最近、ニンテンドーDS用ソフト『おさわり探偵 小沢里奈』(サクセス)のサブキャラクター「なめこ」が大人気です。ゲームアプリ、ローソンのなめこキャンペーン、なめこケーキになめこクッキー、なめこCDなどなど。なめこマスコットはニセモノが出回ってしまうほど。
しかし、このなめこに、女性に嬉しい美容効果があることは意外と知られていません。今回は美容の観点からなめこに迫ってみたいと思います。

 

こんなにあった!「なめこ」の美容成分

 

「なめこ」のファニーな表情、コミカルな動き、「んふんふ」だけで喜怒哀楽を表現するさまに、「かわいい!」「癒される!」と老若男女が虜です。

アンチエイジングアドバイザーとしても活躍する、医学博士の川上智史先生は「なめこという食品には、多くの美容成分が含まれています」と言います。これは女性人気がさらに加速する予感……! さっそく、その成分を解説していただきましょう。

●その1:ムチン

なめこといえばぬめり。あれは食物繊維の「ムチン」によるものです。たんぱく質や脂肪の消化を促進し、胃や肝臓の粘膜を保護する効果があると言われています。
食物繊維ですので、便秘予防も期待できるし、さらに免疫系のバランスを整えてくれる効果も。

●その2:ナイシアン

ナイアシンは、体内での酸化還元作用において重要な働きをしています。これはさまざまな嬉しい効果を持っています。消化系の健康を保つ、血行をよくして血圧を下げる、コレステロールと中性脂肪を減らす、偏頭痛を和らげる、肌荒れや口内炎の緩和、口臭を減らすなど。
食品中で安定している成分なので、水に溶ける以外、加熱や保存によってもほとんど失われる事がないというのもいいですね。
しかし、敏感なひとは過剰に摂取すると、皮膚が紅潮し、かゆくなる場合がありますのでご注意ください。

●その3:コンドロイチン

コンドロイチンは、組織に保水性や弾力性を与える成分です。肌や皮膚のみずみずしさを保つのに不可欠だと言われています。また、年齢とともに減少していく成分のため、これを摂取すると老化防止にもつながると言われています。
アラサーともなれば「老化」の二文字から逃げられません。コンドロイチン、みんなメモって!

●その4:トレハロース

トレハロースは、化粧品にも使われている糖質成分です。優れた保湿効果で肌を乾燥から守り、細胞を内側から保護する作用があると言われています。また、トレハロースには骨を壊す細胞の働きを抑制する効果があるので、骨粗鬆症予防にも良いとされています。加齢は骨にきますから、これも覚えておくとよいでしょう。

 

さすが人気者のなめこさん、実力が違う!

 

かわいいだけでなく、美容と健康にいいなめこ。人気者は実力がありますね。
アプリの中で「枯れなめこは煮ても焼いても食えない」と言っています。なんだかアラサーの胸にはじんと響きます。んふんふ。

(取材)医学博士・川上智史さん

◆ダイエットの常識を改めましょう!
ポップミュージックはダイエットの妨げ!?ダイエット新常識8選

 

関連コラム

 

女の失敗セックス4選
安眠に効くヨガポーズ「ハラアサナ」
「残念な女」がやりがちな手抜きケア5選
肥満になりやすい生活7選
「ハイジニーナ脱毛」の体験レポ

 

おすすめ特集コラム

 

月間Bestコラム10選
「漫画」はモテ人生の教科書!漫画に学ぶ“モテモテ道”
「結婚」が頭をちらつく未婚女性が読んでおくべき記事7選
自分を売り込むプロ=芸能人に学べ!「恋愛の極意」7選
サボリ女子のホメられBodyの作り方
(取材)
医学博士 川上智史
北里大学大学院医療系研究科医学専攻博士課程修了
予防医学を専門とし、一般向けに学術講演を行い予防の重要性に対して啓発を続ける。またアンチエイジングアドバイザー、メディカルアドバイザーとして医学的に「美と健康」を追求。軽快な講義と巧みな話で聴講者を飽きさせず女性を中心に人気を集めている。

Written by 日向バンビ
Photo by http://www.success-corp.co.jp/software/ds/osawari_tantei/

ビューティー】の最新記事
  • 体臭、乳首の色…男性だけでなく女性もドン引きの「コンプレックス話」
  • 男性もびっくり!? アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談4選
  • 男性は意外と敏感! 別れの原因にもなるアンダーヘアの処理事情
  • 男性の7割が気にしている!? 女性の「デリケートゾーンのニオイ」体験談
  • チャンスを逃した……「黒ずみ」が招いた赤裸々失敗談7選
  • 恋愛チャンスを台無しにする! 「冬のムダ毛エピソード5選」
  • 自己流で処理するのは危険!? アンダーヘアのイタイ失敗談
  • やっぱり大きいおっぱいが欲しい! 女性が思う理想のおっぱいとは?