公開日:2013年5月26日
更新日:2018年9月3日


ビューティーヨガニストの森和世です。
秋と言えば食欲の秋! ではありません。実は、骨盤の秋でもあるのです。
秋は、暑い夏に開いて緩んだ状態から、骨盤が片側ずつ内側へ締まっていくことで腰全体が締まり、下腹部に力が入るので、気力に満ちる時期でもあるのです。
 
暑い時期にエクササイズなんて面倒くさい、と心の中で思っていたあなた、骨盤が締まるこの時期に骨盤調整をしておけば、疲れ知らずの1年を過ごせますし、格段に美ヂカラが上がることを保障します。
 
秋の骨盤エクササイズの効果をあげると、
◆お腹まわりがスッキリしてくる
◆立体的な小尻になる
◆美肌や女性ホルモンなどの活性化により活力が得られる
◆太りにくい体になる
 
いかがですか? 骨盤調整にベストなシーズンだからこそ、今回ご紹介するヒップウォーキングにトライして、美しさを手に入れましょう!

 

簡単ヒップウォーキングで骨盤調整&便秘も解消⁉︎

 

骨盤は、1つの骨と思われている人もいるかもしれませんが、実は3つの骨の総称を言います。仙骨と両方に広がる寛骨(腸骨・恥骨・坐骨)と尾骨から成り立ち、寛骨と仙骨はそれぞれの面が接しているだけで、強靭な靭帯がこの2つをつなぎとめています。これが仙腸関節と言われるもので、関節の中でも特に硬く、曲げ伸ばしはもちろん、押しても引いても動きません。
 
そして、靭帯でグルグル巻きにされた強い骨盤の周辺には、腸腰筋があります。この腸腰筋は、腰椎から大腿骨を結ぶ大腰筋と腸骨筋を合わせて腸腰筋と言います。この腸腰筋こそが、骨盤の周期的な開閉をコントロールするインナーマッスルなのです。
 
このインナーマッスルが運動不足や加齢などによって退化すると、骨盤の締まる力が弱くなり、開いたままの状態から戻らず、歪み、不調や肥満などを引き起こします。つまり、骨盤が歪むのは、インナーマッスルの衰えが主な原因と言えます。だからこそ、簡単なヒップウォーキングで骨盤周辺の歪みをほぐしながら、腸腰筋を刺激し筋力をつけ、正しい位置にキープすることが大切なのです。
それでは、ヒップウォーキングのやり方をご紹介します。
 
1.両手を肩の高さに伸ばします。おへそを背骨側に引き寄せ、腰はそのおへそを前に押し戻すようなイメージで腹筋を使って背骨を伸ばし、骨盤を立てます。 腕を伸ばすのがキツイ人は、肘を曲げてOK。
 
2.そのまま坐骨(お尻の骨)で歩くイメージで前に進みます。左右交互に、リズミカルに行いましょう。
 
3.10歩くらい歩いたら、同様にして後ろに戻ります。
 
■流行りの糖質制限ダイエット! 何を食べればいいの?
■出会い占い|素敵な男性を引き寄せる、今のあなたの魅力
■ラブラブしながらエクササイズ! カップルで出来る運動とは?

 

森和世プロフィール

 


ダイエット=減量という引き算の考え方ではなく、理想のボディをデザインできる「エクササイズ」という足し算の考え方に基づき、日常生活の中で出来る美しく痩せるエクササイズなどを多数考案。
 
現在、ヨガインストラクター・エクササイズディレクターとして活躍。
 
ビューティーヨガニスト|森 和世フェイスブックページ
森和世フェイスブックページOPEN。ヨガにまつわる情報や、近況など、ココロもカラダもキレイになりたい女子必見!
Written by 森和世

ビューティー】の最新記事
  • 忘年会むくみを撃退! 酒抜きデトックスヨガ講座
  • エマちゃんがきれいになるためにやっていることは?
  • 冷たい手足は「おブス」の原因?末端冷え性解消法
  • お寝坊女子必見! 寒い朝でもスッキリ起床で朝を迎えるヨガポーズ
  • エマちゃんがいつも綺麗でいたいと思う理由
  • 男性もびっくり!? アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談4選
  • 男性は意外と敏感! 別れの原因にもなるアンダーヘアの処理事情
  • 顔だけの女性はすぐに飽きられる? 「頭隠して尻隠さず美容」とは