適齢期に結婚して子供に恵まれ、まさに理想な家庭を手に入れたはずなのに、何故か不倫に走る人っていますよね。
 
バレたら即家庭は破綻するはずなのに、何故そこまでリスクを冒して不倫をするのでしょうか?
 
不倫中の既婚者にインタビューしてみました。
 

人から見たら幸せだけど……

 

「30歳前に結婚して子供にも2人恵まれて、マイホームも購入しました。我ながら絵に描いたような理想の生活で、幸せを手に入れた実感がありました。でも、実際の結婚生活って全然あたたかくない。旦那はわたしのことを見てくれません。子供は可愛がるけど、わたしにのことは無視に近くて。彼は自分のステータスのためにわたしと結婚したんです。一生懸命子育ても家事も頑張ってるのに労ってもくれない……そんなとき今の不倫相手と出会って、『わたしが必要だ』と言ってくれて。自分の人生の意味がやっと証明された気がしました」(35歳/事務)
 
人から見たら順風満帆で幸せでも、自分で感じてる幸せは違う、と感じている人は多いもの。
 
彼女の頃は優しくしてくれていたけれど、今は家事も育児もやって当たり前、夫からすれば家に帰れば妻と子供がいるのが当たり前……「彼女」も「妻」も「母」も同じ女性なのに、なぜ家族になった瞬間から「当たり前」ばかりが増えていくのか。
 
不満が募る理由もわかりますが、幸せな生活を演じて不倫に息抜きを求めるよりも、いっそのこと離婚話がでるほどの大喧嘩をするくらい、夫に気持ちをぶつけてみたら、なにか変わったかもしれませんね。

帰る場所があるからこそ冒険したい

 

「僕の家庭は、まさに平凡な家庭って感じですね。高校時代の同級生と結婚して、まあまあの収入がお互いあるので、そこそこのマンションにも住めてます。奥さんとの仲もそんなに悪くないけど、刺激は全然ないですね。帰る場所がちゃんとあるからこそ冒険したくなるというか……? 大きな不満があるわけじゃないんですけどね。物足りなさを埋めたくて、不倫してます。昔は結構モテたしまだまだ俺だってイケるはずって思ってしまうんですよね。」(37歳/イベント関係)
 
帰る場所が担保されてるからこそ、刺激を求めてしまう……勝手に帰る場所に設定されても困るのは妻の方ですね。
 
不倫がバレれば家に帰ることもかなわなくなることが頭の中から欠落してしまっているのは残念です。結婚しても幸せな家庭を手に入れたのに、「まだまだ俺はモテるはず」という自信を保ちたいようですね。
 
そんなどうでもいいプライドのために、家族全員が傷つくリスクを平然と冒せる時点で、結婚向きではないのかもしれません。
 

セックスレスに耐えかねて

 

「大好きな夫と結婚して、子供も産むことができました。旦那は妊活には積極的だけど、本当にそれだけで……。妊活以外はセックスしてくれないんです。誘っても絶対断られる。SNSで色々調べて対策しても全部無駄、話し合いがしたいと言っても「そんなにセックスしたいのかよ」って冷たく言われる始末……。もの凄く悲しくなって、出会い系アプリに手を出したんです。そうしたら、いとも簡単にわたしが求めてたセックスをしてくれる人がたくさんいて。優しく抱いてくれる男性たちの沼にハマってしまいました。」(37歳/パート主婦)
 
セックスレスって、他人が思うよりも当人はとても辛いもの。たかがセックス、ではないのです。
自分自身すべてを拒否された感覚に陥ります。
 
だからといって不倫をしてよい理由にはなりませんが……。

人から見て幸せな家庭ほど裏がある

 

「理想の夫婦」「幸せな家庭」と人から羨ましがられる家庭であっても、当人たちは不満を抱えていることが多いもの。
「幸せ」だからこそ、離婚ではなく「不倫」を選ぶのでしょうね。
 
(ライター/mashu)
 
■その高慢な鼻をへし折ってやる! 不倫夫に大勝利エピソード【前編】
■夫が不倫しています。私も不倫しています。これってもう別れたほうがいいんでしょうか?
■不倫のパターンって!? 身勝手な不倫関係エピソード3つ

不倫】の最新記事
  • リモートワークの盲点|WEB会議で社内不倫が発覚する落とし穴
  • サレ妻をナメるな!夫への痛快復讐劇【エピソード:2】
  • サレ妻をナメるな!痛快復讐劇【エピソード:1】
  • テレワーク勤務の夫が、出社日にコソコソとやっていたこととは?
  • 抜け出しきれない社内不倫に終止符を打つには?
  • どうしても抜け出せない…「不倫」がやめられない女性の原因は?
  • 旦那が浮気。その相手が私の友達だった恐怖のエピソード
  • SNSでバレる。不倫に走った「ヤバい妻」エピソード