公開日:2013年12月7日
更新日:2018年8月31日


ビューティーヨガニストの森和世です。
以前別のコラムで、バスタイムを有効活用するハイドロセラピーエクササイズをご紹介しました。お風呂でのエクササイズは、暑い季節には積極的に取り組めないものだと思います。
 
しかし、冬にしかやらないのはもったいない! 最近は、夏でも冷房による冷えから不調が続く……という話もよく聞きます。さらに、夏から秋へと移り変わる時期には、暑さで開き緩んでしまった体が、空気が冷たくなるにつれて腰からゆっくりと締まり、骨盤が徐々に中心へと整ってきます。
 
この時期にしっかり体を温めておくことで、生理痛や頭痛、冷え性など、女性特有のつらい症状も改善できます。
 
また、お風呂でゆっくり体を温めながらエクササイズで体を引き締めることで、心身共に一年を通して元気に過ごせるようになります。季節の変化に合わせたコンディショニングが上手くいけば、体だけでなく気力も充実し頭のはたらきも活発になることが知られています。そして、感受性も豊かになっていくなど、良いことばかりです。

 

全身をゆっくり引き締める、バスタイムエクササイズ

 

では、まずハイドロセラピーエクササイズの手順や効果をもう一度おさらいしておきましょう。
 
手順 1.飲む(入浴前に水をコップ1杯飲み、発汗を促進します)
2.動く(半身浴をしながら水中エクササイズをします)
3.浴びる(ぬるめのシャワーの冷水浴でクールダウン)
4.休息する(呼吸を整え、静かに座ってお風呂上りのカラダをリラックスさせます)
 
水中エクササイズのおススメポイント 1.浮力……体重が陸上の10分の1に感じられる
2.抵抗……手足を早く動かせば空気中の12倍以上
3.温度……水中に立っているだけでエネルギー消費がアップ
4.水圧……自然に腹式呼吸になり血液循環がよくなる
 
ハイドロセラピーエクササイズを行うときには、半身浴(バスタブに入り、胸の下までお湯に浸かります)で行いましょう。
もし、肩や首が寒い場合は、タオルなどをかけ、冷えないようにしましょう。このエクササイズでは体幹(腕の付け根から脚の付け根までの部分)を鍛え、代謝のいい体を作ります。また、下半身、特に太ももを形よく引き締めてくれるので、毎晩のバスタイムを利用して、じっくり美脚を作ってみてくださいね。
 
1.両ひざを立て、手はお尻の後ろにつきます。
 
2.息を吸いながら、両ひざを胸に引き寄せます。
 
3.息を吐きながら、両脚をななめ上に伸ばします。この動作を15回×2セットを目安にトライしてみてください。
キツいと感じたら、回数を減らして無理のない範囲でやっていきましょう。
 
■流行りの糖質制限ダイエット! 何を食べればいいの?

■今年こそは!ショート丈のボトムをきれいに見せるための下半身やせ方法
 

 

森和世プロフィール

 


ダイエット=減量という引き算の考え方ではなく、理想のボディをデザインできる「エクササイズ」という足し算の考え方に基づき、日常生活の中で出来る美しく痩せるエクササイズなどを多数考案。
 
現在、ヨガインストラクター・エクササイズディレクターとして活躍。
 
ビューティーヨガニスト|森 和世フェイスブックページ
森和世フェイスブックページOPEN。ヨガにまつわる情報や、近況など、ココロもカラダもキレイになりたい女子必見!
Written by 森和世

ビューティー】の最新記事
  • 気候の乱れが悪影響を及ぼしたら、超発汗!美肌を手に入れるデトックスヨガがオススメ
  • オフィスできる!目の疲れを取る簡単ヨガ
  • 秋からはチラ見せがエロい! デコルテをきれいに見せるストレッチ
  • 男性なのにツルツル? 男性がアンダーヘアを処理する理由
  • もう悩まない!アンダーヘアのチクチク解消法
  • 気を抜いていたら後悔!ボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 薄着の季節…ムダ毛ケアを怠った女子が受けた屈辱的な現場5選
  • 体臭、乳首の色…男性だけでなく女性もドン引きの「コンプレックス話」