ちょっとした出来心で始めた不倫でも、相手が本気になってしまう場合があります。
今回は、不倫相手が本気になってしまった場合の危険性とリスク回避の方法についてご紹介していきます。
 

不倫相手が本気になってしまったら?1 既婚者同士の場合

 
既婚者同士の不倫、俗に言うダブル不倫の場合、どちらも関係がバレないようにと神経を使うことが多いでしょう。
 
「お互い家庭がある身だから、不倫は不倫、家庭は家庭でうまくやっていきたい」「相手も既婚者だから離婚を迫られることはないだろう」と思っていても、人の気持ちは予測できません。
 
場合によっては、不倫相手の既婚者男性が本気になってしまい、離婚してしまう場合もあります。
「自分は別れるつもりはない」と言っても、相手の男性が逆上して不倫関係をバラしてしまう可能性や、バラされたことをきっかけに夫から離婚されてしまうリスクがあるのです。
 
そういったリスクを避けるために、不倫関係が始まる前に、「お互い家庭は守っていきたい意思がある・離婚するつもりはない」ことを確認しておきましょう。
 
確認しておいたからといって、途中から気持ちが変わらない保証はありませんが、言わないよりはマシでしょう。
 
また、「本当に好きになってしまった。夫と別れたい」などとリップサービスで思ってもいないことを口にすることは避けましょう。

不倫相手が本気になってしまったら?2 自分が独身で相手が既婚者の場合

 
自分が独身で、軽い気持ちで既婚者と付き合っていたのに、相手が本気になってしまった、というケースもあるでしょう。
 
「本気になってしまった。妻とは別れる」と彼が言い出したら、潮時です。
「家庭を壊すつもりはなかったから」と言って縁を切りましょう。
 
ずるずる関係を続けて、彼が本当に離婚でもしてしまったら、結婚を迫られる危険性もあります。
 
また、不倫が原因で離婚に至ったということが彼の元妻にバレた場合、不倫の慰謝料を請求されてしまう危険性もあるのです。
 
不倫の慰謝料の相場は50万〜300万円程度だと言われており、少ない金額ではありません。取り返しがつかないことになる前に、関係を清算しましょう。
 

不倫相手が本気になってしまったら?3 自分が既婚者で相手が独身の場合

 
自分が既婚者で相手が独身男性の場合、「独占できないストレス」から、彼の気持ちが盛り上がってしまう可能性があります。
 
「離婚してほしい」「こんな辛い関係もう嫌だ。
不倫の事実を夫にバラす」などと言われてしまう危険性があります。
 
独身男性と不倫をする場合、そういったリスクは常に付きまといます。
相手に本気になってほしくないと思うなら、彼女持ちの男性を選ぶなどリスクが低い人選をするべきでしょう。

さいごに

 
今回は、不倫相手が本気になってしまった場合のリスクについて紹介してきました。
 
不倫というのはどういう形であれ、何かしらのリスクがあるものです。
関係に踏み出す前に、「その関係から得られる快楽はリスクを負ってまで欲しいものなのか」を一度頭で考えてみるべきでしょう。
 
(今来 今/ライター)
 
■もうこの恋は終わりにしよう。女性が不倫をやめたわけ 3選
■不倫を思いっきり楽しめる人と、不倫で人生を棒に振る人の違い
■既婚と独身で違う?女性が不倫をする理由とは?
 

関連キーワード
不倫】の最新記事
  • みんなはこうして不倫を終わらせる。終わった不倫関係のエピソード3つ
  • 不倫はダメ絶対?あなたは不倫肯定派?否定派?
  • 既婚男性が語る「理想的な不倫相手の条件」に対するリアルな本音
  • 不倫もイロイロ?みんなの不倫エピソード3つ
  • 効果的過ぎて恐ろしい?不倫相手フィルター
  • コレなら好きになっても仕方ない?既婚者男性の魅力を語らせたら止まらない件
  • 「不倫=不幸」じゃない。不倫で幸せになれた女性の体験談
  • ハッピーorバッドエンド?みんなの不倫の結末とは