“不倫はいけないこと”とは誰しも知っています。
それでも、どうしても気持ちをとめることができないのは、恋愛感情を持つ人間である以上は仕方ないのかもしれません。
 
不倫がしたくて今の関係になったわけではなく、寂しいから、相手から想われるのが嬉しいから、相手のことが好きだから……理由はきっと、どこか満たされない気持ちを埋めてくれる人がいるからでしょう。
 
だからといって、心のままに行動し、不倫が周囲にバレて家族や自分自身を傷つけるような悲惨な結末は迎えるべきではありません。訴えられでもしたら、社会的な信用は言うまでもありませんが、経済的にも苦境に立たされる可能性が高いのです。
 
そこで今回は、「不倫がバレない方法!二人が長く一緒にいるために必要な6つのルール」をご紹介したいと思います。
 

二人で共通意識をもつ

 

不倫がバレないためには、まず二人で共通の意識をもたなければいけません。つまり、「不倫は徹底的に二人だけの秘密にする」という共通の意識もつことが大切です。
 
少し寂しさを感じるかもしれませんが、たとえ二人の間柄を「恋人」と捉えていたとしても、周囲からすれば「不倫関係」なのです。二人の関係を成り立たせるためにはある程度割り切ることが必要です。
 
共通意識をもち、徹底的に隠し通そうとする二人の強い決意がなければ、二人の関係を続けることはできません。
 
自分だけが割り切った気持ちでいても、相手はどういうつもりかわかりません。お互いに家庭があるのであればそこまで心配しなくてもよいでしょう。
 
けれど、自分か相手どちらか一方しか家庭を持たない場合は、お互いに共通意識を確認しておくべきでしょう。

メール・LINEは即削除

 

毎日会えない二人にとってメールやLINEは二人を繋ぐ大切な連絡手段になりますが、彼との履歴は即削除しましょう。
 
“彼と会えない”なんて恋愛関係では当たり前のこと。それは不倫でも一緒です。むしろ簡単に会えないのが不倫関係なのです。会えない時に彼とのやりとりを眺めて寂しさを紛らわしている方もいるかもしれませんが、履歴を見れば見るほど寂しさはつのるばかりで、逆効果です。
 
あなたに家庭がある場合、普段からスマホを眺める習慣があるのかないのか思い返してみましょう。もし、普段あまりスマホを触らないのであれば要注意です。自宅や家族の前でスマホを見る回数が増えていれば、バレないまでもそれがきっかけで家族に勘づかれるリスクは高まります。
 
バレないためにも、彼との関係を割り切るためにも、メールやLINEは即削除してくださいね。
 

外では彼に触れない

 

彼と会った瞬間、あまりの嬉しさに抱きついたり、腕を組んだり、彼と歩いているときに手を繋ぐなど、外で彼に触れ行為は一切やめましょう。
 
外では誰に見られているかわかりません。もしも家族に見つかれば最悪です。そうでなくてもご近所さんや会社の同僚、友達に見られたら噂が広がるのは防ぐことができません。
 
噂ぐらいでと思うかもしれませんが、自分の噂話を知らないのは自分だけ、ということは往々にしてよくあります。「絶対に安全な場所は外にはない」と思って行動してください。彼に触れたい気持ちは二人きりになるときまでグッと抑えて!
 

食事とホテルの場所は変える

 

おそらく不倫しているカップルのデートは、平日の夜、仕事終わりに食事をしてホテルへ行くというコースが一番多いはず。
 
そこで必要な工夫は、食事をする場所とホテルの場所を変えるということ。食事が終わったあともダラダラと彼と一緒にいては、誰かに見られるリスクが高くなります。
 
なので、食事が終わったら一度別れて、時間差でホテルへ再度現地集合するのがベスト。場所もできれば電車を使っての移動が安心です。
 
移動に時間をとられてしまい彼と一緒にいられる時間は減るかもしれませんが、バレるリスクはかなり低くはず。バレずに長く一緒にいたいのなら、不自由も楽しめるようになることが大切です。

休日は会わない

 

最初は平日の夜に会うだけで満足だとしても、時間が経つに連れ必ず物足りなくなるときがきます。
 
でも、それってすごく危険なことなんです。平日に二人きりでいるところを誰かに見られたとしてもどうにか言い訳や多少の無理があっても対応することはできますが、さすがに休日は厳しいでしょう。
 
休みの日に誰かといる、ということは“会う予定をしていた”と思われるのは自然なこと。これは、不倫でなくとも同じでしょう。
 
ですから、偶然会ったなんて言い訳は通用しないのです。仮に偶然を装ったとしても、そう何度もあることではないでしょう。
 
また、あなたが独り身で彼に家庭がある場合、休日に外出することは家族のいる彼のためになりません。彼が二人の関係がバレないために、休日は家族サービスをしたいと思っているのならば、「休日も会いたい」というあなたは重荷になる可能性もあります。関係を長続きさせるためにも、休日は会わないようにしてください。
 

イベントは時期をずらす

 

誕生日やクリスマスなど、恋人たちにとって重要なイベントは時期をズラして二人で楽しみましょう。ちょっと寂しいかもしれませんが、重要なイベントは時期をずらすことで不倫がバレるリスクを低くすることができます。
 
これは休日の場合と同じことが言えます。大切な日を二人で過ごしている充実感や高揚感はそれだけ油断を招きます。誰もが気にかけるイベントの時期であれば、二人が約束をしているのはまず間違いないと思われるでしょう。
 
もしも二人で食事をしているところでも見られれば、普段見られるよりも二人の不倫関係は確信めいたものになってしまいます。
 
イベントをずらす目安としては一カ月から半月くらいがベスト。時期をあまり大きくズラしすぎると、今度はイベント当日に寂しくなる恐れがあるので、気をつけてくださいね。
 

まとめ

 

いかがでしたか? 彼と長く一緒にいたいのであれば、ルールを守り徹底的に秘密を貫き通してください。
 
どれだけ仲のいい友達であっても、何も話さないくらいの覚悟が不倫には必要。不倫は文字通り、あってはならないこと、不倫は不自由さと背中合わせなのです。強い覚悟がなければ続けられる関係ではないことを、決して忘れないでください。
 
(ライター/遠矢晶子)
 
■ダブル不倫より楽しい?年下男子のセフレがおすすめな理由
■彼氏や夫以外に本命がいる場合はどうすればいい?浮気の巧妙な隠し方
■「幸せな不倫」と「不幸な不倫」の5つの違いとは?
 

不倫】の最新記事
  • 不倫はこうやって始まった…不倫が始まったきっかけ
  • ドン引きした「不倫の言い訳」4選
  • あなたは大丈夫!? 女性が思わず不倫したいと思う心の状態
  • 不倫の沼にはまりやすい女の特徴とは?
  • 不倫が旦那にバレた……もう全て終わり? 後悔エピソード
  • やばすぎ! 不倫相手の妻との危うすぎる対面
  • 同じ不倫なのにどこが違う? 不倫相手に依存する女性・しない女性の違い
  • 純愛は幻想!? 不倫の恋が一夜にして冷める瞬間エピソード