ちょっとした軽い気持ちで不倫に足を踏み入れると、とんでもない代償を伴うことにもなりかねません。
 
それでは結局のところ、「後悔しても遅い」という状況になってしまうだけでしょう。
 
そこで今回は、恐ろしすぎる「不倫の代償」エピソードについて紹介します。
 

「職場」にバラされた

 

「部下の女の子と不倫をしたのが妻にバレて、職場の上司や同僚に暴露をされて大変なことになりました。結局、離婚をしましたし、その職場を辞めることにもなっちゃいましたね。」(30代・男性・営業)
 
同じ職場の人と不倫関係になってしまうと、それがバレたときには職場にいられなくなる場合も――。
 
少なくとも仕事に大きな支障をきたすことにはなるでしょうから、同僚に迷惑をかける可能性だって出てきます。
 
仕事をしているうちに意気投合するなんてこともあるかもしれませんが、そのまま流されるように一線を越えるのは危険度が高いですよ。

「慰謝料」を請求された

 

「不倫相手の奥さんから慰謝料を請求されそうになったときには、本当に震えました。不倫相手に言ってなんとかしてもらいましたけど、もう二度と不倫はしないって心に誓いましたね」(20代・女性・飲食)
 
不倫をしていたことが相手の奥さんに知られてしまったら、慰謝料を請求されてしまうことだってあり得ます。
 
本人たちは軽い火遊び程度のつもりであっても、被害者の奥さんからすると、そんな風には到底思えないはず。
 
そこまできちんと理解をしておかないと、いずれ大きな後悔をする羽目にもなりかねないですよ。
 

「弁護士に依頼する」と言われた

 

「『弁護士に依頼するんで』って、電話で不倫相手の奥さんから言われたときは、すべてが終わったと思いました。泣きながらとにかく謝罪をしまくりましたね。」(30代・女性・自営業)
 
不倫をして相手の奥さんと揉めて、裁判沙汰になってしまったというケースは実際に存在します。
 
弁護士から連絡がくるようなことがあったら、さすがに背筋が凍りつく思いをすることになるはず。
 
本当の怒りに触れてしまったら、謝ったところで許してもらえなくなるかもしれないので、気をつけてくださいね。

「家族」にまで知らされた

 

「僕の不倫を知ったときに妻が激怒して、僕の家族と不倫相手の女性の家族にまですべてを知らされてしまいました。それで、何もかもを失うことになってしまいました」(30代・男性・広告代理店)
 
不倫が発覚した際に、周囲の人たちにすべてを暴露されるというのは、やられがちな復讐行為。
 
なかでも、家族に知らされてしまうのは、かなりきつい仕打ちであると言えます。
 
でも、それは自分の撒いた種であるのは間違いないので、まさに「後悔しても遅い」という状況になるだけでしょう。
 

さいごに

 

不倫をするということは、それなりに痛い目に遭うことになる可能性も高いでしょう。
 
その覚悟がないままに、安易に流されてしまうと、周りの大切な人たちに迷惑をかける羽目にもなりかねないですよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■そんな気はなかったのに…「不倫」に陥った原因エピソード
■不倫関係に足を踏み入れそうになったけれど、思いとどまったきっかけとは?
■不倫のパターンって!? 身勝手な不倫関係エピソード3つ

不倫】の最新記事
  • 気をつけて! 既婚男性が20代独身女性を狙う時に考えていること
  • バレなきゃ平気だと思ってる――不倫する人の考え方
  • 実はみんな知ってる…「社内不倫」がバレる思わぬ原因
  • 不倫エピソードの中で一番多いのは職場不倫?
  • 結婚したら恋愛しちゃダメなんて誰が決めたんですか?
  • 最低最悪の夫婦!?マッチングアプリでまさかのダブル不倫【Vol.2】
  • 最低最悪の夫婦!?マッチングアプリでまさかのダブル不倫【Vol.1】
  • 夢から覚め、失ったものの大きさに愕然とする熱愛不倫の恐ろしさ