街にはイルミネーションが灯り、冬本番の季節になってきました。
厚着になり、肌の露出が少なくなった途端、腕やワキのムダ毛処理が甘くなっていませんか?

 

「冬のムダ毛エピソード5選」

 

みなさんの気持ちを引き締めるために、ここはひとつ恥をしのんで筆者と友人達の『ムダ毛で失敗したエピソード』を紹介したいと思います。

●その1:イケメンと恋のチャンスかと思ったら…
ある日電車で、座席に座るイケメンの目の前に立つ機会がありました。
ラッキーと思っていたら、彼もこちらをチラチラ見てくる!
「まさか恋のチャンス?」と思いドキドキしていたけど、何か違和感を感じる。上着を脱いでつり革をつかんでいたために、座席のイケメンから私のワキは丸見え。処理の甘いワキ毛が丸見えだということに気づきました。駅までが遠く感じました……。
(28歳・アパレル)

●その2:100年の恋も冷める○○のムダ毛
付き合い始めて3年目の彼からついにプロポーズ! 
彼が婚約指輪をまるで結婚式のように薬指にはめようとした瞬間、彼の動きが止まりました。不思議に思い手元を見ると、私の薬指には指毛が……。
指毛の処理が甘かったせいで、幸せの絶頂が台無しに。ネイルが完璧なだけに、さらに滑稽でした。
(34歳・歯科衛生士)

●その3:酔っ払った勢いで流血騒ぎに
気になっていた同僚の男性から仕事帰りに食事に誘われ、その後、流れにまかせてホテルに行くことに。
しかし彼氏いない歴が長く、しばらく恋愛から遠ざかっていたため、私のムダ毛は無法地帯! 慌ててホテルの浴室に置いてあった安いカミソリで処理したら、肌がボロボロになり流血騒ぎ……。せっかくのチャンスを棒に振ってしまった。
(37歳・OL)

●その4:急に手を払いのけられた!?
合コンを抜け駆けして、好青年な男性と2人きりの二次会。
ほんのり酔っ払った彼が私の手を握ってきました。私も「これはイケる」と確信しましたね。
だんだん色っぽい雰囲気になり、彼の手がするするっと私のふとももに……。すると彼はビックリしたように手を引いてしまいました。
なんとストッキングからムダ毛がチクチク飛び出していたようです。
慌てて「このストッキングの素材、ちょっとチクチクしてるみたいで」と言いつくろったけど、彼はその後、私に触れることはありませんでした。
(30歳・OL)

●その5:ムダ毛処理の後遺症が…
付き合いたて彼とのデート前日、「明日は何かあっても大丈夫!」なように念入りに身体中のムダ毛処理をしまくりました。
そして向かえたデート当日、首に激痛が! 無理な体勢で長時間ムダ毛処理をしたため首の筋を痛めてしまったのです。
痛みでデートどころではなく、もちろんエロい展開になるわけもなく早々に帰宅。「介の字張り」に湿布を張り早寝しました。ムダ毛の後遺症、恐るべし……。
(35歳・ライター(筆者))

なんと、切なく情けない話でしょう……。
このように、ムダ毛の処理を怠ったばかりに大きなチャンスを逃しかねないのです。

冬はクリスマス・年越しカウントダウン、来年になれば早々にバレンタインと、恋愛イベントが盛りだくさんの勝負の季節。あなたのムダ毛処理は大丈夫ですか?

アリとキリギリスの「アリさん」のように、みんなが手を抜いているこの冬のあいだに、地道な努力をすれば、きっと花開く未来が待っています!

 

関連コラム

 

「妻と別れてでも付き合いたい」と思う女性に男性が見せる素顔
1年以内に結婚したい女性必見!今年、結婚を決めた女のスゴ技
【彼氏いない歴5年】アラサー女子が突然結婚できた理由とは?
プエラリアでダイエットとバストアップを同時に達成する方法
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Vesna Pukich Tiricovska

関連キーワード
ビューティー】の最新記事
  • ヘアスタイルが決まらない! 髪質別・解決法
  • 実は危険なおしゃれツールだった!?ブーティの落とし穴5選
  • 謎が多いアソコの脱毛!「ハイジニーナ脱毛」の体験レポ
  • あなたの体たるんでない?クリスマスデート前に美肩甲骨を作ろう
  • クリスマスまでに間に合う凹凸「バストアップ」ボディの作り方
  • 思わず赤面!冬にボディケアを怠った女の恥ずかしい失敗談5選
  • 男性本能が求める「ずっと触っていたくなるカラダ」の秘密とは?
  • 男性もびっくり?!アンダーヘア自己流処理が招いた失敗談5選
あなたへのおすすめ