美容の面で、残念だなと思う人が結構います。
若くてかわいいのに、なぜか肌がくすんでいたり、吹き出物がいっぱいだったり……
でも、こういう女性こそ「美容には関心がある」って言うんです。
ではなぜ素肌が綺麗にならないのでしょう?

 

美容と健康は表裏一体

 

「あなた、肝心なことを忘れていませんか?」と私は声を大にして言いたいと思います。
それは、美容と健康は表裏一体だということです。
もっとわかりやすく言えば、健康じゃなければどんな美容法をつくしてもダメ! どんな高価な化粧品を使ってもダメ! ということです。
 
たとえば、めちゃくちゃな食生活をしていたら、毎日化粧水100回パッティングしていますって言っても、ほとんど意味がないのです。

 

顔がシワっぽい人は骨ももろい!?

 

この間、婦人科のお医者さまからこんな話を聞いてドキッとしました。
「顔がシワっぽい人は骨ももろい」って。
びっくりしちゃいますよね。
でも、これって学術的にちゃんと証明された話なんです。
 
基本的には50代から上の人の話ですが、女性は年を重ねると、女性ホルモンの分泌が一気に減ります。
もともと一生のうちスプーン1杯くらいしか分泌されない女性ホルモンですが、40歳半ばくらいから減り続けて、おばあさんになるにつれほとんどなくなります。
 
その女性ホルモンですが、女性を女性らしくする役割以外にも、健康にも大いに関係しています。
つややかで、ハリのある肌にしてくれる女性ホルモン。「骨を丈夫に保つ」というはたらきも担っているのです。
 
具体的には、エストロゲンという女性ホルモンの減り方が激しいとお肌もしわっぽくなり、骨も同様に弱くなっていきます。
それが「顔がシワっぽい人は骨ももろい」理由です。
 
また、女性ホルモンは、とくに「美肌」と関係があり、生理前はいつも通りのケアをしていてもプロゲステロンというもうひとつの女性ホルモンが邪魔をしてイマイチパッとしないことが多いはずです。
でも反対に生理後は、女性ホルモンの代表選手であるエストロゲンの分泌が活発になるのでお肌はプルプル、しっとりして絶好調になります。

 


お手入れはしているのに、肌オーラがまったく出ていない人の習慣

 

さて、お手入れはしているのに、肌オーラがまったく出ていない人っていますよね。それが、私が美容の面で残念だと思う人たち。
あなたは大丈夫ですか? 下のポイントをチェックしてみてください。
 
●きちんと寝ていますか?  
できれば午前0時前就寝が理想ですが、肌を再生させる睡眠タイムはどんな高価な美容液より効果があります。
とにかくしっかり眠りましょう。
 

●野菜・果物を意識的にたくさん食べていますか?  
お肌を錆びさせないための、ファイトケミカルという物質が野菜や果物には豊富に含まれています。種類を豊富に。温野菜と生野菜の組み合わせも大切です。
日本人女性はとにかく果物の摂取量が少ないそうですよ。
 

●タンパク質は足りていますか?  
肌や髪、みんなタンパク質から作られるんですね。
お肌や髪がぱさぱさな人は、タンパク質不足ということがありそうです。
朝メロンパン1個の代わりに、ぜひゆで卵やヨーグルトに切り替えてみてください。
 

●甘いものを食べ過ぎてませんか?  
糖分は肥満の原因であるだけでなく、糖化といって体の焦げにもつながります。
肌のごわごわ、黄ぐすみもこの糖化が関係しているんです。
いろいろな意味で、甘いものを食べすぎるとブスになっちゃいますよ。
 

●身体を冷やしていませんか?  
冷えは万病のもとですし、血行にも関係があります。
冷えている人は、お風呂を習慣化してぜひ血流美人になりましょう!

 

美人への近道は「健康」

 

いかがでしたか。チェック項目を見て、もうおわかりになられたでしょう。美容が健康と大いに関係があることを。
エステや化粧品にばかり頼っていてはダメ! 多くのお金をかけずに、まずは健康から。
それが、美人への近道なんです。

恋愛・美容エッセイスト|南 美希子フェイスブックページ
恋愛や美容にまつわる情報や、近況など、元テレビ朝日アナウンサーによる、最上級の女になるための持論を展開中!

 

関連コラム

 

「プチ断食」で“ぷるぷる美肌”に?
ノーブラ状態でおっぱいが大きくなる!
「本物のオトコ」を見極める方法
男女で異なる「セックス観」とは
恋愛下手女がときめけない2つの理由
南美希子の恋愛計算式「ワタシ+」

 

南美希子プロフィール

 


南 美希子
司会者、エッセイスト。
東京生まれ。
元祖女子アナ。
聖心女子大学3年生のときアナウンサー試験に合格。
テレビ朝日のアナウンサーを経て独立。
田中康夫氏との「OHエルくらぶ」、三宅裕司氏との「EXテレビ」などで司会をつとめる。
光文社のJJに「お嫁に行くまでの女磨き」、VERYに「40歳からの子育て」を長年にわたって連載し、熱烈な支持を受ける。
現在もワイドショーのコメンテーターやシンポジウムのコーディネーター、トークショー、講演、執筆などで活躍中。
化粧品「フォークイーンズ」の開発や美容医療情報のフリーマガジン「MITAME」の編集長もつとめる。
講談社「グラマラス」では「LOVE握力」というタイトルのブログエッセイを連載中。
近著に「オバサンになりたくない!」「美女のナイショの毛の話」(ともに幻冬舎文庫)がある。
Written by 南美希子
Photo by Brian McGuffog

公開日:2013年8月9日
更新日:2019年1月15日

関連キーワード
ビューティー】の最新記事
  • 気を抜いていたら後悔!ボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 「言いたいけど言えない」優しい彼氏ほど隠している「本音」とは?
  • 他人からみると痛い! 「若々しい」と「若作り」の境界線
  • お金かけずにキレイになろう! コスパ最強“10歳若返り”美容法
  • こんなやり方は逆効果! ダイエットにまつわる誤解
  • 恋愛必勝法!愛される女になるデート前の美容法
  • 合コンの出会いを恋愛に発展させるために! 愛されメイク
  • ひざ上のぷよぷよお肉を一掃!美人脚を作るヨガポーズ