公開日:2016年1月28日
更新日:2018年8月25日


女性にとっては面倒なことこの上ないムダ毛のケア。肌の潤いも落ちるから、クリームや化粧水でアフターケアもしなければなりません。
できることならムダ毛の処理をしたくはないですが、意中の相手といつ急接近するかはわかりませんから、日ごろから抜かりなく処理しておきたいものです。
 
そこで今回は、男性にリサーチした、思わず見たくなかった無防備すぎる彼女のムダ毛について、ご紹介します。

 

薄着からのぞく「処理の甘いわき毛」

 

わき毛の処理は、女性にとって当然の身だしなみだと考える男性が多いようです。とくに冬場は油断して管理が甘くなりがちなので、室内で薄着になることも想定し、彼と会う前には抜かりなく準備しておきましょう。

 


いつの間にか飛び出している? 「伸びた鼻毛」

 

鼻毛を見つけてしまった瞬間、どうしても会話に集中できません。
中には女性の鼻毛をひどく嫌悪する男性もいるようです。デート前のチェックはもちろん、トイレに立ったときなどには必ず鏡を見て、確認を怠らないようにしましょう。

 

口まわりのひげ

 

「ヒゲ=女性としての潤い不足」と見られてしまうこともあるようです。ただの横着で生やしっぱなしにしているなら別ですが、ホルモンバランスの悪さに自覚がある場合は、生活習慣の見直しが必要かもしれません。
 
いかがでしたか?
好きな彼からムダ毛の処理が甘い女性だと思われないように、日々のケアを欠かさないようにしましょう。
 
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)
 
■「男ウケ」はコスパが悪い。モテたいなら「自分ウケ」を狙うべき
■出会い占い|素敵な恋への近道!今すべき自分磨きとは?
■【内面の磨き方】「内面が美しい女性」ってどんな女性?
 

関連キーワード
ビューティー】の最新記事
  • 夏までに間に合う!凹凸「バストアップ」ボディの作り方
  • 「言いたいけど言えない」優しい彼氏ほど隠している「本音」とは?
  • 夏のチャンスは絶対逃さない!男が思わず触れたくなる肌の作り方
  • 体質づくりでダイエット不要な体に!太りにくいカラダの作り方を紹介!
  • いつでもカワイイ私でいたい! 湿気に負けない髪形を手にできる方法3つ
  • 気を抜いていたら後悔!ボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 他人からみると痛い! 「若々しい」と「若作り」の境界線
  • お金かけずにキレイになろう! コスパ最強“10歳若返り”美容法