恋愛と結婚は似て非なるものです。
それぞれ別のロジックで動いているものであり、恋人向きの相手と結婚向きの相手は全く違います。
 
あなたがもし、今付き合っている彼との結婚を考えているなら、「結婚相手」として相応しいのか事前にチェックしておいて損は在りません。
 

結婚前に見極めたい4つの相性

 
結婚相手を選ぶときには、次の5つの相性を見ると良いとされています。
 
・食の相性
・金の相性
・距離の相性
・時間の相性
 
食の相性
 
食の相性はシンプルに食べるものの好き嫌いもありますが、それ以上に重要なのが「食べ方」に不快感を感じないかどうかが重要です。
食べ方は生理的な欲求なので、食べ方の相性が悪いと、体の相性も悪くなりやすいです。
 
箸の持ち方が汚い・食べながら話す、といった食事中のマナーが悪い人は、「夜のお食事」のマナーも悪くなりがちです。
しかし、恋人同士の時はそこに目を瞑りがちです。そのまま結婚すると、そのさきはセックスレスがまっています。お気をつけて。


金の相性
 
人格は、「金の稼ぎ方」ではなく「金の使い道」に出ます。
どんなにカッコいい仕事についていて、どんなに稼いでいたとしても、お金遣いの荒い人の未来は暗いです。
 
レジ袋の3円、銀行の振込手数料の216円などの細かいお金を丁寧に節約できる一方で、慈善団体には惜しみなく寄付できる、そんなお金の使い方をする人と結婚することを個人的にはお勧めします。
もちろんあなたが浪費家なら倹約家との相性は悪いので、あくまでもあなたのお金の使い方と感覚の合う人を選びましょう。
 
距離の相性
 
距離の相性は、共同生活をしたときに初めてわかる相性です。
離れすぎず、くっつきすぎず、お互いにとって心地のいい距離感が保てているかどうか?
 
ここにストレスが発生すると一緒に住むことが辛くなってしまいます。
夫婦になるからといって四六時中一緒にいる必要も、休日を一緒に過ごす必要もありません。
 
お互いがくっつきたいときにくっつき、離れたいときに離れる。それが自然にできるのが距離の相性がいいパートナーだと言えます。


時間の相性
 
人間は夜型と昼型が遺伝子的に決まっており、これは性格ではないため後天的に修正することができない、というのが今の科学の見解です。
夜型と昼型では生活のリズムが違いますので、片方は早く寝るけど、もう片方は夜更かしが平気、といった二人が一緒に暮らすと地味にきついです。
 
この時間の相性は、ものすごく感覚的な要素が強いため一般的なノウハウ本には登場しない相性ですので、覚えておくと良いです。
 

相性の悪い相手とは結婚しないほうがいい?

 
さてここまで読んで、自分と彼が「相性が悪い」と感じる要素がいくつか当てはまった人は、「彼とは別れるべき?」と心配になったのではないでしょうか。
 
実は、隠された相性に「会話の相性」があります。
あなたは彼と真面目なトークテーマで、真剣に会話ができるでしょうか?
 
過去に真剣な話をしようと思って、話題を避けられたり頭ごなしに丸め込まれたりした経験はなかったでしょうか?
上に紹介した4つの相性は「会話の相性」によって、ある程度お互いが歩み寄りストレスを減らすことが可能な相性です。
しかし「会話の相性」が最悪だと、どうしようもありません。その時は、潔く別れを決意しましょう。誠に残念ながらそのさきに二人の幸せはありません。
 
(川口美樹 /ライター)
 
■結婚相手に求める「価値観が同じ」ってなんのこと?
■幸せな結婚ができる結婚相手の見分け方とは?
■結婚が先か、同棲が先か、それが問題だ
 

関連キーワード
相性】の最新記事
  • 二人にとって良いSEXの見つけ方
  • 【理想の恋人≠理想の家族】結婚前に確かめておくべき5つの相性
  • 初デートで相性がいい男性を見極めるための5つのチェックポイント
  • 確かめておきたい!好きな人との「匂いの相性」
  • 年上の男性に憧れてるけど、私は向いている?年上彼氏向きな女性の特徴をご紹介
  • 諦めるのはまだ早い! からだの相性が合わない彼氏に試したい3つ!
  • 彼との「スキンシップの相性」を見極めよう
  • 沖縄県民の県民性からわかる恋愛傾向と相性