夏になって、紫外線対策をしている女性は多いと思います。では、実際に日に焼けるとお肌はどういう状態になるかごぞんじですか?
肌がヒリヒリするその裏側では、肌細胞が破壊されて老化が進んでいたりします。改めて学んでおきたい「日焼けのメカニズム」をご紹介します。

 

紫外線に当たるとシミ・タルミにつながる?

 

「紫外線はお肌によくない!」というものの、実際はどんな影響を与えているのでしょうか? アンチエイジングアドバイザーで医学博士の川上智史先生に教えていただきました。
 
紫外線はその波長が長いものから順にA波、B波、C波に分けられているそうです。このうち地上に届くのはA波(UVA)とB波(UVB)で、C波はオゾン層によって吸収されるのでほとんど届きません。
 
●A波(UVA)が肌に与える影響
1、肌の黒化(サンタン)
2、シワ・タルミなどの促進
3、毛穴が目立つようになる
4、乾燥
 
A波(UVA)は、地上の紫外線の約95%を占めています。雲や窓ガラスなども通過して、肌の奥深くの真皮にまで届いてしまいます。そして肌の弾力を保つエラスチンやコラーゲンを変化させるため、このような老化現象につながります。
 
日焼け止めに表示されている「PA」とは、「プロテクショングレイドオブUVA」の略。A波(UVA)の防止効果があります。明確に数値化された基準はありませんが、日焼け止めには「PA+(防止効果がある)」や「PA+++(防止効果が非常にある)」などと表示されています。
 
●B波(UVB)が肌に与える影響
1、肌の炎症(赤み、腫れ、水疱など)
2、シミ・そばかすの生成
3、皮膚がん
 
B波(UVB)はガラスを透過しないのですが、気をつけなければいけないのは晴れた日の屋外。主に肌の表皮に強く作用して、日ざしを浴びた数時間後に肌に炎症を起こしたり、肌の細胞を傷つけます。そして、メラニン色素を増加させて日やけによるシミ・そばかすの原因に。角化のリズムを乱し、角化を早めて肌荒れにもつながります。
 
日焼け止めの「SPF」とは、「サンプロテクションファクター」の略。B波(UVB)防止効果を数値化したものです。2〜50まで幅があり、最高は「50+」です。

 

紫外線にもいい働きがあります!

 

「日焼け」や「肌の老化」というデメリットを知ってしまったら、紫外線対策にも、より気合が入るというもの。
 
ですが、川上先生は紫外線に全く当たらないことも問題だと言います。
「昔から外で遊ぶ子どもたちは健康的であるといわれてきましたが、これは紫外線の作用によるもの。紫外線は活性型ビタミンDを作ってくれるのです。この活性型ビタミンDは骨を丈夫にする働きがあります。
通常、骨を丈夫にしてくれる紫外線は、朝日が昇ってから午前9時までの間と言われております。朝起きたら、紫外線対策を完璧にする前に、10分くらいでもいいので朝日に当たってみてはいかがでしょうか?」(川上先生)
 
紫外線の効果を正しく学んでおけば、美容と健康の両立が可能なのです。この夏は賢く紫外線対策をしてみてくださいね。
 
Written by 浅川有紀
Photo by Mac Photography
 
(取材)医学博士 川上智史先生
北里大学大学院医療系研究科医学専攻博士課程修了
予防医学を専門とし、一般向けに学術講演を行い予防の重要性に対して啓発を続ける。またアンチエイジングアドバイザー、メディカルアドバイザーとして医学的に「美と健康」を追求。軽快な講義と巧みな話で聴講者を飽きさせず女性を中心に人気を集めている。
 
■ここまで進化!最新日焼け止め&飲む日焼け止めを実験してみた
■50歳からの老化現象はすさまじい!アンチエイジングの限界も…
■夜よりオススメ!?朝セックスのメリット4つ

関連キーワード
ビューティー】の最新記事
  • 露出の夏が来る…!スキマ時間に簡単に出来るダイエット
  • 知っておきたい♡ 彼ウケバツグンの水着の条件って?
  • 水着姿…男性はどこを見ている?ここだけは痩せておきたいパーツ4選
  • 雨の日でもかわいいデート服でおしゃれを楽しもう!
  • 男性を一瞬で好きにさせるオシャレ!…でも【上級者向け】は取扱注意!
  • 社会人女性のメイクの「基本」…就活生も注目!
  • すっぴん?ナチュラルメイク?男性が好きな女性のメイクをズバリ!
  • 春・新生活スタート!メイクで気分を上げる【おまもりコスメ】