遺伝子で若返り?老化を防ぐ魔法の長寿遺伝子とは
Written by カシミヤ・ユタ

ビューティー】の最新記事
  • ぽっこり気になるワキのハミ肉スッキリ解消!ストレッチエクササイズ
  • カロリーゼロなのになぜ?人工甘味料を定期的に摂ると6倍太る
  • こんなダイエットもアリ!?「セックスしながらダイエット」
  • もう貧乳とは言わせない! 効果的にバストアップする方法
  • ヘアスタイルが決まらない! 髪質別・解決法
  • 実は危険なおしゃれツールだった!?ブーティの落とし穴5選
  • 謎が多いアソコの脱毛!「ハイジニーナ脱毛」の体験レポ
  • あなたの体たるんでない?クリスマスデート前に美肩甲骨を作ろう